always over the moon

小雪(しょうせつ): 俳句

f0053297_14104588.jpg



  小雪の夜は思い出の降りやまず  久遠 (旧:流星)
 (しょうせつの よはおもいでの ふりやまず)


・季語:  小雪(しょうせつ) 【冬】 時候
      二十四節気の一つで、新暦11月22日頃にあたる。(角川 俳句歳時記)
      
      小雪(こゆき)=少し雪が降っている 【冬】 天文 とは、別の季語です。


         

         降りやまず 恨めしげに 空ながめ    idea-kobo

         小雪や煮ゑ立つ魚の目の真白        築地

         ふる小雪 手に乗り消ゆる儚さよ       詩楽麿

         今はもう小雪をかぶる紅葉の 
                はらりはらりの枯葉に代る    詩楽麿

         小雪に肩をすぼめて湯に浸かる       kingminoru





・画像は、一昨年の冬に撮った 大阪城と紅葉。一人で歩き回った大阪城周辺。広かった!!

◎11月は父の命日、初恋の彼の命日もあり、どうしても思い出にひたることが多い。
  時のフィルターが厚くなるにつれ、なぜか思い出は美化されてゆく。
  そして、あの頃分からなかったことが、突然鮮明に分かったりする。
  歳を重ねるごとに、未来の頁は薄くなってゆくけれど、過去の頁は厚くなってゆき、
  それはそれで人生、悪くないなと思う今日このごろなのです。
[PR]
by mariko789 | 2012-11-28 14:31 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(48)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/18209828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ozouni3 at 2012-11-28 16:24 x
マリコさん、こんにちわ。

どうしてコメ欄ないですか?
私の父の命日も11月です。
先日、幼少時代を過ごして土地をドライブしてきました・・。
ずいぶん町も変ってしまったけど、いろいろ想いにふけりましたね~。
5歳くらいまでしかいなかったから・・・想い出とは言えないね。
ただ、父のことを思い出した、そうだったんですね。

だんだん、生きてれば、向こうへ先に行った人に会える日が近づくってことですよね~、でしょ?
生きてんのが辛い時には、そろそろオレもいいかな~とか思うよ。
Commented by mariko789 at 2012-11-28 17:54
★ozouni3 さま

コメント欄開けて、改めまして。
ナーンさんの父上さまも11月に亡くなられたのですね
不思議なことに、歳をとるほど幼い頃のことを思い出しますねぇ
5歳ですか・・・・切ないな。。想いだしてあげるのは供養と思います
でもナーンさんは、まだまだですよ、ご一緒に修行しましょ (^_−)−☆

Commented by イヴォンヌ at 2012-11-28 19:29 x
しょうせつとこゆきでは季語の季節がちがうんですか?!むずかしい~

お父様と初恋の方の命日が11月なんですね。ペガサスさんにとってなんとなく感慨深い時ですよね~
Commented at 2012-11-28 20:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 桜姫 at 2012-11-28 21:33 x
 <  而(しこう)して咲けばはや散る室の花    流星

室の梅は、江戸時代から♪ 散るのが早いのは「桃」ですね!(汗
新の3月3日に間に合わせる様に咲かせますが!
蕾に触るとポロポロ落ちちゃいますもの!(汗・泣

 < うるむ目をそば湯の湯気といつはりて    流星

流星さまが、お句まで作ってくれて、偲んで下さるのですから、
あちらで、喜んでいらっしゃいますよ!
私の初恋の人も、何月に亡くなったのかは不明です!
父も、物心ついた頃には、母と離婚していたので
(戸籍上は小学二年生の時に母の姓に!
で、何月に亡くなったのかは不明です(涙

 < 小雪の夜は思い出の降りやまず   流星

思い出してあげる事が供養ですね♪
その時、その方は生きてらっしゃるんですから♪

三渓園と大阪城の紅葉素晴しいですね♪

 < 歳を重ねるごとに、未来の頁は薄くなってゆくけれど、
    過去の頁は厚くなって・・・

上手い事、言いますね♪(笑
Commented by ラーダ at 2012-11-29 00:27 x
あ、コメント欄が出ましたね。
先ほど見たときにはなかったので・・・。

秋に入る前に、かつての知り合いが亡くなったと聞きました。
最初は仲良かったのに、いつの間にかちょっと溝が開いてお別れした人でした・・・。

どうして?なぜ?病気?事故?
理由はわかりませんが、なんだかもうあの人とは会うことなく、もう二度とわかり合うこともないんだなぁ・・・と思うと、ちょっと淋しい気もしました。


