always over the moon

花いちご :俳句

花いちご数ふちゅうちゅうたこかいな  流星
   (はないちご かぞう ちゅうちゅうたこかいな)

季語: 苺の花、 花苺(はないちご)、 草苺の花、蛇苺の花  【春】 植物
数ふ(かぞう)=古語、 数えるという意味のほかに、拍子をとって歌うという意味もあり。

f0053297_428132.jpg



                      Thank you very much!

               めぐる春追憶招く朧月       詩楽麿

               朝露の宿る葉陰に舞い降りて
                     羽根を休むる蝶の一時     詩楽麿 

               たこかいな? 足が10本 イカですよ   idea-kobo

               骨ひとつ折れてひしやげる春日傘      久遠

◎ ちゅうちゅうたこかいな というのは 江戸時代にはもうあったそうですが、二進法で数える、数え歌です。
   ちゅう ちゅう たこ かい な で10個数えます。
   この、のんきな数え歌は、いかにも春にぴったりと思いますが、数えるのは苺の花でなくても
   小さくて沢山数があるものなら、なんでも似合うかもしれません。
  
◎ 画像は、我庭の苺の花です(絵画加工)。沢山咲いているので、今年も苺は豊作になりそう。
   
◎ すみません、庭仕事で疲れ気味のためコメント欄はお休みです。次回の投稿で開けますね。
[PR]
by mariko789 | 2014-04-17 04:37 | Canon PowerShot SX50 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/21811965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]