always over the moon

The Clink Prison Museum @London

ロンドンの クリンク プリズン ミュージアムに行ってきました。
この監獄は、1144年-1780 年まで実際に使われていて、英国でもその環境の悪さで悪名を馳せたそうです。


1) 焼き鏝のお仕置きを受ける囚人。足元もおぼつかない暗闇に、苦しげな表情の人形が生々しい。

f0053297_15345248.jpg



                      Thank you very much!

            罪も無く消された人の冬歯壁           詩楽麿

            いにしえの刑務所跡の記念館
                     ギロチン飾る残虐軌跡       詩楽麿 

            禿鷹の旋回するや大枯野              流星





2) 中央の穴から首、左右の穴から両手を出します。このような状態で引き回されたあと、首切りに。

f0053297_15381210.jpg






3) 監獄の中に散らばっていた骨や歯が、壁に埋められていました。
   この歯の持主の運命は、推して知るべし。

f0053297_15391241.jpg






4) 死刑になった囚人の首をこのように曝していたのですね。
   あたりはさぞ血なまぐさったことでしょう。

f0053297_1541520.jpg







5) 鉄製の貞操帯。後側が写っていますが、前に用を足す穴があいていました。
   若い女性に使われたのでしょうか。
   或る中年女性の人形の解説に「彼女は娼婦のように扱われていた」とありましたが。

f0053297_15422432.jpg







6) 獄内は食糧不足のため、食用にするネズミを飼っていた人も。

f0053297_15462723.jpg






7) 公開処刑場。首を斧でばっさり。

f0053297_15485784.jpg






8) エントランスです。日本のお化け屋敷みたいです。
   しかし、子どもたちの校外実地見学にも使われているそうで、意外と真面目な博物館なのです。
   悪いことをしちゃいけないと千回諭すより、ここを見せたほうが学習効果があるかもしれないですね。
   
f0053297_15493446.jpg



暗いなかフラッシュはまったく使わず、キャノンPS SX50 にて。
腕がイマイチでピンボケっぽいのは、お見逃しくださいませ♪
[PR]
by mariko789 | 2013-11-23 15:59 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/20945110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2013-11-23 17:04
いやーん。
怖いです。
まともにギロチンあるんですね…

お化け屋敷とはまた違った怖さがありますね。

あ、カメラバッチリですよ!
Commented by 桜姫 at 2013-11-23 18:08 x
怖いよう! こんな時代に生まれなくて、良かった♪
処刑した人間の「首をさらす」見せしめの為に!
は、東西変わりませんね!
「ギロチン!」怖いもの見たさで!
こんなに、群衆が集まるんですかねぇ!(汗
Commented by 麗門 at 2013-11-23 19:56 x
同じ施設かどうか覚えていませんが、わたしも行ったことがあります。
気味の悪いところでした。
悲鳴や呪いの言葉が聞こえていたような…

かなり暗いところだと思うのですが、よく撮れています。
ISO感度はどのくらいだったのでしょう。
画像の荒れもあまり目立ちません。
Commented by ozouni3 at 2013-11-23 21:28
ん~~残酷だあ。
生首を刺して見世物にしておいたの??
ヨーロッパの人って、そういうことするんだ~
公衆の面前で首をはねるんだもんね~、それは東洋も一緒ですね。
こういうことになるよと、だから悪いことをするでないと。

校外学習には有効かもしれない。
Commented by 詩楽麿 at 2013-11-24 02:16 x
Mariko 様
人間は、人間を裁く事に何ら躊躇しない
生物のようですね!こうした事例を目の当たりにすると、「人を裁ける人材がどれだけいるのだらうか」との疑念を抱かざるを
得ませんね!現実、日本の裁判官ですら、
金に判断を歪めている輩がいますからね!
人間は、獣であり、「獣が獣を裁く資格があるのか」との思いは、拭いされないのは、私だけでしょうか?

罪も無く 消された人の 冬歯壁 詩楽麿

いにしえの 刑務所跡の 記念館
ギロチン飾る 残虐軌跡 詩楽麿
Commented by mariko789 at 2013-11-24 03:32
★ isao1977kちゃん

いやーん。と言って頂けて、しめしめ♪
ギロチン、怖いですよね!!(カメラ、大丈夫かな、有難うね!)


★ 桜姫さま

私、さいきん、平家の滅亡のとこ読んだのですが、大将の首を獲るんですよね~
サウジアラビアでは今も公開処刑がされているそうで、、残酷ですね!(滝汗


★ 麗門さま

もっとメジャーなところで、ロンドン・ダンジョンがあります、
そちらのほうが規模も大きく、見せ場も豊富なんですが、一度行ったことがあるので、今回はパスでした。
麗門さんはそちらへ行かれたのでは。。
ISOは800です。もっと暗い、動物園の爬虫類や魚のところでは、ISOー3200で撮ってみました。
それでも意外とノイズが出ません。ただし、画像は横幅1600、小さくしています。
まだ試し撮りの段階なので、冒険的な撮り方はしてないんです。
Commented by mariko789 at 2013-11-24 03:40
★ ozouni3 さま

日本でも昔は、刑場で生首を曝してたみたいよ~~
本当に罪を犯したならともかく、無実で痛い目に遭わされたり殺されたりは、たまらないですね!
子どもの教育にはバッチリでしょう。夢に出てきたりして(汗


★ 詩楽麿さま

>人間は、獣であり、「獣が獣を裁く資格があるのか」との思いは、拭いされないのは、私だけでしょうか?

