always over the moon

守宮(やもり) :俳句

指の血を洗ふ浴室守宮鳴く    中原久遠
(ゆびのちを あらうよくしつ やもりなく)

季語:  守宮(やもり)     【夏】 動物

f0053297_1592177.jpg



※ 松山俳句ポスト365 十七回め投句 兼題 『守宮』    :地

※ 夏井いつき組長 選評
「浴室」の窓に張り付いた「守宮」を詠んだ句も沢山ありましたが、「指の血を洗ふ」という状況を附することによって、「守宮」の持つ不気味な気分が助長されます。「指」から「血」が出ている状況とは何があったのだろうと、想像が動き出します。「血」の生臭さが「守宮」の声にも及んでいくかのような感触です。



俳句ポスト365に投句し始めてちょうど四ヶ月目、毎週金曜日に発表される「天地」の句を拝見し、
私には一生無理だと諦めた途端に、地選を頂きました。しかも思ってもみなかった句で。
俳句は詠み手半分、読み手半分の文芸なのだと改めて思い知らされました。
読み手の半分の部分を残してこそ、俳句なのでしょうね。
今回の句は、組長の読みの深さで拾って頂き、幸運でした。

夫が単身赴任から戻ってきて多忙になり、この回以降、毎回投句は無理になりましたが、
たとえ月に一度でも、参加を続けたいと思っています。

                     Thank you very much!

              手もみしつ柱這いずる守宮かな      詩楽麿

              花房や大地に届け枝垂藤
                    咲き乱れつつ次代を託す     詩楽麿 

              家守泣く 家賃を溜めて 払わんと    idea-kobo

              守宮ふくらむ邪悪なものを呑み込みて    久遠

              寝ころべば菖蒲の枕風わたる      (詠み人知らず)


◎ 俳句をなさらない方には意味不明の投稿ですので、どうぞスルーなさって下さいね♪

◎ 今日は下にも一句、投稿しています。お時間のある方は、ちらっと覗いて下さいませ。





守宮の画像をば。失敗写真で恥ずかしいのですが。。

f0053297_12383852.jpg



f0053297_1239856.jpg

[PR]
by mariko789 | 2014-05-18 12:33 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/22070912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2014-05-18 13:02
こんにちは♪
旦那さん帰ってきたんですね~(^-^)
忙しくなりますか?
忙しくても趣味は続けてくださいね!
Commented by 詩楽麿 at 2014-05-18 14:54 x
中原 久遠 様
守宮の俳句もさることながら、「山藤の
揺れ残りたる 風の跡」の作品は、動き有り、広がり、見えない風が見える様!そして情緒ありと素晴らしい! 益々本領発揮ですね!

手もみしつ 柱這いずる 守宮かな 詩楽麿

花房や 大地に届け 枝垂藤
咲き乱れつつ 次代を託す 詩楽麿
Commented by to_shi_bo at 2014-05-18 15:58
こんにちは!
夏井いつきさんの”読み”に賛同します。
守宮の出現によって「指の血」が俄然騒ぎ出します。
Commented by yamaoji at 2014-05-18 18:17 x
なんか、サスペンスチックで好いですね!
黒蜥蜴???なんていうミュージカルをどなたかがやっていたような・・・
バラだけ、色入りで意味深・・・こういうの好きです。
Commented by 麗門 at 2014-05-18 20:05 x
個人的には、「山藤」の句のほうが好きですが、
これではおそらく「並」か「人」でしょう。
写真は、断然山藤のほうがきれいです。

「矢守」くらい飛躍しないと「地」には行けません。
わたくしもっと精進します。ハイ。
Commented at 2014-05-18 23:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ラーダ at 2014-05-19 00:25 x
ヤモリ・・・タイで何度か遭遇しましたよ~
な~んか、コーラ味のグミみたいだけど、なかなか可愛いですねぇ

しかし、同じ部屋にはいたくないけど・・・

タイではトッケー(ヤモリ)の鳴き声の回数でその日の運勢を占う・・・とか聞いたことがあります。

指の先からにじみ出てくる血を洗っている時、ヤモリは何度鳴いたんでしょうかね・・・
Commented by mariko789 at 2014-05-19 04:01
★ isao1977k ちゃん

帰ってきましたー!w
なかなかパソコンの前に座れませんが、細々趣味も続けてゆきたいです♪


★ 詩楽麿さま

山藤の句にもお目を留めて頂き、励みになります。
(褒め殺しって気も・・・ww)
守宮の一句、枝垂藤の一首,嬉しく拝領致しました♪


★ to_shi_bo さま

お久しぶりです♪
画像の額は、師匠のパクリです、気が付かれたと思いますが♪w 
俳句は難しいですねぇ。まだ六年生の私、勉強することだらけです。


★ yamaojiさま

句に合わせてサスペンスタッチの画像にしたつもりですが、
好きとおっしゃっていただき、うれしいです♪
Commented by 鎌ちゃん at 2014-05-19 06:33 x
おはようございます。
「指の血を洗ふ浴室守宮鳴く    中原久遠」
「地」選、おめでとうございます。
ついにやりましたね。
その日は近いと思っていましたが、さすがです。
この句の発想は、私など凡人にはとても思いつくものではありません。ついて行けないというか・・・・。
そんなところで、俳句ポスト離脱したわけです。
私は、まだまだ修行を積まねばなりませんね。
Commented by mariko789 at 2014-05-19 06:44
★ 麗門さま

山藤の句、私も「並」か「没」と思います。
読む人の想像力を刺激する句。
あまり飛躍すると意味不明になるし、匙加減が難しいですよねぇ。
麗門さんのご活躍、期待しています♪


★ 鍵(05-18 23:07)さま

ご報告、有難うございます!

