always over the moon

馬の子 : 俳句

馬の子の瞳にやどる十字星  (中原久遠)
    (うまのこの ひとみにやどる じゅうじせい)

季語: 馬の子   【春】 動物

f0053297_46594.jpg


まつやま俳句ポスト 十二回め投句 兼題 『馬の子』   :人



                        Thank you very much!

                     三日月の顔に染み入る闇の色      詩楽麿

                     花蕾未来を包み葉陰にて
                           あふるる命清華蓄え      詩楽麿

                     乳吸つてまぶた重たき仔馬かな    流星マリコ

                     ライラック移り香といふ余韻かな    流星マリコ



◎ 画像は、イヌフグリ(オオイヌノフグリ?) です。この花、めちゃ小さいです。直径5mm位。
  腹ばいになって撮りました。自分ちの庭でなければ撮れなかった。

◎ 今日は、この下にも俳句を投稿しています。お時間のある方は覗いて下さると嬉しいです。
[PR]
by mariko789 | 2014-04-11 04:11 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/21754576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひっち at 2014-04-11 11:37 x
こんにちは
>焦土より上がる産声蘆の角
>馬の子の瞳にやどる十字星
今回も人選ですね。おめでとうございます。
素晴らしい句が続きますね。
句にも写真にも愛の溢れる優しいお人柄が感じられます。蠅の写真もいいですね。そーとそーと息も止めて撮影されたのでしょうね~
どの写俳にも力強い生命力も感じますよ。

ツイッターではいつも「お気に入り」やRTをありがとうございます。
Commented by isao1977k at 2014-04-11 13:55
オオイヌノフグリがすごく青が濃くて
きれいー。
こんな写真撮れて良いなぁ。
才能があるんだね!
Commented by 詩楽麿 at 2014-04-11 14:40 x
中原 久遠 様
「焦土より」の作品には、唸らせられました!時間経過と発芽の勢い、さらに発芽を「角」と表現された点は、まさに永年の俳句実績による極めとも言えましょう!
脱帽です。

三日月の 顔に染み入る 闇の色 詩楽麿

花蕾 未来を包み 葉陰にて
あふるる命 清華蓄え 詩楽麿
Commented by 麗門 at 2014-04-11 21:30 x
二枚とも意識的にアンダー気味で撮ったのでしょうか。
クールな感度がしていい写真です。
わたしはハイキー好みなので、とくにイヌフグリの写真は、
もっと明るく撮ったかもしれませんが…

「焦土」の句はすさまじい。すごい句です。脱帽です。
「馬の子」は優しさに満ちあふれていすます。ちょっとうるうるしますね。
Commented by 桜姫 at 2014-04-11 22:04 x
 < くれなゐの蕊あざやかに梨の花   

お写真では、この紅の蕊が、とっても綺麗なんですよね♪

 < 焦土より上がる産声蘆の角

凄いドラマ性と社会性が感じられるお句ですね♪

 < 馬の子の瞳にやどる十字星 

日本人は「南十字星」に弱いですよね♪
日本では、石垣島辺りでしか見られないからかしら!
marikoさまの「バイリンガール」の面目躍如と言うお句ですね♪
とし坊が、見られてると喜ぶでしょうね♪
それにしても、凄く深い青ですね♪美しい♪
ご近所に、このお花の栽培種(お花が大きい)が今盛りです♪ 

12週連続ですか♪尊敬します♪ 

Commented by yamaoji at 2014-04-11 22:59 x
当然ですが、yamaojiはじめて イヌフグリなる花を見させたいただきました!
なんか、江戸切子 みたいな花弁と思ったのはyamaojiだけでしょうか?
Commented by ラーダ at 2014-04-11 23:36 x
いや~、ほんとにmarikoさんは言葉をたくさんご存知ですね
初めて聞くような言葉もあって日本語の奥深さを改めて感じます

オオイヌノフグリは昔から馴染みがありますが、なんだか可憐だと思っていた花が艶やかでミステリアスな雰囲気ですね~

でも、大自然の中で生き抜いて開花させるエネルギーがある花はただただカワイイだけではないんですもんね

蠅もねぇ・・・
そりゃ、生きて行くためにはねぇ・・・ほほほ・・・

つい照れてしまうけど、でも、必死なのよね
どの世界でも
Commented by mariko789 at 2014-04-12 03:39
★ ひっちさま

有難うございます~。写真も俳句も、なんとか細々やっていますよ~~
優しいなんて、そんなぁ・・・ガンバリマス!w
ツイッターでは、こちらこそ有難うございます♪


★ isao1977kちゃん

オオイヌかもね? 
サイズが、イヌフグリとオオイヌの中間位で、どちらか判らないの~
庭には両方咲いているのかも(*_*;


