always over the moon

8月20日はハンガリーの建国記念日でした。

8月20日(昨日)は、建国記念日(聖イシュトヴァーンの祝日/Szent István ünnepe)で祭日でした。

イシュトヴァーンは、英語読みですとスティーブンなんですね。
夫が、”キング スティーブン”としきりに言うので、私は推理作家のスティーブン・キングを思い出してしまいました。
彼の原作の映画『グリーンマイル』良かったですね!

10世紀末に即位したハンガリー人の君主イシュトヴァーン1世は、西暦1000年にキリスト教に改宗し、西ヨーロッパのカトリック諸王国の一員であるハンガリー王国(アールパード朝)を建国した。
ハンガリー王国はやがてトランシルヴァニア、ヴォイヴォディナ、クロアチア、ダルマチアなどを広く支配する大国に発展する。 (by wikipedia)


そのイシュトヴァーン一世がハンガリーを建国した記念日。
テレビは朝からずっと記念番組の目白押し。
大雨の中の記念式典。
功労者の表彰では、ルービック氏(ルービックキューブを創った人)も。
ルービックキューブ、苦手でした。ルービックさん、さすがに頭の良さそうな方でした。尊敬。

国民の皆様が民族衣装をつけての行進のなか、ペガサスの巨大な張子も目を引きました。
多種類の民族が平和的に共存しているハンガリー、各地のコミュニティの祝賀(スロバキア人、ルーマニア人etc)も生中継されました。
みんな仲良くが一番ですね。

雨も上がり、ブダペストの街を行進する、聖イシュトヴァーンの右手。
この右手は、素晴らしく保存され、透明なケースに入って、ふだんはブダペストの大聖堂に安置されています。
下の画像の、真正面の大聖堂です。この写真は、8月12日に撮ったものですが。

f0053297_15153976.jpg


数人の兵士に担がれ、年に一度、陽の目を見る「聖者の右手」。
そうです、イシュトヴァーン一世は、カソリックの聖者なのです。
街を行進したあとは、また大聖堂に安置されました。

夜9時からは大花火。30分にわたり、素晴らしい火の祭典が繰り広げられました。
ブダペストを象徴する「鎖橋」は通行止めになり、盛大に火の粉を浴びました。
(写真は12日撮影/鎖橋は、毎夜8時にライトアップされます。)

f0053297_15203276.jpg




実は、私は17年前に偶然、この記念日にブダペストに滞在していたのです。
行進などは見ていないのですが(たぶん昼間は温泉に入っていた)、
夜の花火だけは鎖橋近くで見ました。当時はあっというまに終ってしまいましたが。

短い旅行でしたが、このときに受けた印象、「なんて美しいブダペスト」が、
十数年を経たのちに、ハンガリーに家を買う動機になりました。
来年の8月20日は、テレビではなく、この目で、聖者の右手の行進や、大花火を見たいと思っています。
[PR]
by mariko789 | 2014-08-21 15:27 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/22776683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Meet You at 2014-08-21 16:08 x
こんにちは
スティーブン・キング、昔よく読みました。
ホラー、好きだったんですけど
いつの頃からか、怖くなって来て、全然見なくなりました。
怖くないグリーンマイルやショーシャンクの空に、スタンド・バイ・ミー
それらは今も好きですね。
って本題からそれた(笑)

右手を持って行進するんですか!!!
ん?昨日は見に行ってないんですね。
来年は是非生の右手を!
死体が怖い私は右手見たくないですが(笑)
Commented by isao1977k at 2014-08-21 16:22
こんにちはー。
猛暑の日本です(涙)

建国記念日に、大きな祭典をやるんですね。
日本は「休日だー!」って喜んでいる位なのに(笑)

marikoさん、きっとブダペストになにか縁があったのでしょうね♪
Commented by 麗門 at 2014-08-21 17:04 x
ステキな街並みです。
こういう風景に憧れます。
ヨーロッパの夏は、こちらほど暑くないのに、
みなさん肌を露出して、夏を満喫しているのでしょうね。

