always over the moon

伊予柑(いよかん) :俳句

伊予柑を「坊つちやん列車」の車窓へと   (中原久遠)
    (いよかんを ぼっちゃんれっしゃの しゃそうへと)

季語: 伊予柑  【春】 植物

f0053297_13214569.jpg


まつやま俳句ポスト 十回め投句 兼題 『伊予柑』    :人


                          Thank you very much!

                     摘んだ花 萎れぬままに赤まんま        詩楽麿

                     行き過ぎた時を追えども限り有り
                              雲の切れ目の春一番よ      詩楽麿

                     伊予柑やマドンナの君眩しくて         麗門

                     山寺はお茶一杯の桜かな         与太郎

                     堀端の桜花びら幾ひらも
                         堀を渡りて散りゆきにけり          与太郎

                     湘南のエレキギターや水温む          流星 

                     蒲公英の絮はデラシネ浮かれ雲         流星

                     初蝶のレンズ逃がるる早さかな          流星 



坊ちゃん列車というのは、松山の観光の呼び物、ミニ列車です。
この列車、オリジナルは、明治21年(1888年)から67年間(1955年まで)走っていた汽車なんですね。
かの夏目漱石が松山へ教師として赴任した折に乗車し、「マッチ箱のような列車だ」と、
小説坊ちゃんの中に書いています。

高知生まれの母の少女時代の写真に、伯母と一緒に松山城で撮ったものがあります。
乗り物好きだった母のことですから、坊ちゃん列車にも乗っているに違いありません。
再現された、坊ちゃん列車に私もいつか乗ってみたいものです。

◎ 画像は、近くを散歩していて撮ったものですが、ヒバリじゃないでしょうか?
  詳しい方、教えていただけると嬉しいです。
[PR]
by mariko789 | 2014-04-02 13:41 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/21693410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by isao1977k at 2014-04-02 14:44
坊ちゃん列車いいですね。
何かかわいらしい。
乗ってみたいな。

茨城県では廃線になった電車があって
友達と昔のった電車だから何か寂しいな。
Commented by ユッキー at 2014-04-02 15:57 x
まりこちゃん こんちー♪
この鳥ちゃん 全体がしろっぽくて周りの枯れ草に溶け込んでるね。
あたまんとこの羽がたってて けっこう強そう。
足が水鳥っぽいけど~~
さて、ひばり って、畑でピーチクないてた記憶が~~
なんだろね? この鳥は~~
つんつん 新芽が出てきてるね。

ホアヒン 暑いよ~~ こげちゃうよ~~
ひとり、チクチクの日々です~~♪
Commented by 桜姫 at 2014-04-02 17:50 x
 < 伊予柑を「坊つちやん列車」の車窓へと

御入選おめでとう御座います♪ 
連続ご入選記録!伸ばしていますね♪
数年前お遍路で、松山に立ち寄った時、坊っちゃん列車見ました♪
マドンナたちが出てくる「からくり人形」も♪
お句は、絶対有り得る光景ですね♪

 < 田楽の角きつちりと武家の祖母

田楽は、竹串「二本差し」ですから!武士ですよね♪(笑
♪ 二本差しても 柔らこう祇園豆腐の 二軒茶屋(京の四季 歌詞)
外国暮らしが長いのに!古いことが良く解ってて♪感心します♪
   
 < バスタブに花を浮かべる一人の夜     
 < 忘れえぬ面影一つ花の雨 

ご主人への相聞句ですね♪ご馳走様でーす♪(笑
毎日傍にいると、鬱陶しいこともあるけど!(汗)居ないと淋しいですよね♪          
 < 若草に玩具のバスの見え隠れ        

公園で、お子様が遊んでいる所でしょうか♪
微笑ましいですね♪

今日は老人会のお花見に誘われて!お団子を頂いてきました♪(笑
Commented by 桜姫 at 2014-04-02 17:57 x
 忘れてました!再び!(汗

雲雀の画像、ネット検索してみました!
お写真、絶対雲雀さんですね♪
とさかが、立ち上がってるのが、カッコ良い♪イケメンですね♪(笑
Commented by 詩楽麿 at 2014-04-02 18:43 x
中原久遠 様
年明けから既に鶯の鳴き声の時期が到来し、早や雲雀の姿も見え隠れ。
この速度は、時速7000キロで自転する地球上の話し。尚更に驚異に感じないでは、居られません。正に「光陰矢の如し」ですね!