でも、時々、思い起こしてあげることも悪いことじゃないんですね。
少し、詫びながら・・・。
Commented by idea-kobo at 2012-11-29 08:31
降りやまず 恨めしげに 空ながめ

気が晴れんのう…。温泉でも行くか…。
Commented by 鎌ちゃん at 2012-11-29 09:00 x
おはようございます。
「小雪の夜は思い出の降りやまず   流星」
やっと、一昨年の写真が登場しましたね。
「小雪の夜」・・・・この響きは、しんみりして、
物思いに浸ってしまいそうですね。
流星さんには、そんな思い出がたくさんおありなのですね。

>時のフィルターが厚くなるにつれ、なぜか思い出は美化されてゆく。
だからこそ、人は今を、明日を生きられるのですよね。
私も、いつまでも、腹立つことを根に持っていてはいけませんね。
あの人のことも。
Commented by Meet You at 2012-11-29 10:04 x
「こゆき」じゃ無かった(lll′-`lll)ガーン
Commented by メロン at 2012-11-29 10:39 x
Marikoさん、おはようございます^^

思い出の11月、お父様・初恋の彼の命日・・
俳句・・Marikoさんの心情が伝わって来ますね。

そば湯のお写真好きです^^
Commented by 麗門 at 2012-11-29 11:28 x
十一月は思い出の月。
自分史のページがどんどん厚くなっていきますね。

楓と銀杏の紅葉に大阪城が見え隠れしています。
「小雪」らしい写真です。
Commented by to_shi_bo at 2012-11-29 11:40
こんにちは!
>小雪の夜は思い出の降りやまず
紅葉の大阪城の写真、幻想的ですね。
何か細工をしましたか?

「小雪」と「思い出」との取り合わせが上手い。
芭蕉も俳句には取り合わせが必要と解いていましたが
その真髄をこの句にみた思いです。
「小雪」が見事な過去を演出していますね。
参った!!!
Commented by mariko789 at 2012-11-29 11:53
★イヴォンヌさま

こゆきも冬の季語だけど、意味が違うのね~
振り仮名がないと、どちらか分からないね~~ (*_*;
この歳になると、毎日が感慨深いわ・・・
Commented by mariko789 at 2012-11-29 11:55
★鍵(11-28 20:49)さま

>月単位ではなく、年単位で、前に進んでいるような錯覚を覚えます。

わかるわかる!!
私も まだやり残してることあるので、あと10年は頑張らなくちゃ!
コメント、ありがとうね~~♪
Commented by mariko789 at 2012-11-29 11:56
★桜姫さま

室の梅が江戸時代からとは驚きです!!
私は知らない具体的なコメントを頂き、すっごく嬉しいです♪
手塩にかけて温室に花を咲かせていた祖父も、天国で喜んでいますよ~

姫さまはお父様の命日も不明とは、可哀相です。。
姫さまの初恋の方も、もう亡くなっているのですね。。
お盆とかお彼岸とか、そういうときに偲んであげられるから、日本の風習はいいですね・・・

なんだか最近、未来のことを考えるより過去を偲ぶ時間が多くなりました
これからでも遅くない、良い思い出を沢山つくって、老後の回想の楽しみを増やしたいです(笑)
丁寧なコメントを頂き、感謝感謝♪ 俳句、がんばろうという気になります!♪
Commented by mariko789 at 2012-11-29 11:57
★ラーダさま

ごめんなさいね~、最初、コメント欄を閉じていて。
いつの間にか、溝が開いてお別れ・・・私にも何人かそんな女友達がいます。
亡くなったら、やっぱり淋しいですよね。。
食べ物にも甘辛があって良いように、思い出も様々で、人生、良いのかも。。
Commented by mariko789 at 2012-11-29 11:58
★ idea-kobo さま

>降りやまず 恨めしげに 空ながめ

九州は雨かのう…? そんな日は温泉が最高じゃがね(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2012-11-29 11:58
★鎌ちゃん

まだあと少しあるんですよ~、一昨年の写真。
今回はブルームをかけ古さを表してみましたが、来年は黒白かな(苦笑)
小雪。。ツイッターのお題の季語で、一人でぽつぽつ詠んでいます。

>あの人  <私にも、そんな「あの人」がいますが、ご一緒に水に流しましょうか。。
Commented by mariko789 at 2012-11-29 11:59
★ Meet You さま

Youさんには関西の紅葉も撮って欲しいなぁ~ 小雪(こゆき)もね(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2012-11-29 12:00
★メロンちゃん

歳をとると、思い出に耽る時間も増えますよ~
メロンちゃんも、あと〇十年生きればわかる!(笑)
横浜三渓園の写真に一票、嬉しいです♪
Commented by mariko789 at 2012-11-29 12:15
★麗門さま