わたしもスティーヴン・キングを思い出しましたよ。
好きな作家で、ほとんど読んでいるのです。

この二、三日、猛暑がぶり返して35度くらいです。暑い ! !
Commented by yamaoji at 2014-08-21 17:38 x
建国記念日でしたか!
8月12日は、タイ皇后様のお誕生日 = 母の日 でした、
体調が優れないのか、皇后様はお姿は見られませんでした、
鎖橋のライトアップ、綺麗ですね。
Commented by 桜姫 at 2014-08-21 20:11 x
わあッー!鎖橋のライトアップ!豪華で綺麗ですね♪
来年の8月20日のUPが楽しみです♪
大聖堂のお写真のカップル!素敵な女性ですね♪
Commented by mariko789 at 2014-08-21 21:52 x
★ Meet You さま

私も何冊か読みましたよ~。英国の図書館で借りて(←えへへ かっこつけた♪

来年はぜひ行きたいです。一泊しないと無理なのですが、ぜひとも♪
死体、怖いですよね。小説の中だけでいいです、私も(*_*;


★ isao1977k ちゃん

日本はまだ猛暑なのね? こちらはすっかり秋よ~♪
日本は建国記念日に何もしない?
国民参加型のフェスティバルをしてもいいのにね!


★ 麗門さま

欧州の夏は短いですから、皆さん、夏は肌を露わにしていますよー♪
麗門さんも、キングの読者でしたか?♪ 気が合いますね!
猛暑のぶりかえし、、バテないようご注意くださいませ。


★ yamaojiさま

皇后様のご挨拶がない「母の日」は淋しいですね。
体調のご回復をお祈りします。
鎖橋、また別の機会にライトアップを見て下さいね♪


★ 桜姫さま

鎖橋、ブダペストの人気スポットです♪
来年の8月20日、絶対に行くぞー!(笑)
カップル、男性がちょっと・・・ですかね~(*_*;
Commented by tomoji at 2014-08-21 22:10 x
迂闊にもこんな立派な大聖堂があるなんて知らなかったものですから行ってませんが、内部はさぞかし豪華絢爛なことでしょうね。

シナゴーグを見学しようと行ってみましたが、残念な事に閉まっていました。滞在日数が短かったので行ける場所は限られてきますよね。
Commented by mariko789 at 2014-08-22 12:18
★ tomojiさま

実は私も聖堂の中に、まだ入ったことがないのです。
次回は、夫を説得して(彼はビール以外、何も興味がない)、ぜひ中に入ろうと思います。
撮影は禁止かもしれないですが。ちなみに英国の聖堂は軒並み、撮影禁止なんですよねぇ。
シナゴーグ。ユダヤの会堂ですね。ブダペストにありましたか。
いずれ調べて、行ってみますね。いつの日か。。
Commented by anohiwa at 2014-08-22 21:01
17年前の印象深いハンガリー、、、、そして 今、お家を持っている!
すごく素敵なお話ですね。
marikoさんが、どのようなところで生まれ育ったか分かりませんが、年齢を重ねてから、ヨーロッパにいるなんていう事は、想像が出来なかったのではないですか?

いつもmarikoさんのお話を読むたびに思うのは、世界を飛び回っていて素敵だなぁ~~~~ って ^^)
私も夢みた暮らしですが、歳を重ねていくうちに、色んな病気を背負い込み、結局は、日本に落ち着いています。
夫が、海外に飛ぶような人なら違っていたのかもぉ~

marikoさんの記事は、いつもワクワクします!!
Commented by tomoji at 2014-08-22 22:09 x
>英国の聖堂は軒並み、撮影禁止なんですよねぇ

英国で唯一訪れた教会はカンタベリー大聖堂でしたが、その時はカメラが故障中で大聖堂も美しい町もその他の場所も写真に残って無いのが残念です。

シナゴーグ内にユダヤ博物館があってそれを見に行ったのです。場所はドハーニ街にあります。
ベルリンでもシナゴーグがあってそこはセキュリティーチェックが厳しかったですが、中に入れて展示物を見ることが出来ました。
Commented by mariko789 at 2014-08-23 14:25
★  anohiwa さま