摘んだ花 萎れぬままに 赤まんま 詩楽麿

行き過ぎた 時を追えども 限り有り
雲の切れ目の 春一番よ 詩楽麿
Commented by 麗門 at 2014-04-02 19:50 x
「坊つちやん列車」が地方色豊かでよかったですね。
今考えてみると、かぎ括弧「」はいらないような気もしますがどうでしょう。

返句 「伊予柑やマドンナの君眩しくて」  麗門

写真の鳥はヒバリの仲間でしょうね。
とさかのようなものは冠羽(かんう)といいます。

Commented by yotarouu at 2014-04-02 22:51
未だ九州の観光列車も乗り終わっていないのに「坊ちゃん列車」が
増えました。

又もや御入選オメデトウ御座います。伊予柑のお句を拝見して
ポカーン(ポンカン)としています。
Commented by mariko789 at 2014-04-03 01:33
★ isao1977k ちゃん

廃線になった電車・・・時代の流れとはいえ淋しいですねぇ。
坊ちゃん列車、いつかお友達と乗ってね!


★ ユッキーさま

どうやら、雲雀(ひばり)で間違いないみたい。
どっちにしても、その仲間みたいです。欧州雲雀?
ホアヒン、そろそろ水掛祭りでしょ。一番暑い盛りだわねー♪


★ 桜姫さま

有難うございます。これはオマケと思います。w
伊予柑といえば、松山、松山といえば、坊ちゃん&マドンナですよね!

>田楽は、竹串「二本差し」ですから!武士ですよね♪(笑

(ノ^^)ノ~◇◇◇  座布団三枚です♪w

忘れえぬ面影は、夫であるわきゃない!w もっと遠い人です♪

お花見で、お団子! 羨ましいです╰(✿´⌣`✿)╯

やっぱり雲雀でいいんですよね?
私も検索で調べて、そうじゃないかなーと。。でも確信がなくて。
調べて頂き、感謝です♪
Commented by mariko789 at 2014-04-03 01:33
★ 詩楽麿さま

鳥の鳴き声でも季節を感じますね。
光陰矢のごとし。同感です!
赤まんまの一句と、春一番の一首、有難うございます。(^人^)感謝♪


★ 麗門さま

有難うございます。伊予柑ですから、松山らしい句と思ったら、
坊ちゃん&マドンナしか思い浮かばなかったです。採って頂けたのは幸運。
「」が無いと、坊ちゃん列車を知らない人には(知ってる人のほうが少数派)
伊予柑を坊ちゃん 列車の車窓へと 
と読めてしまうので、「」は必須と思いました(*_*;

雲雀の仲間でOKですね?
巣箱、4句出しましたよ、滑り込みで(毎度のことw)
まぁ伊予柑・蘆の角よりマシに詠めたと思います。
麗門さんはいかが?


★ yotarouu さま

坊ちゃん列車、遠いですよ~、松山ですから♪
伊予柑の句、もうやけくそでw 入選はマグレです(*_*;
Commented by 鎌ちゃん at 2014-04-03 06:36 x
おはようございます。
「伊予柑を「坊つちやん列車」の車窓へと」
伊予柑と「坊つちやん」・・・・これは、思いつきそうで思いつかないですね。
「坊つちやん列車」というのがあるのですか。
海外に住まれながら、見事に詠み込まれて、すごいです。
いよいよ、自信喪失。
最近、どうにも句が詠めなくなりました。
Commented by yamaoji at 2014-04-03 10:04 x
母恋し・・・・marikoさんの気持ちが読ませていただき、せつなくなります。
yamaojiの母親は、健在で今じゃネットを使って文句・説教を言ってきます、右足が不自由な母親、文句・説教を言えるだけ元気だな、と感じ聞いています、ありがたいことと日々思っています。
鶏冠といい、羽の色と言い、日本のヒバリにように見えます。
お庭のチョッと高い木に箱でも置いておけば、きっと巣を作りますよ。
Commented by 麗門 at 2014-04-03 11:28 x
「巣箱」前回と同じ六句投稿しましたよ。
バードウォッチャーなので「しめた」と思ったのですが、超苦労しました。
季重なりになるので、野鳥の名前を使えませんよね。
ご主人が帰ってきても投稿をお続けください。
15秒あれば一句出来るといわれていますから、1分で四句投稿できますよ。
だいたい連続入選していて、すーっといなくなるのはずるいです。(笑
こういうのを勝ち逃げと言います。
Commented at 2014-04-03 11:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-03 22:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ラーダ at 2014-04-04 00:02 x
松山・・・
一度しか行った事がないです。

