always over the moon

盗作 (著作権侵害)

昨日は一日中、著作権侵害の防止対策を練っていました。
というのも、私の過去記事の中の短詩が、他人のブログにそっくり転載されていたからです。
私の名前を記さずに。まるでその人の作品のように。
しかも、私の記した 【季語】 や、【wikipedia からの引用】 も、そっくりそのまま同じ。
私の記事の文字を丸ごと右クリックして持っていったのでしょう。
他の人には、石ころのような文や詩でも、本人にしてみればそれなりの思い入れや苦労があります。
転載の節には、せめて私の名前を記してほしいのです。
でないと、これは



盗作 でしょう?





俳句は無論ですが、短詩にも著作権はあるのですよ(画像、写真、イラストも)。 
 参考→ 著作権

そういえば、私が利用している i2i (アクセス解析)に拠ると、画像での訪問者もけっこういらっしゃいます。
下手な画像ですが、タイ美人もアップしているので出会い系に悪用されたら困ります。

そこで、昨夜、持ってゆかれなく設定しました。
 参考→ 右クリックを禁止するブログパーツをリリース(エキサイトブログ)

問題は、文章なんです。
これを右クリックで持ってゆかれなくするには、どうすればよいか。
検索で調べると、あるにはあったのです。

 参考→ 右クリック禁止のページを作る

ただし、エキサイトブログには 【セキュリティ上、貼れません】。
これ、なんとかならないでしょうか。
ネットに公開してあるものは、俳句だろうが短詩だろうが小説だろうが評論だろうが写真だろうが情報だろうが、
なんでもかんでも右クリックで持ってゆけるというのは、公園のベンチの上にお財布を置いて、
さあ持っていってくださいと言ってるようなものかもしれません。

そこで、エキサイトブログ本部に、今回の件について、
著作権侵害(盗作)の通報をしました。


投稿内容を持っていかれたのは今回だけではないのです。
今までは、まぁいいかぁ と思いましたが、今回はキレました。
もしもエキサイト本部から、「どのような対応を望むか」というメールが来たら、
文章の右クリック禁止 を可能にして欲しいとお願いするつもりです。


それにしても、数多あるブログなのに、どうして私がヨソのブログに転載されたのが判ったのか、不思議ではないですか?
役に立っているのは、i2i (アクセス解析)の 検索ワード なのです。(忍者ツールも同じです)
短詩の一部がそのまま 検索ワードになっていました。
それをクリックすると、ヤフー検索に飛びました、そして転載者が判明したというわけです。

私の記事と転載者のブログ両方を読んだ方が、同じ短詩を見て、どちらがオリジナルかチェックなさったのだと思います。
日付が古い私ほうがオリジナルに決まっていますから。
 
ブログを管理なさっていらっしゃる皆様、ヒトゴトではありませんよ、ご用心ご用心!
そして私自身も、知らぬまに著作権を侵害しないように、注意注意!


追記:2012年10月10日

エキサイト本部からお返事がありました。
盗作をしたのは、ヤフーブログの方なので、ヤフーブログに通報するようにということでした。

そうではなくて、
私は、エキサイトブログに、右クリックできなくなる設定を許可して欲しかったのですが。
相手の人に「もうしません」と言われたところで、根本的には何の進歩もないでしょう?
[PR]
by mariko789 | 2012-10-09 11:47 | no-photo | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/18049673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。