always over the moon

ロンドン塔とタワーブリッジ

今年もあと半月になってしまいましたね。
皆さま、忙しくお過ごしのことと思います。
今回は、撮ってから一ヶ月も経ってしまいましたが、
英国のロンドンタワーとタワーブリッジの画像をアップいたします。



1) 倫敦塔(ロンドンタワー)です。世界遺産。
テムズ川の岸辺、イースト・エンドに築かれた中世の城塞。
1066年にイングランドを征服したウィリアム1世が1078年にロンドンを外敵から守るために堅固な要塞の建設を命じ、本体は約20年で完成した。その後、リチャード1世が城壁の周囲の濠の建設を始め、ヘンリー3世が完成させた。長い歴史の間に国王が居住する宮殿として1625年まで使われ、その間、14~19世紀にかけては、造幣所、天文台でもあり、1640年までは銀行、13世紀から1834年までは、王立動物園でもあった。なお、ロンドン塔に最後に居住した王はジェームズ1世とされる。(by wikipedia)

  
実際はどんより曇った日でしたが、たまの晴間を狙って。露出補正しています。  
  
f0053297_0475344.jpg


                         Thank you very much!

                    ロンドンのシンボル塔に歴史あり     詩楽麿

                    要塞に今も護られ奥の院
                          王冠ダイヤ歴史と眠る     詩楽麿 

                    囚はれの王妃の肩に寒鴉        流星マリコ






2) 同じくロンドンタワー。 (この画像はめちゃ大失敗ですが、要塞らしく撮れているのでUPしちゃいます)
現在もイギリス王室が使用している宮殿であるが、ロンドン観光の目玉になるほど観光客も多く、内部にある建物の幾つかは、世界最大のダイヤモンド「偉大なアフリカの星」など様々な歴史的展示物を陳列して、見学できるようになっている。1988年にはユネスコの世界遺産に登録されている。(by wikipedia)

f0053297_1105754.jpg


また、ここ倫敦塔は貴人の処刑場としても使われたそうで、下に処刑された貴人をあげてみます。
血で血を洗う王室の歴史が垣間見えるというもの・・・

1471年 ヘンリー6世
1483年 エドワード5世とヨーク公リチャード
1535年 トマス・モア
1536年 アン・ブーリン
1540年 トマス・クロムウェル
1542年 キャサリン・ハワード
1554年 ジェーン・グレイ
1601年 エセックス伯ロバート・デヴルー


3) 内部見学のツアーに参加すると、護衛兵(ビーフィーター)がガイドをしてくれます。
   私は参加しませんでしたが、キャノンのズームで撮れました。
   護衛兵の制服は、オーダーメイドで1着50万円ですって。さすが王室、太っ腹です。

f0053297_11329.jpg








4) ロンドン塔のすぐ近くに、絵葉書でお馴染みの跳ね橋、タワーブリッジがあります。


f0053297_1123751.jpg








5) このへんは観光のメッカなので、カフェもあり。
   カフェがあれば、パン屑めあてのカモメや鳩も飛んできます。
   倫敦塔名物の、王室で飼育されているカラスは見当たりませんでした。
   檻に入れられてしまってるのでしょうか。伝染病の惧れとかあって。撮れずに残念。

f0053297_1164653.jpg








6) 真下からタワーブリッジを撮る。モノクロにしてみました。

f0053297_1201159.jpg


おわり!♪
[PR]
by mariko789 | 2013-12-19 01:32 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/21114142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2013-12-19 02:37
おはようございます。
タワーブリッジのモノクロの写真、いいですねー!
壮大なロンドン塔とタワーブリッジ、
世界遺産見てきたんですね。
いいなぁー!
Commented by tomi at 2013-12-19 03:59 x
marikoさん; このロンドン塔は行っています し 又タワーブリッジ は ブタペスト のあの鎖橋を大戦後同じ形に戻して設計された方と同じです、ちょっと見 似ているとは思いませんか。
30年前に行きました時に護衛兵の人と一緒に写真を撮って居るんです、懐かしいです、又城内の展示室 の 世界で一番大きい ダイアモンド を見ました 王冠の上に載っていましたね。
夫はこのダイアモンドは昔に海賊が何処からか略奪したんだよなんてね~物騒な事いってましたっけ。
カラスは王宮の守り神なのですか、それは知りませんでした。
姪のえびに依るアレルギー顛末載せました、若いとは凄いですあの騒ぎの後に ワインを グラスで2杯のんでいます(笑)。
Commented by mariko789 at 2013-12-19 16:40
★  isao1977k ちゃん

ここはロンドン観光のポイント地点と思います。
北風ぴゅうぴゅうで寒かったですが♪


★ tomiさま

確かに!タワーブリッジと鎖橋は似ています。なるほど設計者が同じでしたか。。
私は城内見学していないのです、夫が嫌がって(-"-;)
またのチャンスに中を見てみたいものです♪
Commented by たんと at 2013-12-19 16:47 x
>私は参加しませんでしたが、キャノンのズームで撮れました。
護衛兵のガイドさんの声が聞こえるようです。
キャノンの威力が十二分に発揮されましたね♪
Commented by ひっち at 2013-12-19 16:58 x
こんにちは、
30年ほど前に行ったロンドン、倫敦塔やタワーブリッジを懐かしく見せてもらっています。世界遺産にもなったんですね。
いつもどんよりと曇り空の印象のロンドンもこんな綺麗な青空の日もあるのですね。たくさんの素敵な写真の中で4)のタワーブリッジのお写真が特に好きだわ~1羽の飛んでいるカモメが写真を生き生きとしていますね。イギリスには王室で飼育されているのカラスがいるって面白いですね。