★ 詩楽麿さま

「蘆の角」は季語で、角は私の発想ではないのです。季語って凄いですよね!
文学的な一句&一首を有難うございます♪


★ 麗門さま

さすが、お眼が高い。露出をかなりアンダーにしています。
私はローキーが好きで、ハイキーがお好きな麗門さんとは対照的ですね(^_−)−☆
句の鑑賞。身に余るお言葉、有難き幸せです♪
Commented by mariko789 at 2014-04-12 04:08
★ 桜姫さま

駄句を丁寧にご鑑賞頂き、嬉しいでーす♪
とし坊さん、、復帰が待たれますよねぇ。。
オオイヌノフグリ、名前がねぇ、可哀想ww
お花が大きいといいですよね! 姫様もぜひ一句♪
12週はマグレです!(*_*;


★ yamaojiさま

いやー、絶対に出会っているお花だと思いますよ~
あまりに小さくて肉眼では見えにくいです(*_*;
江戸切子なんて仰ることが粋!♪


★ ラーダさま

私は、言葉を知らない人ですよ~
俳句のおかげ、歳時記のおかげです╰(✿´⌣`✿)╯
ミステリアスと仰って頂き、やったー!!
陰のあるように撮るのが好きです。
蝿も見てくださり、(^人^)感謝♪ えへへ♪
Commented by keymyall at 2014-04-12 21:22 x
あれ??
見えないのは、私だけ??

たまに、他のBlogでも、私だけ見えない時があるのは、、、、、何故??

また来てみますね!!
Commented by たんと at 2014-04-13 07:57 x
人選が定着したようですね。
こちらは付いていくにフーフーです♪
Commented by mariko789 at 2014-04-13 14:06
★  keymyallさま

見えなかったですか?
真っ白になってた? 画像が開いてないのは、私も時々経験あり。
せっかく来て下さったのに、残念でした!


★ たんとさま

σ(^-^〃)もフーフーです! 
あと3週間で夫が帰ってくるので、それまでは続けたいと思ってはいますが・・・♪
Commented by yuta at 2014-04-14 05:51 x
おはようございます
鮮やかなブルーが浮き出るようなすてきな1枚ですね^^
Commented by 鎌ちゃん at 2014-04-14 06:19 x
おはようございます。
「馬の子の瞳にやどる十字星」
これは、「人」選納得、というより、こういう句こそ、「天」か「地」に選ばれるべきだと思うんですよ。
「十字星」・・・・しかし、それにしても、よくこんな発想が生まれますね。
我が発想の貧弱さが情けないです。
Commented by 鎌ちゃん at 2014-04-14 06:24 x
「焦土より上がる産声蘆の角」
これは、ドラマチックな句ですね。
あの、大震災の中で産声をあげた子ももう3歳です。
戦乱の中で産声を上げる子もありますね。
どうか、平和な世になって欲しいものです。
そう言えば、私も、戦後の貧困の中で生まれたんだ。
Commented by mariko789 at 2014-04-15 01:43
★ yutaさま

有難うございます♪
泥まみれになって撮った甲斐がありました。╰(✿´⌣`✿)╯


★ 鎌ちゃん(X2)

馬の子の句、褒めすぎですw
類想句の中に埋もれてました!
蘆の角は、実際に焦土から生えてくるのですよん。
深読みをして頂き、感謝です♪
鎌ちゃんもずっと入選していらっしゃるのに、
離れてしまうのは惜しいです。
またお好きな兼題の時だけでも参加なさいませんか?
私は、もうすぐ夫が帰国したら暫く離脱です。
Commented by keymyall at 2014-04-16 18:02 x
写真、、、、見えました!!