そちらへ、お願いを書き込んできました♪


★ ラーダさま

あっちにもこっちにも沢山のコメントを有難うございます。
旅行間際で、備忘録として大量投稿しているところです(*_*;

トッケー、あの声は一生忘れないですね!w
守宮は雨や水を感知して鳴くのですって。血でも鳴くかも(ぞーっ)
Commented by idea-kobo at 2014-05-19 08:18
家守泣く 家賃を溜めて 払わんと

もう3ヶ月も溜まっとうとよ…。
Commented by 桜姫 at 2014-05-19 09:50 x
 < 山藤の揺れ残りたる風の跡

お句、美しい光景ですね♪ 風が過ぎた後の、風情ある余韻♪
ピンクの藤とっても綺麗♪

 < 指の血を洗ふ浴室守宮鳴く

サスペンス劇場♪と言うよりは、人妻の不倫・・・の匂いがする♪
心的風景を描いたお洒落な恋愛小説♪・・・かな♪(笑
お写真の枯れた真紅の薔薇の蕾が、意味深ですね♪
守宮は、一度見たことが有ります!真っ白でした!

Commented by mariko789 at 2014-05-19 15:10
★ 鎌ちゃん

有難うございます。実力ではなく、まぐれの地選でした(*_*;
鎌ちゃんも、続けていらっしゃればキット金曜に選ばれたと思います。
私も今は、時々参加になっています。鎌ちゃんも時々・・・いかがですか?


★  idea-kobo さま

>家守泣く 家賃を溜めて 払わんと

大家と店子は親子同然。3ヶ月滞納くらい大目に見てもらいましょう!


★ 桜姫さま

藤の句は、我家の藤への挨拶句です♪

>人妻の不倫・・・の匂いがする♪

すごく嬉しいコメントです。
無理を承知で、妖艶路線でいきたい!ww
いつも丁寧なコメントを頂き,感謝しております。
私の師匠のお一人である姫さまのご参加(時々でも・・)、お待ちしていますよ~♪
Commented by 麗門 at 2014-05-19 16:42 x
よく撮りましたねぇ~
やはり守宮は気持ち悪いです。
は虫類系は苦手です。
句には、守宮の不気味さを出さなくてはいけなかったですね。
Commented at 2014-05-19 17:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2014-05-20 02:08
★ 麗門さま

守宮はやっぱりトカゲ的で、あまり触りたくはないですよねー
触ろうとすると逃げますけれどw
句は、難しいです。私も守宮のように脱皮したいもの。。
(脱皮で詠んだ句は、没りましたが)


★ 鍵(05-19 17:21)さま

こんどはOKでした!♪
お知らせ頂き、ありがとうございます!ヽ(=´▽`=)ノ 
Commented by ひっち at 2014-05-20 10:15 x
こんにちは
 >指の血を洗ふ浴室守宮鳴く    
「地」選、おめでとうございます。
守宮の、爬虫類のある感覚を感じるドラマチックな句、
ワクワクとしてくるmarikoさんながらの句、「地」選、流石です。
想像を掻き立てられる句、とても勉強になりました。

 >山藤の揺れ残りたる風の跡
美しい情景を感じてとても素敵です。
薄紫の甘い風を感じます。
この風情ある句もこちらもmarikoさんの世界ですね。
Commented by mariko789 at 2014-05-20 14:12
★ ひっちさま

有難うございます。マグレですが (*_*;
俳句はやればやるほど真っ暗闇になってきますよねー
ひっちさん始め、お仲間の皆さまのお句で勉強させて頂いてます♪
Commented by 鎌ちゃん at 2014-05-20 15:56 x
いえいえ、私は、金曜日の句で好きなのはほとんどありませんので、とても無理ですよ。
>俳句は詠み手半分、読み手半分の文芸・・・・
確かにそうなんですよね。
でもその読み手がもっと多様でないといけないと思うんです。
選者が複数いたら、違う句もたくさん選ばれているんでしょうね。
私は「山藤の揺れ残りたる風の跡」が絶対好きです。
Commented by mariko789 at 2014-05-21 13:09
★ 鎌ちゃん

私は金曜の句のみならず、「人・並」の句でも、刺激されっぱなしです。
組長の選評もとても参考になると思います。
鎌ちゃんは日本で、やろうと思えば色々なサイトに応募できて羨ましいです。
それぞれの選者の、それぞれの見方を勉強し、
スポンジのように良いところを吸収できたらなぁ~と思いますよ~

Commented by 詠み人知らず at 2014-06-16 17:41 x
 寝ころべば菖蒲の枕風わたる   (詠み人知らず)

お元気に句作に精だして居られるようで何よりです。
城主殿もお元気でご帰還の様子、めでたし目出たし!
Commented by mariko789 at 2014-06-17 01:54
★ 詠み人知らずさま

>寝ころべば菖蒲の枕風わたる   (詠み人知らず)

久しぶりの一句を有難うございます!♪
句作より家事と庭仕事、写真の整理に追われていますよー
どうなさっていらっしゃるかと、毎日、思わない日はなかったです。
お声が聞けて嬉しいですし、なによりホッとしました。
もうブログはなさらないのでしょうか・・・
淋しいなぁ。。。