always over the moon

イスタンブール トプカピ宮殿(2)

トプカピ宮殿 Topkapı Sarayı  ハーレムの続きです。


当初は後宮(ハレム)は、旧宮殿に残されていたが、スレイマン1世のときトプカプ宮殿に移された。
ハレムの人々は、スレイマンの夫人ヒュッレム・スルタンを端緒として16世紀後半頃から政治に介入するようになり、
17世紀には君主の母后が政治を自由に動かす「女人の天下」と呼ばれる時代を迎えた。
(by wikipedia)

「ウスクダラ」の歌のような女上位の時代が、オスマン帝国にもあったのですね~

お仲間の hotate さんからも以下のコメントを頂きました♪
『ナポレオンの妻、ジョセフィーヌの従姉妹が海賊に遭遇
女奴隷としてオスマントルコのハーレムに売られた…
息子が皇位を継ぎ 母后としてトルコの行方を動かした~
何かの本で読んだことがあります。 
フランスとトルコと 二つの大国
従姉妹同士が世界史を変えたのかと!凄いですね~@@』



1)後宮内部の画像、どんどんアップしてゆきます。
f0053297_21514328.jpg


                   

                   徒に針は廻さず時計草     よし

                   奇跡かと 寺院の屋根の 鳥雛絵    詩楽麿

                   古道行く 旅の間に間に 見え隠る 
                           温故知新の 温もり感ず     詩楽麿




◎続きは、More をクリックしてくださいね~ 




2)中庭です。刑務所にも、運動場がありますから、後宮にもなければね。(喩えが悪すぎ! 反省)
f0053297_2153263.jpg










3)やっぱり、ところどころ不気味です。もっともっと薄気味悪い画像もあるのですが、自主規制しました。
f0053297_21544731.jpg










4)屋根の裏まで細工が綺麗です。修復されているのですね!
f0053297_21553431.jpg










5)幾つ見ても、こういう天井、ゴージャスだな~と思います。天国をイメージしているのでしょうか。
f0053297_21564646.jpg










6)身分の高い方がお休みになる寝台なのでしょうね。天蓋付きですから。
f0053297_21582078.jpg










7)飾りは綺麗ですが、鉄格子がついた小窓がずらり。
  まさに鳥籠そのものですね。脱出は難しいと思われます。
f0053297_225529.jpg







 



◎長いばかりで、あまりツッコミどころのない投稿ですので、どうかコメントはご遠慮なくパスなさって下さいね!
 次回最終回は、お庭や、見学にいらしていたコスモポリタンな方々の画像です。
[PR]
by mariko789 | 2012-06-05 14:06 | Nikon D80 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/17619244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ozouni3 at 2012-06-05 12:36
こんにちわ、マリコさん(^_^)


ひとつひとつが大変手の込んだ建築ですねえ~
丸っこい模様の連続が多いようです。
あの天蓋付きの寝台で私は寝たくないです。
あっ大丈夫か・・適用外。
Commented by yoshiyoshi at 2012-06-05 12:51 x
徒に針は廻さず時計草     よし
Commented by メロン at 2012-06-05 13:06 x
Marikoさん、こんにちは^^

後宮内部のお写真見せてくださってありがとうございます♪
これはなかなか見られないでしょうね!
ホンと素晴らしい建築法ですよね!
どうやっているの?とお尋ねしたいくらい(汗
て。。刑務所ですか???
無知でゴメンちゃい(汗
Commented by Meet You at 2012-06-05 13:36 x
へぇ、屋根の裏まで細かい細工があるんですね~
鉄格子もおしゃれに見えますね!
脱出は難しそう・・・ところてんみたいになっちゃう
Commented by 桜姫 at 2012-06-05 16:10 x
 1) 5) うわーッ!豪華ですねぇ♪
 6) 天蓋付きのベッド♪ずーっと憧れています♪
 7) 謀反を心配して?ですかねぇ!(哀)
    火事になったら恐いですね!
    
    ↓
 < 素裸の鳥よ私よ日は暮れぬ 

思わず!marikoさまのヌードを!失敬!失敬!(汗・笑)
でも、どんな美しい建築よりも、女性の肉体の方が
綺麗ですよね♪  
Commented by to_shi_bo at 2012-06-05 16:34
こんにちは!

1)建物も派手だけれど、右端の女性も負けていません!

2)後宮の運動場???
  う~ん、中庭兼運動場ね。なんの運動をされるのやら(汗

4)この屋根の裏はお見事・・・我が家とソックリ(嘘

5)造った建築家、いや、現場労働者が偉い!