そうですよー。東京生まれ、東京育ちの私、まさか結婚して世界を渡り歩くとは思いもよりませんでしたw
でもね、、けっこう大変ですよ。内情はね。
日本で暮らせるのは、とっても幸せと思います♪ヾ(^▽^)ノ


★ tomojiさま

カンタベリー大聖堂。。行ってるかなー?
ロンドンに住んでいたころ、日本から親戚や友人がくると、軒並み名所を案内していたので、行ってるかもしれませんが、記憶に残ってませんわー(*_*;
写真も撮ってないんですよ、当時は。

>シナゴーグ内にユダヤ博物館があってそれを見に行ったのです。場所はドハーニ街にあります。

メモしました。チャンスがあれば行ってみますね♪ 
いつも情報を有難うございます!
Commented by 詩楽麿 at 2014-08-23 20:00 x
中原久遠 様
ブタペストにも可なりな観光スポットがあるのですね!写真の鎖橋は、見事な姿を示していますね!
きっと多くのドラマを育んで来たに相違ありませんね!小説の凱旋門を彷彿させますね!

ブタペスト 晩夏を飾る 鎖橋 詩楽麿

幾多もの 出逢いを繋げ 育みて
愛の賛歌を 鎖橋知る 詩楽麿
Commented by yuta at 2014-08-24 00:28 x
こんばんは
建国記念祝典が盛大に行われたのですね
愛国精神があるというのは大切なことだと思います
最近の日本人は欠けているように感じます
あたしはハンガリーについて知識がなくて、
知っているのはルービックキューブくらいです
Commented by mariko789 at 2014-08-24 12:59
★ 詩楽麿さま

鎖橋はブダペストの象徴の一つかも、です。
パリの凱旋門と似ていますか?
そういわれてみれば・・・ですね!(⌒^⌒)b 
鎖橋の一句、一首を有難うございます。
次回の俳句の投稿に添えさせて頂きますねー♪


★ yutaさま

私もハンガリーの愛国精神には、打たれました。
夫は、英国人も愛国精神が欠けていると言ってましたよー
私は、ルービック・キューブがハンガリー発祥とは知りませんでした!(>_< )
Commented by 麗門 at 2014-08-24 16:40 x
たしかに猿の腰掛、見たことはあってもわざわざ撮りません。
もう少しきれいなキノコだったら撮りますが…
ボツ句参考になります。
やはり、採られた句がいばんいいようです。

「川開」いい記念になりましたね。うらやましい。
もしわたしが「天」を取ったら、お願いしてください。とはいうものの、絶対なさそうですが。

Commented by mariko789 at 2014-08-25 13:20
★ 麗門さま

そうですよねー。フォトジェニックじゃないです。撮りません(笑)
今回は4句も提出したのに、自選を間違えたようです。
自選、難しいですよねー。。。

川開、滅多にない、いい記念になりました。
麗門さんも、続けていれば、きっと天を取れますよ♪
Commented by ひっち at 2014-08-25 13:34 x
こんにちは、
中世の雰囲気が残った街並み素敵です。雨の後だからでしょうか、しっとりと落ち着いた感じがとても好きです。建国記念日だったのですね、盛大なお祝いのようですね。ハンガリーの民族衣装って美しいのですよね。刺繍も色鮮やかでとても好きです。

>猿の腰掛びらびらとはたうねうねと  
猿の腰掛って季語があるのですね。
私は見たことがあるかしら、、、、
難しい季語ですね。でもちゃんと選に入っていて流石です。
今年の夏は雨が多くて、いろいろなところに茸が生えてきそうです。
Commented by mariko789 at 2014-08-26 12:54
★ ひっちさま

ハンガリーの民族衣装、できれば着たいと思ってますw
刺繍もハンガリーでは名産ですよね~♪

「猿の腰掛」、季語とは驚きでした。
俳句6年目とはいえ、まだまだ新米です(*_*;