always over the moon

Bakong (バコン) アンコール遺跡群 カンボジア

クメール文明の粋、アンコール遺跡群 最後は Bakong (バコン)で締めくくります。

Bakong は、881年にインドラヴァルマン一世によってロリュオス都城の中心寺院として建てられました。
詳細を知りたい方は、こちらへ。

実は、私、この遺跡寺院の名前が判らなかったのです。
旅日記に、うっかり名前を書き忘れていたのです~
覚えていたのは、ドライバー氏の言葉 「アンコールワットやトムより古い」。
この言葉と、撮った画像を頼りにネット検索で調べて調べてやっと 『バコン』 という確証を得ました。
やっぱり記録としての写真力は凄いです。
ここはメジャーな遺跡ではなさそうで、写真を沢山アップしているサイトは少なかった。
これから検索する方のお役に立てればいいな。




1) 参道から中央寺院に向かって。ここは、アンコールワットより古いのですが、保存状態はかなり良いと思います。

f0053297_12232318.jpg



           

           酒(ささ)喰うてやがて大熊猫となりぬべし   よし

           句もどきの吾句 云ふなれば梅もどき      流星

           云ふことのひとつも言えぬ夜長かな       よし

           やますずめ明日の命を拾いけり          よし

   




2) 中央祠堂の最上部。繊細なレリーフが施されています。

f0053297_12251525.jpg









3) 左手に見えるカラフルな寺院は、もちろん現役です。まだ新しく、近年に建て直されたようです。

f0053297_12262334.jpg









4) おなじみの Devata (デヴァター)=女神さまです。
  他の方々が撮った過去の写真と比べると、やはり損傷が進んでいます。

f0053297_12275162.jpg








5) もう一つ、デヴァター。1000年以上も経っていると思うと、しみじみいとおしくなります。
  生き残ってくれていて、ありがとう。

f0053297_12293539.jpg







6) ゆみちゃん。叔母さんが茶店を営んでいて、夏休みでお手伝いをしていました。
  ゆみちゃんというのは、ニックネームで、日本が大好きな女の子にぴったり。
  炒飯を食べながら(夫はもちろんビール)、ゆみちゃんとお話しました。
  リラックスした英語で、遺跡群で出会った人々の中でも抜群の会話力です。

  「いっぱい勉強して、将来は、ドクターになりたい」
  目を輝かせるゆみちゃんは、まだ14歳。だいじょうぶ、君ならきっと叶えられるよ。

  「韓国人と日本人は、お金に糸目をつけず、欲しいもの、良いものを買うの。
   でも中国人は、ひたすら、安いもの安いものって、値段に拘るのよ」
  ゆみちゃん、なかなか観察が鋭いですね! ワタクシ、笑ってしまいました。
    
f0053297_12324073.jpg





三日間で五ヶ所も回ったアンコール遺跡群、
自然にのみこまれてゆく遺跡
ゆっくりと風化してゆく遺跡
そしてそこで働く優しく逞しい人々との出会い。

行けて良かった。


内戦以来国外に住んでいらしたカンボジアの国王様が北京で亡くなりましたね。
ご遺体が、カンボジアに戻られ、国民の皆様も安堵なさったことでしょう。
合掌。

☆2012年 カンボジア アンコール遺跡群 まとめ☆
[PR]
by mariko789 | 2012-10-18 12:50 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(44)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/18079201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2012-10-18 13:02
素晴らしい建造物ですね。日本には無いものですよね。
ゆみちゃん、目が綺麗だね、きっと夢を持っているんだね。叶うよ、きっと(^-^)
Commented by ラーダ at 2012-10-18 15:06 x
ゆみちゃん、かぁ~

うんうん、そんなイメージですね。

クラスに必ず一人はいる美少女って感じ。
利発そうな顔ですね~

色彩の乏しい遺跡群れの中でいろんな輝く宝石に出会いましたね。

ゆみちゃんは、濁りのない真っ赤なルビーかな。

いつまでも輝き続けて欲しいなぁ
Commented by イヴォンヌ at 2012-10-18 17:21 x
バコン大きな遺跡ですね~
デヴァターの風化していってる様子などを見ると遺跡群の保存もむずかしいんだろうなって思いますね。

