always over the moon

炎天(えんてん) :俳句

炎天の砂漠黒衣の亡命者  (中原久遠)
(えんてんのさばく こくいのぼうめいしゃ)

f0053297_3243714.jpg






炎天や刃で削ぎ落とす椰子の臍    
(えんてんや はでそぎおとす やしのへそ)


名画座を出で炎天の目くらまし  
(めいがざを いでえんてんの めくらまし)

f0053297_3343321.jpg
 


季語:  炎天(えんてん)    【夏】 ・天文

※ 松山俳句ポスト365 二十五回め投句 兼題 『炎天』  :人 三句



今回の兼題は、句運に恵まれました。
過去二十四回のうち、人選に二句採って頂いたことはありましたが、三句は初めて。
この幸運を喜んでしまうことにします。

先輩の句で「上り坂いつかは下る同じ坂」という大好きな句がありましたが、
これからきっとある下り坂にめげず、下ったり上ったりしながら、
長い目で見たら、ゆるやかに上っているという、、そんな俳句人生でありたいものです。
[PR]
by mariko789 | 2014-08-03 03:48 | Nikon D80 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/22666017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]