always over the moon

料峭 (りょうしょう) : 俳句


        身を殺がる魚の口から吹く料峭  流星
          (みをそがる うおのくちから ふくりょうしょう)

  季語:料峭(りょうしょう)【春】時候 (春風が冷たく感じられること。by 角川歳時記)






f0053297_1334034.jpg


◎今日は↓にも俳句をアップしています。どちらかお好みのほうに一言残して頂けると嬉しいです♪

            

       一心に闇を急げり浮かれ猫     よし

       夜の竿 この引き味や 我が獲物    銀河王子

       春の音も 未だ届かぬ 積雪よ    詩楽麿

       立ち止まり 頬をかすりし 料峭の 
                微かな息吹 春遠からじ  詩楽麿 

       きらきらと 光る川面も 風さむし     与太郎

       丑三つに祖母が鶯餅を召す      流星

       傍線の跡の消えゆく菜の花忌     流星

       白魚の一つ残らず黒目がち       流星


[PR]
by mariko789 | 2012-02-13 13:05 | Nikon D80 | Trackback | Comments(47)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/17191380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tobo at 2012-02-13 14:25 x
こんにちは!

↓の
>ちょきでなく Vサインでもない二月 
これはキリンちゃんがmarikoちゃんの心境を
造影してくれたんですね。「二月」を上手く詠んでいます。
ナイスコラボ!

>身を殺がれ魚の口から吹く料峭
写真とともにこの句を読んで喉元が詰まったぁ~~~(笑
ちょい窒息状態なり~~~!
残虐だけれども美しい・・・
美しいものに憧れる深奥の世界かな!
未体験ゾーンを瞬時体験させて貰ったような不思議な
快感があり~~~です。
・・・と同時に人生の哀切さをシッカリと受け止めさせて
貰いましたよ~~~♪
Commented by yoshiyoshi at 2012-02-13 14:56 x
一心に闇を急げり浮かれ猫     よし

未練げに半月が空に残るも、もちろん彼には関係の無い話し。
Commented by 鎌ちゃん at 2012-02-13 16:01 x
「身を殺がれ魚の口から吹く料峭  流星」
人間て、考えると、残酷な動物ですね。
この写真を見て特に思いますよ。
平気で、豚や牛を食う輩が、鯨はだめだと言って
騒いだりする勝手さもあるし。
とにかく、感謝していただくことにしましょう。
Commented by イヴォンヌ at 2012-02-13 19:51 x
料峭(りょうしょう)【春】時候 (春風が冷たく感じられること)・・・とっても勉強になります♪

まだ寒さのつづく2月ですものね~でも春の間近さも感じられる今日この頃です。
Commented by kimcafe at 2012-02-13 21:36
夜の竿 この引き味や 我が獲物 銀河王子
Commented by メロン at 2012-02-13 22:27 x
Marikoさん、こんばんは^^

キリンさんのVサインナイスです~
Marikoさんてホンと凄いなぁ!!

もともと母とは苦労を分かち合っているのでずっと仲良しです^^
父とは相変わらずダメですね(汗
父とケンカすると、父が母に当たり散らすので私が我慢しています(汗

ささっ
お料理頑張ろうっと^^
Commented by ラーダ at 2012-02-13 23:18 x
身を殺がれ魚の口から吹く料峭 


料峭って言葉、初めて知りました。
春の訪れに消えていく命もあるのね・・・。
う~む・・・

でも、人間はそんな数々の生命を血となり、肉とするのですね~・・・。


きりんのVサインにも「おおっ」と唸ってしまいました。

ちょきでもなく、Vサインでもない月日の方が多い気がするなぁ~
そんなあいまいさの中で悩んだりして人は成長していくのかな
Commented at 2012-02-13 23:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 詩楽麿 at 2012-02-14 04:46 x
Mariko 様

「料峭」なる言葉は、生涯初にめぐりあいました。素晴らしい熟語を見出してくださいました。有り難う御座いました。一つ熟語のボキャブラリー
が増えました。今後、頻用させていただこうと考えています。

それにしても勉強を日々されていますね。かの文豪・川端康成氏も天国
できっと感心されていることと存じます。それにしても、いざ「料峭」を使うとすると中々難しいものですね。

春の音も 未だ届かぬ 積雪よ      詩楽麿

立ち止まり 頬をかすりし 料峭の 微かな息吹 春遠からじ  詩楽麿 
Commented by 麗門 at 2012-02-14 07:58 x
難解な句です。
でも感じはなんとなくわかるような、わからないような…
↓ は素直に景が伝わってきますが、
「料峭」のほうが私好みです。

Commented by yotarouu at 2012-02-14 10:03
まりこサン
料峭(りょうしょう)なんて今まで見た事も
聴いた事も有りませんでした。
何時も教えていただき感謝です。