かわいいおじょうさん、りこうそうですよね♪
Commented by Meet You at 2012-10-18 18:49 x
中国人はどこ行ってもお店やホテルの人から嫌われてる。
彼ら一体何をしてるんでしょうね(笑)

医者を目指してるなんて偉いですね!
カンボジアの医療施設、医療レベルはまだまだ低いそうなので頑張ってもらいたいですね。
医者だけでなく、教師、警官などの給料が安く、働く人が少なかったり、レベルが低かったりするのがこの国の問題のひとつですね。
Commented by to_shi_bo at 2012-10-18 19:17 x
こんばんは!
今回の写真群も今までと同じように感動しましたね。
「デヴァター像」と可愛くしっかり者の「ゆみちゃん」
に正反対の愛しさをもらいました~~~♪

>自然にのみこまれてゆく遺跡
>ゆっくりと風化してゆく遺跡
>そしてそこで働く優しく逞しい人々との出会い

この3行が全てを言い尽くしていると思われます。

カンボジャの国父に合掌!!!
Commented by 桜姫 at 2012-10-18 19:20 x
mariko様のお陰で、アンコール遺跡群の概要を知りました♪
今まで、タイ・ベトナム・マレーシアなど教えて貰いましたが♪
今からもう、来年のバカンス記事が楽しみです♪(笑
可愛ゆいゆみちゃん!日本の少女と見分けがつきませんね♪
有難う御座いました♪

Commented by mariko789 at 2012-10-19 02:39
★isao1977k さま

若い子が夢を持てる社会は、いいなぁと思う。
くーちゃんも、ますます大きな夢をね!♪
Commented by mariko789 at 2012-10-19 02:39
★ラーダさま

美少女ですよね~ 
こんな娘がいたら、どんなに幸せか、、と思ってしまいました!
お母さんは35歳だそうで、ぎゃふん(笑)
ゆみちゃんは、真っ赤なルビー♡ ラーダさんらしい煌くコメントをありがとう!
Commented by mariko789 at 2012-10-19 02:39
★イヴォンヌさま

デヴァター、1100年くらい経ってるわけでしょ、
これだけ残ってるって凄いかもしれないよね、、
Commented by mariko789 at 2012-10-19 02:40
★Meet You さま

夫は中国人が大嫌いなんです。
彼は世界人口の80%は嫌いと言う人なんですけれど(汗
カンボジア、まだまだこれからですね。
ほんと、若い人たちに良い国づくりをして欲しいです。
Commented by mariko789 at 2012-10-19 02:42
★to_shi_bo さま

なにしろ天候が悪くて、気に入った画像になりませんでした!(涙
記録として、だけです。恥ずかしい写真ばかりになっちゃって、、口惜しいなぁ。
でも、遺跡群ではゆみちゃんに逢えて清々しく締めくくれて良かったです!
カンボジアの国王様、ご遺体とはいえ、やっと故郷に戻られ人々も安堵なさったことでしょう
私も合掌です。
Commented by mariko789 at 2012-10-19 02:43
★桜姫さま

長い間、アンコール遺跡を見て下さり、有難うございました♪
でも、まだまだカンボジアの旅日記は続きますよ~~♪

来年の後半からは、思い切った人生の転換になるかも。
今のうちに、溜まった写真をアップ、、と思っています!
Commented by 鎌ちゃん at 2012-10-19 06:58 x
おはようございます。
アンコールの遺跡群と、思ったより、スケールが大きいのですね。
私なんか、とてもここまで興味深く観察、記録が出来なかったと思います。
流星さんの博識は、こんなところから蓄積、育まれていくのですね。
お見事でした。

ゆみちゃん、可愛いですね。
純朴な美しさに、おっちゃん、メロメロですよ。
携帯アドレス教えて!!(笑)
Commented by yoshiyoshi at 2012-10-19 07:39 x

