always over the moon

2012年 カンボジア アンコール遺跡群 まとめ

2012年08月に旅行した、シェムリアップのアンコール遺跡群、まとめです。


【アジアの至宝 アンコール遺跡】
9~15世紀にかけて、メコン河流域に壮大な文明を築いたクメール人たちは、
その宗教的、文化的小宇宙をアンコール遺跡に結集させた。
アンコールワットの5基の尖塔のもと、大回廊の壁面を飾る華やかなデヴァター(女神)、
行進する勇壮なクメールの兵士たち。
54体の巨大な観音像仏面が立ち並ぶバイヨン。ヒンドゥー教と仏教の神仏への信仰が見事に調和し、
そのもとで人々の暮らしがいきづいている。
アンコール遺跡こそはその豪壮さと華麗さにおいて、比類のない人類の至宝である。
   (以上、現地のガイドブックより)


f0053297_11283844.jpg
(*アンコールワット 土産物店)










アンコールワット① 
アンコールワット②
アンコールワット③ 


アンコール・トム/バイヨン ①
アンコール・トム/バイヨン ②
アンコール・トム/バイヨン ③
 
f0053297_1135356.jpg
(バイヨンの観世音菩薩の顔)


バンテアイ・スレイ(アンコール遺跡)①
バンテアイ・スレイ② デヴァター像(東洋のモナリザ)
バンテアイ・スレイ③
 

タ・プローム(TA PROHM) ①
タ・プローム(TA PROHM) ②
タ・プローム(TA PROHM) ③
 

Bakong (バコン) 



 
[PR]
by mariko789 | 2012-10-19 11:39 | Nikon D80 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/18082244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。