きらきらと 光る川面も 風さむし



Commented by 幻椏 at 2012-02-14 11:08 x
ちょきでなく Vサインでもない二月

昨日拝読し、以後強く引きずっております。印象の強い句、記憶に残る句、口誦出来る句は、凄いですね。
Commented by イヴォンヌ at 2012-02-14 17:23 x
こんばんはぁ~今日はめずらしく雨の東京です。

でもだいぶ春らしくなってきたような・・雪深い所は大変そうだけどね!
Commented by メロン at 2012-02-14 21:44 x
Marikoさん、こんばんは^^

今日はこちらは震度3?位の余震が、立て続けにがあったそうな(汗
私が丁度お仕事でバタバタしている時で気が付きませんでしたが(汗
またまたここのところ、毎日のように余震がありますよ~

大根てまるまる1本買っちゃうとだいたいあまりませんか?
千切りにして油で炒めると、
ペロッと食べられちゃう♪
美味しいです~^^

また来た余震(汗汗
恐ろしい~~!!
Commented by keiko at 2012-02-15 10:05 x
お早うございます。

殺がれても 口から出るのは料峭。冷たくとも春の冷たさ。
堪え性のない私ですので 肝に銘じたいと思いました。
読み方 違ってたら ご免なさい。(-_-;)
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:20
★toboさま

二月の句にも評をありがとうございます!

こちらの句、私自身の意図よりも深く読んで頂き、感謝です!
一番コメントでこんなに美しい言葉を頂けるのは、ブロガー冥利♪
自句自解は、素晴らしいコメントのあとで野暮になりそうなので、自粛しておきまする♪
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:20
★yoshiyoshiさま

>一心に闇を急げり浮かれ猫     よし

浮かれ猫、かわいい季語ですね~
去ってゆくものは、月とて止められぬ。。
いつもプレゼント句をありがとうございます!
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:20
★鎌ちゃん

なんといっても人がいちばん残酷ですよね。
鳥や魚のように、ただ生きて死んで自然とともに吹かれている・・・美しいと思います。
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:21
★イヴォンヌさま

料峭、私も去年まで詠みたいと思いつつ、
宿題になっていました!やっと(汗
季語ってホント、多くて。。
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:21
★kimcafeさま

>夜の竿 この引き味や 我が獲物  銀河王子

お!いいですね!イナセですね!
江戸の俳人みたいです。
ありがとうございます✿
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:22
★メロンさま

>父とケンカすると、父が母に当たり散らすので私が我慢しています(汗

女同士、結束しなくてはね!
私、お母様のお気持、わかるなぁ~。
夫がお父様と似た気質と思える。。
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:22
★ラーダさま

俳句の季語、多いですね~
料峭は字からして難しい。普通の人は知らないでしょう(汗
二月の句も鑑賞して下さり、感謝です♪
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:22
★鍵(02-13 23:23)さま

そんなふうに仰って頂けるうちが花だな~と、しみじみ。。
ありがとうございます!
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:45
★詩楽麿さま

料峭、俳句の季語の中でも難解ですね!(汗
昔は手紙の時候の挨拶にも使ったようですが。

>春の音も 未だ届かぬ 積雪よ      詩楽麿

>立ち止まり 頬をかすりし 料峭の 微かな息吹 春遠からじ  詩楽麿 

まだまだ寒そうですね!
早春賦の一句一首、嬉しく頂戴いたしました♪
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:45
★麗門さま

>でも感じはなんとなくわかるような、わからないような…

それでいいのです!
俳句は頭で分かろうとせず、心で受け止めよ、と言いますし。
もしも、冷たい春風めいたものが句から伝わったら大成功です。
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:46
★yotarouuさま

え~?与太郎さんもご存じないですか~?
料峭、滅び行く季語であったか!!(汗

>きらきらと 光る川面も 風さむし

なんだか私の画像にぴったりですね!
嬉しいな~、ありがとう!♪
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:46
★幻椏 さま

>印象の強い句、記憶に残る句、口誦出来る句は、凄いですね。

ありがとうございます!♪
二月の句は、ぱっとできて推敲もまったくしていません、
オリジナリティだけで勝負の一句です。
幻椏 さんにそんなこと仰って頂くと、恥ずかしいようです(汗
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:46
★イヴォンヌさま

東京は雨なのね、氷雨かな~~
豪雪地帯、いっきに雪が溶けたら、それもまた災害になりそうで怖いですね(汗
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:47
★メロンさま

え~~!!また地震続き?
気をつけてよ~、メロンちゃん、揺れたらまず火を消して!!
Commented by mariko789 at 2012-02-15 12:47
★keikoさま