ノートブックにしてから、たまにこういう事があって、、、、


どなたかが、江戸切子と書いてらっしゃいましたが、ホントに、そんな感じですね。
”句” の事が良く分からないのですが、テレビでいつか見た俳句の作り方で すごく難しい事を知りました。 なのに、marikoさんはすごい ^^)
もしかして、いつも周りに、アンテナを立てているのでしょうか?
そして、色んな言葉が、頭に浮かぶのでしょうね。
どうぞ、これからも、続けてください。
句を読みながら、、、、『フムフム、、、、』と、分かったような顔をしながら 楽しませていただいています。
Commented by 麗門 at 2014-04-16 21:17 x
「ライラック」出来ましたか~ わたしはこの時間で駄句4句です。
ここに例句がありますが見てますか。↓
http://www.haisi.com/saijiki/lilac.htm
Commented by mariko789 at 2014-04-17 03:12
★ keymyallさま

見えて良かったです♪ヽ(=´▽`=)ノ 

アンテナなんて立ててないですよ~
俳句、最近はもうずっと低調ですが、細々続けています。
再訪&再コメントを有難うございます!


★ 麗門さま

ライラック、我家に嫌というほど咲いているので、できるにはできました!
4句です。私は高い望みは抱いてないので、まぁ満足ですw

例句をありがとうございます。
幸い、類想句はありませんでした(ほっ♪
Commented by idea-kobo at 2014-04-17 08:21
たこかいな? 足が10本 イカですよ

このレベルでないと作れんとです…。
Commented by あかね at 2014-04-17 08:35 x
ちゅうちゅう・・懐かしい響きですね。
苺の花は次々咲くから数えるのも忙しいw

イヌフグリのお写真、蕊がクッキリ!
素晴らしいです^^
星に喩える句はよく見かけますが十字星は
マリコさんらしいグローバルな視線だなあと思いました。

焦土のお句は色々なシーンを想像させますね。
どんな状況であっても生と死は隣り合わせ、
その一瞬を切り取った視点もさすがです。
Commented by ひっち at 2014-04-17 11:41 x
おはようございます。

>花いちご数ふちゅうちゅうたこかいな

「数ふ は、拍子をとって歌う」ってツイッターに書かれてましたが、この楽しい拍子をとってのリズム、江戸時代の粋のようなものも感じますね。
たくさんのイチゴができそう、そのまま戴いたりジャムにしたりと楽しみですね。

マリ子さんのお庭にはイチゴの他にもとても綺麗なライラックも、ライラックって優しい花の色からは想像できない生命力があるんですね。
Commented at 2014-04-17 16:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2014-04-17 16:51
★ idea-kobo さま

>たこかいな? 足が10本 イカですよ

なにも高尚なことを詠むのが俳句ではないです(きっぱり!
楽しいのが一番♪ イカでい(良)かった♪


★ あかねさま

ちゅうちゅう、ずっと暖めていて出番を待っていましたw

イヌフグリ、久々に自分で気に入った写真で、褒めて頂き嬉しいです♪
句はもう、低調ですよー。
長い長いスランプから抜け出せません。
丁寧に読んで下さり、(^人^)感謝♪


★ ひっちさま

拍子をとって歌うんですよねー
ツイッターのを覚えていて下さって感激です!
苺は、一人では食べ切れそうもないです。
ジャムですね、作ってみましょうぞ!♪(⌒^⌒)b 
ライラックとの戦いはまだ続いていますw


★ 鍵(04-17 16:31)ちゃん

大丈夫。安心して、ね!♪ 

私は必死に痩せたいと思っているのになー♪
お互いに、ゆっくり一歩一歩、だね!
Commented by warau_11 at 2014-04-18 19:52
中原 久遠 様
「 ちゅうちゅうたこかいな」懐かしい言葉にほのぼのとした思いが蘇りました。
色々勉強されていますね!
時の移ろいがさらに懐かしさを高めますね。

めぐる春 追憶招く 朧月 詩楽麿

朝露の 宿る葉陰に 舞い降りて
羽根を休むる 蝶の一時 詩楽麿
Commented by mariko789 at 2014-04-20 16:01
★ 詩楽麿さま

まったく勉強しておりません、恐縮です!(*_*;

朧月の一句、蝶の一首、どちらも儚く美しいです。(^人^)感謝♪
Commented by yuta at 2014-04-21 05:57 x
おはようございます
ちゅちゅうたこかいな
こどものころは聞いたような気がしますが
最近はきかないですね
久しぶりに聞いて懐かしいです^^
Commented by mariko789 at 2014-04-21 14:46
★ yutaさま

ちゅうちゅうは死語になってしまったのでしょうか
可愛いのにねー♪