哲学的ですね、、
さりとて、凶暴な犯罪者を社会に放置しておくわけにもゆかず。天罰もアテにならないですしね。
無実の人への一句とギロチンの一首、謹んで拝領いたしました。(感謝!
Commented by Meet You at 2013-11-24 10:33 x
ぐぅ、さすがイギリスって感じです。
今もどこかの国ではこういう虐待や拷問もあるのでしょうけど
昔はもっとしつこくしてたのでしょうね。
こういうのをするとき、どんな顔をするのでしょうね?
Commented by to_shi_bo at 2013-11-24 11:01
おはようございます!
お化け屋敷かと思えば中世の処刑場跡ですか!
それぞれの写真に臨場感があって身につまされます。
>子どもたちの校外実地見学・・・
なるほど、見学の価値ありですね。
(1)の苦しそうな囚人の顔をみていると今晩
悪い夢を見てしまいそうです~~~(笑

明日から娘が出産のために里帰りをしてきます。
既にバタバタ状態でブログの更新や訪問が疎かになると思います。
でも、コメを省略しても”恐い写真”を見に来ますからよろしく!
Commented by mariko789 at 2013-11-24 16:04
★ Meet You さま

そうなのね、今は人権問題とか問題視されるけれど、昔は拷問だって、し放題でしょ。
死刑執行人や、拷問をする監守は、だんだん鬼のような形相になっていったのでしょうか。
命令で、せざるを得なかった人は、気の毒だったかも、ですねぇ~~


★ to_shi_bo さま

まったくねぇ、こういう博物館の存在自体が、いかにもイギリスですよね!

お嬢様、ご出産のための里帰りですか♪
母子ともに健康でご安産でありますように!♪
暫くロンドン関連です、コメントのお気遣いなくね~
有難うございます♪
Commented by 麗門 at 2013-11-24 20:22 x
ダンジョンかもしれません。
なんとなく思い出しました。

禿鷹の旋回するや大枯野

これはスケールの大きいいい句ですね。好きな句です。
ただ「鷹」「枯野」の季重なりが気になるので、
いっそのこと「コンドルの…」なんてしたらいかが?
Commented by mariko789 at 2013-11-25 03:14 x
★ 麗門さま

禿鷹の句をお目に留めてくださり、有難うございます♪
そうなんですね~、鷹も冬の季語でしたー!
で、コンドルですが、日本語にすると、禿鷹だそうで ↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1457587639
やっぱりNGでしょうか
大枯野のほうを処刑場にしようとも思いましたが、即き過ぎですし。
もう少し推敲してみますね~⌒(。・.・。)⌒
Commented by yuta at 2013-11-25 05:26 x
おはようございます
子どもたちの校外実地見学にも
使われているというのが驚きですね
日本も江戸時代は座らせて
腿の上に石を積み重ねたということですが
どこでも残酷だったのですね

暗いところではISO感度を上げれば(2000-2500)
フラッシュなしでも撮れますよ
Commented by ラーダ at 2013-11-25 08:55 x
やだ~ん!こわ~い!えげつな~い!

どうやったらここまで残酷にできるんでしょうかね・・・

ありとあらゆる方法で苦しめて、ものすご~くヒデ~(ヒドイ)やり方でじわじわと追い詰めてなかなかとどめを刺さない・・・。

今の時代の方がよほど常識的ですね


まぁ、しかし。

学習の場としてはこういう「悪い事したら、あんな事しまっせ」的な施設も必要かもしれませんね。


日本でも地獄絵図とかあって拷問シーンなんて本気で怖かったもんな~
Commented by mariko789 at 2013-11-25 15:57
★ yutaさま

江戸時代の拷問も残忍だったのですね、
現代でも世界のどこかでは・・・(怖!

フラッシュ、私も日中シンクロなど特殊な場合以外は使いません~
博物館では、フラッシュ禁止ですしね(汗
このときはISO-800で撮りましたが、フラッシュなしでOKでした♪


★ ラーダさま

死刑も、電気椅子とか注射のほうが楽なのかしらね、
死刑より拷問のほうが痛くて嫌な気もしますが(*_*;

地獄絵図。悪いことすると地獄で責め苦に・・・真面目に怖い!!
Commented by sarah000329 at 2013-11-28 10:45
こえーーーー あつうう~~~~~。
想像するだけで怖いわ~~~。
やだわーー。
ロンドン塔といい・・・ヨーロッパは塔への幽閉とか拷問とか
色々残っていますよね。
でも、日本もお城の地下の座敷牢とか・・・あれも、やっぱり堅固な作りで
薄暗くってジメジメしてて、体に悪そうな環境ですよね。

しかも日本も獄門さらし首とかあったっていうし・・・
やっぱり、人間が一番残酷な生き物です。



Commented by mariko789 at 2013-11-28 15:15
★ sarah000329 ちゃん

そうなの、ロンドン塔もね!
そのうちアップしますが、高貴な方々が次々と幽閉されて殺された。。
日本の昔も負けてないですよね、
人間の残酷さ。。本当にそう思います!