こんにちは!♪
下の句は、自分の気持だけを詠んだ句ですが、
こちらは風景画の句です。
どのように解釈して頂くのも自由♪
読んで頂ける幸せを感じております!
Commented by メロン at 2012-02-16 10:22 x
Marikoさん、おはようございます^^

心配してくださってありがとう^^

震度6に直撃された時は、
立っていられないくらい揺れて、
台所のガスを止めるのがやっとでしたよ~(汗
あの日は1日揺れっぱなしだったなぁ(汗汗
自然てホンと怖い。。。

パパさんと家のジジィいや父(汗
気質似ているかもしれませんね・・
Commented by mariko789 at 2012-02-16 12:34
★メロンさま

震度6って(大汗)私には未体験ゾーンです!
一日中揺れっぱなし・・・それも怖すぎる!!
メロンちゃん、もうホント、地震は来ないでほしいよね。。。
お父様もうちの夫もきっと心が不器用なだけなのよ。
根は優しいのよ、そう思いましょうね♪
Commented by イヴォンヌ at 2012-02-16 19:43 x
こんばんはぁ~今日は東京もちらちらっと小雪が舞ってました。
寒くって銀座行ったけど、人通りは少なかった。

まだ寒さ続いてます。そちらはどう?
Commented by mariko789 at 2012-02-17 09:51
★イヴォンヌさま

銀座に小雪ね~、、
綺麗だけど、寒かったでしょ!
こちらはぐんぐん暖かくなってます。
もう冬も終わりかも!
Commented by メロン at 2012-02-17 10:27 x
Marikoさん、こんにちは^^

根は優しい・・
うん♪うん♪そう思いましょうね^^

昨日の里芋のレンチンで皮が・・
あ~どうでしょ?
昨日のはお焼きでどのみちつぶしちゃうから、
レンチンした後に皮からスプーンで削って取ってしまった(汗
スルッとむけるかは未確認(汗
でもお芋類って皮付のまま加熱した方が、
出来上がりが美味しいのですよ♪♪♪
Commented by イヴォンヌ at 2012-02-17 19:33 x
こんばんはぁ~
昨日も今日も夜に雨が降ってます。雪の降ってる所もおおくあり、まだ何となく冬終わってない感じですが・・

そちらはもうあったかくなってるんですね!やっぱりあったかい方がいいよね~♪
Commented at 2012-02-17 23:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-02-18 00:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 麗門 at 2012-02-18 08:53 x
三句の中では、「菜の花忌」の句が好きです。
個人的に、司馬遼はあまり好きな作家ではありませんが、
この句はとてもいいですね。
「傍線の跡の消えゆく」から長い年月やいろいろなことが想像できます。
Commented by メロン at 2012-02-18 08:56 x
Marikoさん、おおはようございます^^

昨日のCafeの1枚目の写真、
Marikoさんのおっしゃる通り、
自分でもなかなかだなぁと思いました^^
でもどうやったらあんな風に撮れるのか、
本人解っていないから、偶然のナイスショットですね(笑

Commented by yuta at 2012-02-18 09:01 x
おはようございます
写真と俳句ぴったりですね
残念ながら魚の名前がわかりません^^
Commented by mariko789 at 2012-02-18 13:58
★メロンさま

里芋、実はまだ放置したまま(汗
ちょっと真面目に体重減少を図らなければ。。
でも近日中に必ず実験してみますね、絶食もできないし!
皮付きのまま加熱、うんうん、分かります!
Commented by mariko789 at 2012-02-18 13:58
★イヴォンヌさま

そちらはまだ冬ですね~~!!
こちらも明後日あたり寒く?なる予定。
やっぱり三寒四温なのかな~、それなりに♪
Commented by mariko789 at 2012-02-18 13:58
★鍵(02-17 23:57、02-18 00:00)さま

大変ですね・・・
本当に、コトが勃発するときは突然と思います。
転ばぬ先の杖を!!!
勃発しないよう陰ながらお祈りしております。
こちらだってそうなればどうなるか・・・。。
お互いに用心しましょう!
Commented by mariko789 at 2012-02-18 13:59
★麗門さま

菜の花忌の句に清き一票をありがとうございます!
私は「坂の上の雲」、好きですよ~。って実は他には読んでいないのです(汗
Commented by mariko789 at 2012-02-18 13:59
★メロンさま

そうです、あの一枚は会心のショットですよん!♪
写真は、殆どが偶然と思います。撮って撮ってとりまくることかな、
なんて!♪
Commented by mariko789 at 2012-02-18 13:59
★yutaさま

私も魚の名前、わかりません~~
タイで撮ったのですが、鯛ではなさそうです(>_<。\( ̄ヘ ̄)バシッ