酒(ささ)喰うてやがて大熊猫となりぬべし    よし

Commented by 麗門 at 2012-10-19 07:59 x
カンボジアの寺院。
東アジアのそれとはまったく違う印象です。
インドとも違うようだし、独特の文化をはぐくんでいるのでしょう。
一枚目。サルスベリが咲いていますね。

女神さま。
ほんとうによく残ってくれました。

ゆみちゃん、生女神さまのようですよ。
いいお医者さんになってね。
Commented by mariko789 at 2012-10-19 11:53
★鎌ちゃん

私も行く前は、アンコールワットという遺跡が一つ、と思っていたのです
実はまだまだ回れなかった寺院があり、本当に巨大な遺跡群です。
私は博識ではないですよ~(汗
ゆみちゃんの携帯アドレス(あるかな?)私も訊けば良かったと思って!(笑)
Commented by mariko789 at 2012-10-19 11:53
★yoshiyoshi さま

>酒(ささ)喰うてやがて大熊猫となりぬべし    よし

ささはささでも笹ではなく酒、巧い! 川柳能ばっちり~! (ノ^^)ノ~◇◇◇ 
Commented by mariko789 at 2012-10-19 11:53
★麗門さま

仰るように、クメール文化は特有なものがあったと思います!
一枚目は遠目で分かりづらいのですが、ブーゲンビリアと思います
さるすべりだったらいいのに♪
女神様とゆみちゃんにもお言葉をありがとうございます~~
Commented by Meet You at 2012-10-19 13:16 x
80%!!!
よかった~、私60%くらいだわ~(笑)
嫌いってか合わない・・・。
Commented by ozouni3 at 2012-10-19 13:47
いい旅でしたね・・マリコさん(^_^)
後からそう思える旅って、そんな多くない。

14歳の女の子、利発そうですよね~。
そして図星の観察眼!
きっと、頭もいいし、感性もすぐれているんだろうなあ。

旦那様、チャーハンのおともに何ビール飲んだですか??
カンボジアって何ビールがあるんでしたかな・・・
アンコールビールか? ん、なんだろう。
Commented by hotate at 2012-10-19 15:52 x
カンボジァ marikoさんのレポートは眼の付け所が違う。
10年ほど前で忘れかけていましたが懐かしく見ました。

賢そうな美少女、品がありますね~^^
この国の未来も明るく思われます。
Commented by イヴォンヌ at 2012-10-19 16:40 x
アンコールの遺跡群すごいよね~♪

時がたってるこうした遺跡って何だか精霊がうようよいそうだよね~
Commented by keymyall at 2012-10-19 16:58
アジアの国には、まだまだ勉強をしたくても出来ない子どもが多いでしょうね。
日本の恵まれた子どもたちに、教えてあげたいですね。
知識を得たくても、それが難しい国に産まれたら、枯渇するのでしょう。

遺跡群も凄かったし、その中の人間模様がいっぱいあって、marikoさんの写真には、いつも、いつも“愛”がありますね。 それが、多くの人たちを惹きつけているのでしょうね。

とても良い旅でしたね (^_-)-☆

話しは違うけれど、旅は旦那様が全部決めてくれるって、楽でいいね ^^)
Commented by yuta at 2012-10-20 00:49 x
こんばんは
すばらしい建造物ですね
3日間で5カ所とはハードだったのではないでしょうか
Commented by yoshiyoshi at 2012-10-20 04:51 x

云ふことのひとつも言えぬ夜長かな    よし

Commented by 麗門 at 2012-10-20 08:50 x
そうか、クメール文明といったのでしたね。忘れていました。
インド史や中国史は教科書で習うけど、
東南アジアの歴史は、習った記憶があまりありせん。
日本もアジアの一員なのだから、もっと東南アジア史も勉強してもいいですね。
Commented by メロン at 2012-10-20 10:20 x
Marikoさん、こんにちは^^