私はどういうわけか、4月・5月と、11月に、家族/知人が何人も亡くなっています。
私自身も、たぶん春先がアブナイという予感あり。
小雪らしい写真とは、嬉しいお言葉です♪
Commented by mariko789 at 2012-11-29 12:17
★ to_shi_bo さま

一昨年の画像なので、ブルームをかけて「思い出」演出をしてみました~♪

>「小雪」と「思い出」との取り合わせが上手い。

たとえ褒め殺しでも、とし坊さんにそのように仰って頂き、舞い上がっちゃいます!
ごく最近、俳句に対し新境地を得ました(おおげさですが~)

・季語を背景に、自分の心(実感)を描く。具体的であれ、抽象的であれ。今は環境的に写生句は無理なので、心境句で。
・美しい言葉や目先の変わったかっこいい表現はなるべく使わず、絵で喩えるなら余白を生かし、詰め込まない。

とはいえ、実行はなかなか難しいです。ついかっこいい言葉に頼ってしまいたくなって。まだまだ未熟(汗
これからもご指導のほど宜しくお願いいたしま~す(ぺこり
Commented by Meet You at 2012-11-29 15:26 x
>Youさんには関西の紅葉も撮って欲しいなぁ~

週末いつも天気悪いんだよー(☍﹏⁰)
Commented by 築地 at 2012-11-29 16:15 x

 小雪や煮ゑ立つ魚の目の真白
Commented by たんと at 2012-11-29 16:38 x
「小雪の夜は思い出の降りやまず  流星」
「うるむ目をそば湯の湯気といつはりて  流星」
これぞまさしく流星さんならではの俳句&写真。
暫し、思いに耽りましたデス、はい。
Commented by ひっち at 2012-11-29 18:35 x
こんにちは、
三渓園と大阪城の紅葉美しいですね

>小雪の夜は思い出の降りやまず
>うるむ目をそば湯の湯気といつはりて 
二句とも素敵ですね。
暖かい色合いのお写真と相まってしんみりと心に響きます。
「思い出の降りやまず」素敵な表現、特に好きです。
marikoさんとお会いしたのも一昨年の11月、楽しかった時間を思い出しています。
Commented by イヴォンヌ at 2012-11-29 19:14 x
東京も朝晩はかなり寒くなってきましたよ~

寒くなるとあったかい国がうらやましい♪
Commented by mariko789 at 2012-11-30 12:15
★ Meet You さま

ぷっ 可愛い泣き顔!♪ 
晴天を待ってたら散っちゃうかもね??
地元だとかえって「いつでも撮れる」で撮りそこなうのかもね~
Commented by mariko789 at 2012-11-30 12:15
★築地さま

>小雪や煮ゑ立つ魚の目の真白

こってり煮込んだ尾頭付きの魚が食べたくなりました!♪
小雪と煮魚、よく合いますね 有難うございます。
Commented by mariko789 at 2012-11-30 12:16
★たんとさま

写真も俳句も拙くて(汗
お目汚ししてしまったかも!
コメントをありがとうございました~ ヾ(^▽^)ノ
Commented by mariko789 at 2012-11-30 12:17
★ひっちさま

ちょうどあのときは紅葉の季節だったんですよね~~
次回は桜の季節か、、彼岸花(撮ったことない!)の季節に帰りたいです♪
あのときの観覧車で冷えたあとの、あったかいおうどん(お蕎麦)、忘れられないです♪
Commented by mariko789 at 2012-11-30 12:17
★イヴォンヌさま

こちらもいっきに5度くらい下がって・・・
室温は23度くらいかなぁ。。
これで肌寒いなんて言ったら、江戸っ子に笑われちゃうね!
Commented by warau_11 at 2012-11-30 12:55
Mariko 様

 もっとも俳句や短歌に相応しいお題を抽出されましたね。「小雪」とは、
かなり以前より見られているお題ですが、人それぞれに見る目や思いも
千差万別ですよね。
 こちらは、まだ雪に見舞われていませんが、月内にはちらほらの可能性
を天気予報が知らせています。
 
 小雪の 手に乗り消ゆる 儚さよ                  詩楽麿

 今はもう 小雪かぶる 紅葉の はらりはらりの 枯葉に代る 詩楽麿
 
Commented by kingminoru at 2012-11-30 13:13
小雪に 肩をすぼめて 湯に浸かる
Commented by tomi at 2012-11-30 16:01 x
marikoさん;

