always over the moon

ひぐらし :俳句


ひぐらしや拳で払ふ唇の酒
(ひぐらしや こぶしではらう くちのさけ)


f0053297_1432344.jpg


季語: 蜩(ひぐらし)、日暮、かなかな、寒蝉、  【秋】 ・動物
   蜩という名の通り夕暮に特に鳴く蝉。カナカナと一種哀調のある声が遠くまで響く。
   すでに晩夏から鳴き出し、夕暮にかぎらず、明け方に鳴くこともある。(by 角川俳句歳時記)

◎ 画像は、昨日撮った庭の紅薔薇。直径15センチはありそうな大輪です。

◎ 拳で唇の酒を払っているのは、私ではなく夫(苦笑)
[PR]
by mariko789 | 2014-09-15 14:39 | Nikon D80 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/22928782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]