always over the moon

万年青の実(おもとのみ) :俳句

校長の爪のマニキュア万年青の実  くをん
(こうちょうの つめのまにきゅあ おもとのみ)

f0053297_15384899.jpg


 季語: 万年青の実(おもとのみ)    【秋】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 三十四回め投句 兼題(第85回)『万年青の実』  :人

 
                       Thank you very much!

                  女郎花紫苑鶏頭万年青の実          与太郎
     
                  破垣にひとつ残った万年青の実        与太郎
     
                  熊笹や岩のくぼみに万年青の実        与太郎

                  台風もチムニーケーキの渦となる      詩楽麿

                  人恋うもチムニーケーキに勝てぬまま
                            食めば尚更 思いや何処    詩楽麿



◎ いやはや。まさかこの句を採って頂けるとは夢にも思わなかったです。
  今回は、本命句ができず、枯木の何本か、みたいな句を提出。いよいよ全没かと覚悟をしていました。
  揚句は、提出間際まで、
  「校長のカツラ疑惑や万年青の実」
  だったのです。
  しかし・・・いくらなんでもフザケすぎていないか。
  本当にカツラ疑惑がある、どこぞの校長氏からクレームがつくのではないか??
  と、最後の最後で、迷いが生じ、校長の・・・えーと、えーと、、爪の、えーとえーと、
  マニキュア でいっか! 
  しかし、提出してすぐ、大後悔しました。
  爪のマニキュアは、当たり前だのクラッカーだろう!  
  「爪に塗らないマニキュアがあったら持って来い!」と、組長の声が空耳に聞こえたのでした。
  
  しかし、結果は、もっとまともで普通の句が落ちて、この奇妙な句が入選したのでした。
  うーーーむ。。平凡は敵なのだな。
  発想の転換が必要なのか。。。


◎ 画像は、ブダペストのレストランにて。 
  天井に張り付けられたオブジェ。ボートで釣をしている校長先生(?)
  発想の転換は流行みたいで、このお爺さんも天井からボートごと吊るされていたのでした!ちゃんちゃん!
  (撮ってから、逆さまにレタッチしました。言ってる意味、わかります?) 





 
 
[PR]
by mariko789 | 2014-10-18 15:54 | Canon PowerShot SX50 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/23138839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]