ツイッターではいつもありがとうございます。
Commented by Meet You at 2013-12-19 17:58 x
4枚目、カモメがばっちりですね!
いいタイミング過ぎです~(笑)
雲が多いとモノクロがかっちょいいですね。
制服50万円か~、高いですね~

さて、私、明日からちょっと旅行に行って来ます。
なので、しばらくお休みしますが、また帰ってきたら遊んでやってください。
今年もたくさんのコメントありがとうでした。
Commented by ruriE at 2013-12-19 18:43 x
倫敦塔のカラスって本当のお話なんだ、
高貴な色の喩えなのかと思っていました。それは見たかったわね!キャノンの写りは今回も“きれいな女の人が撮っているんだろうな”って想像をさせてくれます。力んでいなくて良いわ〜。
Commented by 桜姫 at 2013-12-19 19:12 x
5枚目が一番好きです♪
だって、右上のカモメさん、小首を可愛ゆく傾げて♪
こっち見て笑ってるんだもの♪素晴らしい♪

六枚目の雲が、建物と相まって凄ーい!
他の建物のお写真も、処刑の歴史を、知らされて
何だか、怖い雰囲気が宿って居るような!(汗

それにしても、50万円の制服!さすが、大英帝国♪
Commented by mariko789 at 2013-12-19 22:44 x
★ たんとさま

PS SX50のズームの威力は流石でした。
これで1000mmは軽く超えていたと思います。 p(^_^)q


★ ひっちさま

4)に一票をありがとうございます♪
カモメと橋の取り合わせ、狙って撮りました ( -_[◎]oパシャ
しかし・・・30年前って、、私より10年も前に英国に行ってらしたんですね!すごい!


★ Meet You さま

カモメと橋、十数枚も撮ったうちの一枚です♪ 

カメラも直って、また撮影旅行ですか! いいなー、青年は♪
お元気で行ってらっしゃいませ。
メリクリ&良いお年を ヾ(^▽^)ノ


★ ruriEちゃん

カラスの話、夫がそう言うんで話半分に聞いてたんだけどネットで調べたらホンマやってんわ。
キャノンは女性の肌が綺麗に撮れるというね、
るりちゃんにモデルになってほしいものだ♪


★ 桜姫さま

5枚目の脇役カモメに清き一票を有難うございます♪
雲がね、凄かったんですよー モクモクと。
ね、皇太子やお后になったばかりに無実の罪をきせられてギロチンって、ヒドイですよね!<`ヘ´>
Commented by yamaoji at 2013-12-20 00:59 x
最後のお写真、なにかわからないけど惹かれるものを感じます・・・
古城のようにも見えて、・・・怖く見える、感じるのかも、yamaojiには。
あのペリカンが鳩を・・・あれロンドン動物園でした。
Commented by 詩楽麿 at 2013-12-20 01:59 x
Mariko 様
ロンドン塔は、写真からも歴史の匂いを醸し出していますね!また、世界最大のダイヤモンドに興味があります。機会があれば、写真を見たいし、実物をも拝ませて貰いたいものです。きっと、怪盗ルパンの心境も理解できるかもしれませんね!

ロンドンの シンボル塔に 歴史あり 詩楽麿

要塞に 今も護られ 奥の院
王冠ダイヤ 歴史と眠る 詩楽麿
Commented by 麗門 at 2013-12-20 08:55 x
ロンドンの風景、いつ見てもいいです。
城塞や要塞。
ヨーロッパの中世の雰囲気を今に伝えていますね。
ハムレットが出てきそう。

ロンドン塔で処刑された偉人たち。
そのまま世界史の教科書になりますね。
Commented by mariko789 at 2013-12-21 01:03
★ yamaojiさま

最後の写真は、タワーブリッジです。真下から撮りました♪
あの鳩をパクリしたのは、ロンドン動物園のペリカンでしたか!(驚!!


★ 詩楽麿さま

ダイヤモンドはたぶん撮影禁止でしょうねー。
英国は寺院とかも撮影禁止が多く、がっくりです。
塔の一句、王冠ダイヤの一首、ありがたく頂戴仕りました♪


★ 麗門さま

麗門さんには英国がお似合いになりますね。レイモンドさんですもの♪
どこの国でも、権力争いは絶え間がないですね。。
日本も英国も皇室(王室)に政治権がなくなって平和になりましたね。
Commented by yuta at 2013-12-22 13:32 x
こんにちは
これは古そうな立派な建物ですね
青空は映えてます^^
Commented by mariko789 at 2013-12-22 16:46
★ yutaさま

世界遺産ですからねー。
やっと青空を掴まえることができてラッキーでした♪
Commented at 2013-12-23 07:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by idea-kobo at 2013-12-23 14:29
言の葉は 毒になったり 薬になったり

難しいもんです。
Commented by 麗門 at 2013-12-23 16:11 x
↑短歌ですね。
言葉が凍りついています。
厚氷ですね。
春になれば解けるでしょうか。
それとも解けないほうがいいのでしょうか。

こちらも薄氷が張りました。
Commented by mariko789 at 2013-12-23 17:38
★ 鍵(12-23 07:21)さま

あはは、乗せないでくださいませ(^_−)−☆
俳句も短歌も、あと10年先から始めても遅くなかったですね、趣味ですから。
暫くは今しかできないことをメインにしたいです。
震災を思っての一句、寒月のロマンあふれる一首、有難うございます♪


★ idea-kobo さま

まったくそうですよね。言葉ひとつで、殺人事件や自殺もおこる。
話すとき、書くときは、心して他人を傷つけないようにしなければ(*_*;


★ 麗門さま

春になれば解けるでしょうね~w
だんだん怒りが解けつつあります
そちらは薄氷ですか。まだまだ暖かいですねー♪