それも、道後温泉の前を通っただけで観光もせずに・・・

広告制作の会社に勤めている時に愛媛県の観光促進の広告を作ったことがあるんですよ~

なので、知識だけはあるけど、まともに行ったことがない。

愛媛って四国の中でもちょっと行きにくいもんな~

坊ちゃん列車、その名前にも惹かれます

そしてmarikoさんのお母様の話を読むとますます興味が出るなぁ
いつか行ってみたいです
Commented by mariko789 at 2014-04-04 04:43
★ 鎌ちゃん

四国は母の故郷であり、私も何度も行ってるのです。
マドンナの句も出したのですが選外でした!w

鎌ちゃんが自信喪失なんて、らしくもないですよ。
私のほうこそ、庭仕事が忙しく、俳句はお付き合い程度になっています(汗


★ yamaojiさま

お母様がご健在というのは、最高です! 文句・説教も有難いですよねぇ。

やっぱりヒバリでしょうか。yamaojiさんが近くなら、巣箱を作って頂けるのにね♪


★ 麗門さま

前回のレスで、マドンナ句のお礼を書き忘れました!ゴメンナサイ。and(^人^)感謝♪
巣箱、私は自選に迷いました。間違った選択したかも。
私は15秒で一句なんて無理ですよ~~w 15分でも厳しい。
「ずるい」「勝ち逃げ」とか言われると、くっそー!と闘志がわきますが(笑)
義母の介護のため、英国に帰ってる間は絶対不可能。それは勘弁してくださいね!


★ 鍵(04-03 11:50)さま

花よりご馳走ですよん♪

うん。あの事故は絶対に何か裏がある。私も怪しいと睨んでいます。
Commented by mariko789 at 2014-04-04 04:43
★ 鍵(04-03 22:20)さま

いえいえ、苦戦しています。なんせ庭が(汗

私も松山は、幼い頃、母に連れられて行ってるらしいのですが、全く記憶になくて。
鍵さんの思い出が沢山つまった町。
お話して下さり、嬉しいです♪ ますます鍵さんが身近に感じられる(^_−)−☆


★ ラーダさま

やっぱりねぇ。
広告制作のお仕事をなさっていたとうかがい、ラーダさんの記事の面白さに納得!♪
四国は遠いですが、同じ日本の中ですからねー
まだまだお若いラーダさんご夫妻、いくチャンスはきっとある筈。
羨ましいなぁ。坊ちゃん列車が待っている~♪
Commented by ひっち at 2014-04-04 11:42 x
こんにちは
> 伊予柑を「坊つちやん列車」の車窓へと

人選御入選おめでとう御座います。
毎回の入選、素晴らしい成績が続いていますね。
先日偶然テレビで選者のなつき先生の番組を見ました。渡辺えりが出演されていた時の回ですが、とてもいい解説、お話をされていました。いつも何曜日の何時の放送なんでしょう。また見たいと思いました。
御句、坊ちゃん列車の発想が素晴らしいですね。
Commented by mariko789 at 2014-04-05 12:06
★ ひっちさま

有難うございます。マグレです(*_*;
ご覧になったのは、「プレバト!!」ですね。
夏井組長は、頭の回転が速く、添削も見事、発言も面白いですね♪