これは 日本の景色ですね、コメントを有難うございました。
大阪に行かれた時の画像ですか ちょっと見てあれれ日本に行かれたのかと思いました、皆様中々の詠みてですこと、私にはこの才能が有りません。

先のコメント欄でどなたかが言われていましたが EU圏に行かれるとか 本当ですか。

EU で思い出しました 私の働いていた会社は ヨーロッパ絨毯も扱って居まして ベルギー の 端フランスとの国境に生産会社がありよく
ブリュッセルには行きました此処で飛行機を降りてレンタカーをしてはこの街に行きました、あの国はといいますかヨーロッパは道が入り組んでいまして、運転は楽でなく一度はストレスの為に吐き気が起きました。

そのときに道に迷って EU のビルデイングの前に出て何か得したこと覚えています、それに EU の軍隊に基地もブルセッル空港近くに有ってね珍しかった と 貴女が EU圏 に行かれる話しから思い出を話してしまいました、只今 デスクトップのPC具合が悪くて ラップトップで使用していますがなんだか使いにくい、これは旅行用だけなので。
Commented by イヴォンヌ at 2012-11-30 17:22 x
こんにちはぁ~
今日外苑前のイチョウの黄葉観てきましたよ~
こういう景色って日本独特?!
Commented by mariko789 at 2012-12-01 07:23
★ warau_11 さま

紛らわしくて申し訳ありませんが、小雪(しょうせつ)は、小雪(こゆき)とは違い、
降る雪のことではなく、11月22日頃を指す時候なのです。上にも注釈をつけましたが。
頂いた御句は『小雪 こゆき』の句意なので、差し出がましいのですが、
少し文字を加えさせて頂きました! 
ごめんなさい、そして有難うございます!!
東京の雪、私も見てみたいです♪
Commented by mariko789 at 2012-12-01 07:24
★ kingminoru さま

>小雪に 肩をすぼめて 湯に浸かる

寒い日の、お仕事&ゴルフのあとのお風呂は格別に 気持いい~~!?♪
久々の一句、嬉しく頂戴つかまつり候~♪
Commented by mariko789 at 2012-12-01 07:25
★tomiさま

万年円高で、日本は遠くなるばかりです~~。
tomiさんは、本当に世界を股にかけてお仕事にご旅行、凄いですね!!
EU 圏に来年、移ろうと計画していますが、まだ具体的ではありません
夫は英国人ですので、住める国は多いのですが、、。。
EU も不景気で今、大変なんですよね~~。
tomiさんの思い出話、興味深く拝読しました♪
デスクトップ不調ですか? 早く直るといいですね~
コメントを有難うございました♪
Commented by mariko789 at 2012-12-01 07:25
★イヴォンヌさま

イチョウ、さぞ綺麗だったでしょ
いや~~、紅葉の景色は韓国&中国はもちろん、
欧州やカナダ、アメリカでもあると思うけれど、
日本のはまた格別って気がする!♪
Commented at 2012-12-01 10:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuta at 2012-12-01 12:11 x
こんにちは
"しょうせつ"と"こゆき"の違いがあるということがわかりました
大阪城の紅・黄葉美しいです
東京もやっと色づいてきました
Commented at 2012-12-01 18:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2012-12-02 09:44
★鍵(12-01 10:13)さま

久々の近況報告、嬉しく拝読しました!
鍵さんの俳句もコッソリ、拝読していますよ~
私もなかなか厳しい状況ですが、頑張ります! (。・_・。)ノ♪
Commented by mariko789 at 2012-12-02 09:44
★yutaさま

東京の黄葉、神宮外苑の並木道とか、もう素適ですよね~♪
Commented by mariko789 at 2012-12-02 09:44
★鍵(12-01 18:00)さま

いえいえ、かえって小姑のようで申し訳ありませんでした!(汗
まだ大変な状況なんですね。
またご連絡しますね~~
Commented by メロン at 2012-12-02 10:38 x
Marikoさん、こんにちは^^

塩麹はこちらでは日本の調味料として定着しそうな感じですね♪
醤油麹というのも秘かに流行りだしていますが、
断然塩麹の方が強いです♪

塩麹はなんてことないお味なのですがm
自然な塩加減がヘルシー志向の方々にウケが良かったみたい♪
食文化がかなり欧米化している反面、健康に気遣う人も増えているみたいです!
Commented by mariko789 at 2012-12-02 11:12
★メロンちゃん

塩麹、いちど使ってみたいもの!
次回里帰りしたら、ゲットします♪

>食文化がかなり欧米化している反面、健康に気遣う人も増えているみたいです!

良いこと言いますね! すっごく納得です。私も健康第一と思います♪