7)脱出不能・・・そこをなんとか抜け出すのが伊賀忍者の
  実力って・・・・なぜ伊賀が出てくるの~~~(汗
Commented by 鎌ちゃん at 2012-06-05 17:04 x
こんばんは。
「ヒュッレム・スルタン」・・・・女性がスルタンを名乗ったのですか。
オスマン朝のスルタンは、イスラムの宗教的な権力者であるカリフの地位も兼ねていたはず、
「女人の天下」・・・・イスラム世界にこんな時代があったとは、意外ですね。
中国の、則天武后とか、西大后などの時代が重なります。
そこで暗躍するのが、宦官なのですね。

それにしても、見事な草食が施されていますね。
トルコでも、これをアラベスクというのでしょうか。
Commented by hotate13 at 2012-06-05 17:56
marikoさん
ありがとうございました。<(_ _)>
昔読んだ いい加減な記憶なので…(汗) 

ジョセフィーヌを離縁したナポレオンに怒ってフランスを見限り
ナポレオンのロシア侵攻失敗の一端になった!と。
歴史の思わぬ流れに ヘ~~@@ ビックラこいた事です。
 
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:31
★ozouni3さま

ほんと、どなたの手になったものか、手が込んでますよねぇ
天蓋付き寝台、タイのホテルにも時々、見かけますね! 
次回はぜひ~♪
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:33
★yoshiyoshiさま

>徒に針は廻さず時計草     よし

時計草、好きなお花です!
もう6月なんて・・・
私の時計は、徒に早回ししているようです~
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:33
★メロンさま

まあなんと言いますか、、美しい鳥かご、みたいですよねぇ~
ハーレムでは、女性たちは薄物に宝石を纏ってひらひらしてたみたいです(汗
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:34
★Meet Youさま

>脱出は難しそう・・・ところてんみたいになっちゃう

あっはっは♪
受けました!!
トコロテンも俳句の夏の季語なのですが、一句、捻りたくなりました~♪
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:34
★桜姫さま

天蓋付きベッド、寝心地はどうなんでしょうね~~
火事になったら、大変でしょうね
厨はきっと別棟だったのでしょうね~
駄句も見て下さり感謝感謝です♪
私の裸など、ご覧になったら目が潰れまっせ(笑)
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:34
★to_shi_bo さま

そうなの♪ 綺麗な人だったので、なにげに右端に入れました♪
運動ね、皇帝が、女性をコマに見立ててマージャンとか(中国じゃないって!
この手が込んだ建築、技術者は勿論、奴隷とかも大勢強制労働させられたのでは?
なんか感慨深いです・・・
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:35
★鎌ちゃん

>「ヒュッレム・スルタン」・・・・女性がスルタンを名乗ったのですか。
>オスマン朝のスルタンは、イスラムの宗教的な権力者であるカリフの地位も兼ねていたはず、
>トルコでも、これをアラベスクというのでしょうか。

ははあ(土下座中
恐れ入りました!!
私は、ただ見てきただけ、撮ってきただけで、何も判りません~
猫に小判とは、私のことですにゃ~(ごめんにゃさい!!
Commented by mariko789 at 2012-06-05 18:36
★hotate13さま

こちらこそ、本当に助かりました!
写真ばかりで文字が少なくて、カッコつかず(汗汗

>ジョセフィーヌを離縁したナポレオンに怒ってフランスを見限り
ナポレオンのロシア侵攻失敗の一端になった!と。
歴史の思わぬ流れに ヘ~~@@ ビックラこいた事です。

ジョセフィーヌとナポレオンが離縁していたとは、、知りませんでした!
私、世界史ってほんと、判らないんですよねぇ~
勉強しないとダメですね!(恥
Commented by 麗門 at 2012-06-05 19:50 x
珍しいトルコの写真、楽しいですが、
おっしゃるにコメントしずらいのも確かです。

やはり一枚目の右側の美女。もう少し見たかった。

W杯最終予選。対オマーン戦、3-0で快勝。
こんどは8日対ヨルダンです。
間を置いて、ジーコ監督のイラクとも戦います。
中東勢が多いです。
Commented by ラーダ at 2012-06-06 00:05 x
あああ、やっぱり美しい・・・イスラム建築

ヨーロッパの金ぴかよりも心が落ち着く~

でも、いくら綺麗でもず~っとここに閉じ込められていたら気が遠くなりそう・・・


タイルの模様も美しいけど、終わりのない感じ・・・


身分の高い方がお休みになる寝台・・・暗い、暗いなぁ~
まぁ、寝る部屋だからいいのか・・・
夜の明かりでさぞエキゾチックだったんだろうな
Commented by mariko789 at 2012-06-06 12:17
★麗門さま

女性の写真を撮るのは禁止のイスラム圏ですから、
ちょっとだけで精一杯でした(汗
8日はヨルダン戦ですか、フレーフレージャパン!!
ヨルダンも実は行こうと思っている国なんです
近いですしね!
Commented by mariko789 at 2012-06-06 12:17
★ラーダさま

イスラム建築、繊細だし少し東洋的なのか、
日本人の美的センスに合うと思うわ~

>タイルの模様も美しいけど、終わりのない感じ・・・

巧いこと仰る!
キャプションに頂きたかったわんミ◕‿◕ミ
Commented by イヴォンヌ at 2012-06-06 14:07 x
オスマントルコにも女性上位の時代ってあったのね~
後宮内部も独特の雰囲気ありそうでいいなぁ~♪
Commented by mariko789 at 2012-06-06 17:11
★イヴォンヌさま

