always over the moon

シンクロ

幼いころは親友がいてね、
その親友とは姉同士も友達だったし家も近かったから、
歩き始めたころから遊ぶのはいつも彼女と一緒だったな。





f0053297_1152233.jpg


私は家庭の事情で引越ばかり。転校ばかり。
小学校だけでも七回転校したからなかなかクラスメートとは親しくなれなかったけれど、
幼馴染の彼女とは、字が書けるようになってからずっと文通していた。
小学校に上がる前からだったかも。
返事はすぐに来て、するとまたすぐに手紙を書いた。





f0053297_11593029.jpg


毎年夏休みは葉山にあった彼女のお兄さんの会社の寮で過ごした。
初恋の人とは、その葉山の寮で出会ったのでした。
私はまだ小学校の低学年で、彼はうんと年上だったけれど、、。。
はじめは彼女が彼を好きになって、私は彼女に影響されて、、。
(彼とのお付き合いはそれから十年も続いて、そして・・・THE END。)

     

      その人はむかし藍塵草(あいじんそう)の花に似て  よし

      雨寒に昔の恋や藍塵草       よし

      黄水仙愛して呉れた叔母の顔    よし

      料峭や思い出せぬは泣いた夢    よし

      魂の叫びに咲きし春の花      詩楽麿

      いにしえの友より便り来たりなば 
              春のうたた寝夢と知りぬる   詩楽麿

      友は皆遠くへ行きし春の空       麗門

      初めてのキスは江ノ島 栄螺(さざえ)の香   流星

      燃えさしの恋はそのまま雪割燈      流星

      なみだぐみ地下の茶房に春ショール     流星
    
      紙のカップの 検査になれて
          注いだビールの濃さを見る  (都々逸 by与太郎)

      縁が切れても そろそろいいわ 
             箪笥の中味もふえたゆえ (都々逸 by与太郎)

      寒い駅 昔別れた 娘を想う       銀河王子

      親友の言葉の定義考える
          まだ春浅い風の吹く午後       ちえ

 

  続きは 

 








f0053297_1242622.jpg


やがて大人になって、二人ともちょっぴり不幸な道を歩き始めた。
シンクロだったの。彼女と私は。
私が国際結婚をして海外のあちこちに転々と住むようになってからも、彼女は遥々訪ねてきてくれた。
そんな絆を切ったのは私。
なぜかと云うと、それは彼女のプライバシーでここに書くことはできません。
たぶん生きる水が違ってしまったのだ。
一緒に泳げなくなってしまったのだ。

そして今、私は一人。
近くに友達なんて一人もいない。
もしも写真や俳句をしていなかったら、、真実孤独かも。
日本語も忘れてしまうかも。





f0053297_1294354.jpg


だからもう少しこのままブログを続けます。
私なりに一生懸命撮った写真や俳句を、せめて誰かに見てほしいから。
そんなことでもしていないと・・・
時々自分が生きてるのか死んでるのか、わからなくなっちゃう。
[PR]
by mariko789 | 2012-02-10 12:19 | Nikon D80 | Trackback | Comments(60)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/17179155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ozouni3 at 2012-02-10 12:38
おはよう、マリコさん♪

文章がいいですね~。
いつの間にか、一緒になって考えています。

たくさんたくさん自分のこと見つめて生きて来たでしょう。
そして・・相手の気持ちになって考えられるようになったでしょう。
本当の意味で孤独ではない!