アンコールワット・アンコールトム
レベル高いわぁ~

夜はちょっと怖くて行けませんよね(汗
でも怖いもの見たさで皆と一緒なら(汗汗

Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:49
★Meet You さま

60%なら普通かも? 
夫が嫌いな四大国は、アメリカ・中国・インド・ロシア(汗
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:49
★ozouni3 さま

ゆみちゃんとの話は、もっと色々あるのだけれど、
全部書くと長くなるし~~
カンボジアのビールは、アンコービア(そのうちアップします)
でも4~5日経ったら、夫の体調が悪くなり、その後はずっとハイネケンでした~~
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:50
★hotateさま

お世辞でも嬉しいhotateさんのお言葉・・・♪
10年前と今では随分変わってませんか?
私もガイドブック(何年前の写真なのか・・・)とかなり違っているので、驚いたんです~
カンボジアの未来が明るくありますように!!
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:50
★イヴォンヌさま

精霊! いると思うよ~~~♪
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:50
★keymyall さま

教育費は高いですから、上の学校へ行くのは容易ではないですね
生まれた国、生まれた家で、人生の大半が決まってしまう。
”愛” 嬉しいお言葉! 私の今年のテーマも、愛でした♪(まだまだ愛が足りないな、私)
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:50
★yutaさま

いえいえ、ざっと回りましたから、三日で5ヶ所は軽かったです~♪
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:51
★yoshiyoshi さま

>云ふことのひとつも言えぬ夜長かな  よし

しりとりなのに、さすがの一句、恐れ入りました!!
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:51
★麗門さま

私も、昨日まで出てこなかったんです、『クメール文明』(汗
東南アジアも、まだまだ解き明かされていない歴史があるようで、興味深いですね!
Commented by mariko789 at 2012-10-20 11:51
★メロンさま

日本の遺跡にも興味津々
チャンスがあれば行ってみたいなぁ~♪
Commented by イヴォンヌ at 2012-10-20 19:06 x
こんばんはぁ~

ところで旦那さま本気で独立考えてるのかもね~
いいじゃないの。独立してくれれば、定年ないし、いつまでも働けた方が男性も生き生きしていられるよ♪
Commented by yoshiyoshi at 2012-10-21 06:53 x

やますずめ明日の命を拾いけり   よし

寒さが身に沁みるとつくづく心細くてなりませぬ。
Commented by mariko789 at 2012-10-21 10:11
★イヴォンヌさま

独立っていうのかな、そういうのでも。。
まぁ、もう会社勤めは嫌だというから仕方がないよねぇ。。
Commented by mariko789 at 2012-10-21 10:14
★yoshiyoshi さま

>やますずめ明日の命を拾いけり   よし

心細いときこそ、カラ元気でも出して、強気でね!!
待てば海路の日和あり(漢字、あってます?)と言いますし。。


Commented by japair at 2012-10-22 19:48
marikoさん どの子供達の表情も生き生きと写っていましたね。
なかでもゆみちゃんは賢そうで将来は美人な女性になること間違いなしですね。
旦那様もオレンジ色のシャツが良くお似合いで素敵な方ですね。

もう一つ、デヴァター。1000年以上も経っていると思うと、しみじみいとおしくなります>本当にそうですね~人はいなくなっても遺跡として残っているのですものね~

東南アジアには全く行ったことがないのでタイ、ベトナムや今回のカンボジアなど行く時には再度marikoさんのブログを参考にさせていただきたいと思います。
Commented at 2012-10-23 05:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2012-10-23 11:00
★japair さま

ゆみちゃんは、できるなら養女に貰いたかったです!!
夫は、もう太っちゃって、、106kgですよ~~
私たちはもう東南アジアは行かないかも、、
japair さんのレポート、いつの日か拝見するのを楽しみにしています♪
Commented by mariko789 at 2012-10-23 11:01
★鍵(10-23 05:52)さま

ああ、良かった!!
こちらは、まだです。
もし、この国には届かない場合、次の引越先にお願いね~
一個、とっておいてね~(苦笑