always over the moon

バンテアイ・スレイ③

アンコール遺跡群 第三弾 バンテアイ・スレイ(Banteay Srei) その3
(8月初旬)

1)茶店の女の子。通りがかった夫に声をかけてきた。
  「ビール、1ドルでいいわよ、飲んでいかない?」
  その大人びたセリフが微笑ましくて、掴まってしまいました。
  まだ14歳だという。夏休みなのでおうちの手伝いで、お店の営業兼給仕をしているそうな。
  つるりんとした剥き卵のようなお顔は、どこか仏像を思わせる。
f0053297_1140130.jpg



                

                骨太でござんす背高泡立草      よし

                海猫(ごめ)騒ぐ空から魚が降る日には   流星 

                ぱかと割る卵の双子なる良夜      流星






2)茶店や土産物店が並ぶ一角。
  夫がビールを飲んでいたら、次々と女の子たちが物を売りにくる。
  夫はゴム草履を買って、スニーカーを脱いでしまった。
  私は布製の帽子を買った。顎に紐がついていて、風に飛ばされない帽子。
f0053297_11474437.jpg









3)もう少し、戻って遺跡を見てみましょう。
  ここは見事な浮彫(レリーフ)が沢山あります。
  『インドラ神が3つの頭の神象アイラーヴァタに乗っている』  レリーフの一つ。↓
f0053297_11511025.jpg










4)『インドラ神が3つ頭の神象に乗って慈雨を降らせている』 レリーフは、ここに。
  見えにくいので、右端に、その部分をアタッチしてみましたが、暈けていて見えないでしょうね。
  ま、なんとなく判って頂ければ幸いです。
f0053297_11552444.jpg









5)なんや河童みたいな像もあります。仏話の中の登場人物なのでしょうか。
f0053297_11585017.jpg











6)踊るシヴァ神。すべての舞踊の創始の神さま。
f0053297_20483653.jpg











7)しかし、カメラ持っている人、多いですね!
  世界的に空前の写真ブームではないかと思います。
  興味をもってチェックしてみると、キャノンとニコンが圧倒的に多いようでした。

  それと、人種のるつぼ。これも感じました。
  東洋人も目だって多いのは、中国・韓国が豊かになったからでしょう。
  彼らは服装や持物も垢抜けてきて、以前のように一見で、中国人、韓国人、日本人を識別できなくなりました。
f0053297_1241945.jpg






雨上がりで青空が撮れなかったのは残念でしたが、滅びの美を堪能できたバンテアイ・スレイ、さようなら~!
☆2012年 カンボジア アンコール遺跡群 まとめ☆
[PR]
by mariko789 | 2012-09-30 12:17 | Nikon coolpix P510 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/18018321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]