always over the moon

ライラック(リラ) :俳句

つぼみ濃くひらけば淡きライラック   中原久遠  



ライラックしづしづ揺るる巫女の鈴  中原久遠

季語:  ライラック、リラ、      【春】 植物




f0053297_073620.jpg


※ まつやま俳句ポスト 十五回め投句 兼題 『ライラック』   :人 二句

◎ 画像は、ライラックを探検中の、ハナムグリです。緑色でピカピカ。
  芍薬とかライラックとか、綺麗な花に潜るのが大好きな昆虫です。

                        Thank you very much!

                身をやつし多弁彩るライラック       詩楽麿

                まだ見えぬ明日と言う名の明るい日
                         朝露宿り花弁も待ちつ   詩楽麿

                外つ国の古代紫ライラック         久遠

                青森の狂るる海峡修司の忌       流星マリコ






幸運てふ五弁のリラのほろ苦き (落選)

f0053297_0233634.jpg


◎ 九弁の小花の下、私の名前が入っている小花が五弁です。
   五弁と九弁がいっぺんに撮れている、とっても珍しい画像。本邦初公開!?♪

◎ さて。幸運のシンボルという五弁のリラの花、お味はほろ苦かった。
   苦汁を呑まなければ、幸運は得られない。理に適っていました。

◎ コメント欄は閉じています。お話のある方は、下の記事のコメント欄にお願い致します。
  明日、五ヶ月ぶりに夫が赴任先から帰国します。
  数ヶ月休暇になりますので、俳句やブログ活動もあまり出来なくなります。たぶん。
  庭の花の写真だけは、備忘録としてアップすると思います。
  
[PR]
by mariko789 | 2014-05-03 00:32 | Canon PowerShot SX50 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/21948944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。