イスラムの国で女性上位というのもね・・・??
トルコだけかもね!!
後宮、綺麗だけど、、住みたくはない!(余計な心配 笑)
Commented by keymyall at 2012-06-06 21:25
ホントに、鉄格子がすごいですね。
でも、日本の物に比べると、おしゃれな感じがするのですが、、、、、

妹は、、、、、、何をしている事やら ^^)
さばサンド、食べたかなぁ~? 
Commented by mariko789 at 2012-06-07 11:25
★keymyallさま

やっぱり宮殿だけあって、鉄格子もお洒落ですよね!

妹さん、今頃、目一杯楽しんでいらっしゃるでしょう♪
サバサンドより、もっと美味しいものを召しあがってるかもよん(^_−)−☆
Commented by japair at 2012-06-07 21:03
タイルの色、模様とてもきれいに写っていますね。
イランのタイルより植物柄が優しく優雅な感じ・・・・♪
テヘランのゴレスターン宮殿にもハラムハネがあったようです。
宦官の存在もあったなんて何かに書いていたような気がしますが・・・・・・確かではありません。
<やっぱり、ところどころ不気味です。もっともっと薄気味悪い画像もあるのですが、自主規制しました>やっぱり昔の王宮って不気味な感じがありますよね~でもちょっと不気味な写真も見てみたいかも・・・

テヘランはここの所とても暑くなってきました。
まだクーラーの準備ができていません(オンにすれば使える日本のクーラーがなつかしい)今日は風もないので頭がボォーです。
でも午前中トマド、ズッキーニ、いんげんのマリネを作りました。
夫がまた野菜を沢山買ってきたので、今日の夕飯はパスタかなぁ?~
Commented by yotarouu at 2012-06-07 22:20
綺麗なお写真拝見出来て、有難う御座います。
タイルでこれだけ貼るのは大変でしょうね、
タイルの製造も一品物でしょうし・・・
Commented by mariko789 at 2012-06-08 11:33
★japairさま

不気味な写真、ご覧になりますか?
ではこっそり(もう、この投稿をご覧になる方はいらっしゃらないと思いますので)
30分位したら不気味なのを追加しますね、
テヘランの冷房は準備が必要なの?
こちらは日本のと同じ、ONで即使えます
新鮮野菜のマリネ、いいですね!!
私も作ろうかな♪
Commented by mariko789 at 2012-06-08 11:35
★yotarouuさま

>タイルでこれだけ貼るのは大変でしょうね、
>タイルの製造も一品物でしょうし・・・

そこまで考えて見ていなかったです!(汗
お疲れなのに、あっちにこっちにコメントを有難うございます!!
Commented by japair at 2012-06-08 23:56
異様な空気のうずが・・・・・やっぱり怖いかも・・・
無理なリクエストに答えてくださってありがとうございます。
Commented by mariko789 at 2012-06-09 14:04
☆japairさま

やっぱり怖いですよね~~
何かが起こった部屋という気配がします。
見ていただけたので、削除しますね!(汗汗
Commented by 詩楽麿 at 2012-06-10 03:16 x
Mariko 様
ついさきごろ、イエス・キリストがユダヤ教信者の家族に生まれ、ユダヤ教徒だったことがわかり、イエス・キリストもユダヤ人であり、彼が絞首刑にあったのは、ユダヤ教の教えに異議を感じ、「神の下では、人は皆平等」
との教えを広めたことが、ユダヤ教徒によって、ガリラヤの丘で絞首刑に
されたとのこと。まるで「天は、人の上に人を創らず、人の下に人を創らず」と著作物「学問のすすめ」の冒頭で名言を残した福沢諭吉先生を想起
させるストーリー。しかし、そのユダヤ人を凌ぐ能力を備えているのが、
地上で唯一、日本人と言われています。日本人は、天才集団民族だったらしいですね。

 奇跡かと 寺院の屋根の 鳥雛絵

 古道行く 旅の間に間に 見え隠る 温故知新の 温もり感ず
Commented by mariko789 at 2012-06-10 11:58
★詩楽麿さま

キリストがユダヤだったというのは、いかにもありそうなことと思います。
興味深いコメントをありがとうございます!
日本人もそのユダヤと血縁があるという説も読んだことがあるような(うろ覚え・・・
日本人は天才集団ですか~
だといいですね!!このあたりで、一発、傑出した英雄が出て欲しいものです!

> 奇跡かと 寺院の屋根の 鳥雛絵    詩楽麿

> 古道行く 旅の間に間に 見え隠る 温故知新の 温もり感ず   詩楽麿

私の写真を反映しての一句一首、すっごく嬉しいです。
ありがとうございます(^_−)−☆