自分のこと好きになってあげなきゃダメだよ。
誰がいたわってあげられるの~。
そしてこそ、他人のことも想いやれる。

マリコさんは大丈夫。^_^
いつも誰かそばにいるよ~。
いろいろ話していて楽しいもん。
ねっ。

 な~ん
Commented by keymyall at 2012-02-10 13:19
なんか、、、、、悲しくなってきちゃった。
人間って、産まれる時も、死ぬ時も、一人なんだよね。
双子とか、三つ子は、また別かもしれないけれど、、、、、
家族がいても、孤独を味わっている人、、、、結構いるのかも。
marikoさん、、、、、、、
何かしてあげたいのに、、、、、、どうしていいか分からない。
いつも、引っ越しばかりで、お友達づきあいが出来るのかな??
なんて、思っていましたが、、、やっぱり、そうなっちゃうよね。
お友達、、、、、
きっと、marikoさんの心に傷をつけたのでしょう。。
想い出がいっぱいだったんだね。
だから、余計に辛い、、、、ね。
『孤独』 すっごく苦しくて、辛い、、、、
私は、子どもの頃に、味わったけど、あの時、何で、乗り越えられたんだろうか。
分からないけど、きっと、生きる事に一所懸命で、前しか向いていなかったからかも。
marikoさんも、前を向いてっ!
なんと言ったらわからない、、、、marikoさん、どうぞ元気を出して!
ココに来ているたくさんの人が、marikoさんの友達だし、応援してるよ。
みんなが見てるって言う事、、、、、忘れないでっ!
みんなが心配してるって言う事、、、、思い出してみて!
Commented by yoshiyoshi at 2012-02-10 15:28 x
その人はむかし藍塵草の花に似て     よし

これじゃあ、舟木一夫じゃがな。(笑)
Commented by hotate13 at 2012-02-10 15:39
コメント残さなくってもmarikoさんを いつも見てますョ~
Commented by tobo at 2012-02-10 16:30 x
こんにちは!

いま、人生の果てに立っている義母を見つめていると
ああ、人は何れは・・・必ず生涯を閉じることになる
なんてことを完璧に認識させられるね。
逆に気持ちが楽になるよ。
人は心の持ちようで悲観的になったり楽観的になった
りする。どうせ生涯に限界があるならば楽観的に生き
た方がいい。
三木清曰く「孤独は人中にあり」ですよ。
地球上で我独りかと思うときは周囲に嫌と言うほど人
が居る時に感じるものなんですね。

今日のキャプションと写真の配合は絶妙です。
俳句や写真で心情を吐くことは多くの友を呼び寄せる
ネット社会の効用。
大いにネットを活用しましょう~~~♪
Commented by たんと at 2012-02-10 16:54 x
昨日の「…ようするに日本語が好き、俳句が好きなのである。」のつぶやきが少し気になっていたのだけど、
今日のこの"告白?"を知って納得したような気がします。
これからの写真&俳句にますます磨きがかかってくること必定なり…♪
Commented by イヴォンヌ at 2012-02-10 19:35 x
こんばんはぁ~
何だか落ち込んでる?!

こうしてブログしてればたくさんと知り合って自分なりに活力をつけていかれるようになれますよ♪

私もいつも気にかけてますからね!
Commented by 詩楽麿 at 2012-02-11 00:12 x
Mariko 様

 幼い頃の友達、すなわち竹馬の友との想い出。大切ですよね。生きてきた証しでもあるからね。

 中学時代1年、生まれて初めてのデートは、平井駅前。彼女は、同じ演劇部の部員。授業が終る前に先方は、クラスの教室後ろドアから
こちらの授業が終るのを待っていた。そして、授業が終了すると共にクラスの男性部員と彼女と部室に行った。一年生なのにクラブの部長をしていた時のこと。

 そうした人々との交信も途絶え何十年。どうしているものやら。しかし、そうしたプロセスが人間の魂に磨きをかけてくれてきたのだと思い感謝しています。

 魂の 叫びに咲きし 春の花

 いにしえの 友より便り 来たりなば 春のうたた寝 夢と知りぬる 
Commented at 2012-02-11 08:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 鎌ちゃん at 2012-02-11 08:34 x
おはようございます。
目の具合で、長い文は敬遠したい私ですが、引き込まれてしまいました。
小学校だけでも七回転校ですか。
そんな時から、転々とされる生活を送られてきたのですね。
その分、失うことも多かったでしょうが、流星さんの豊かな感性は、そんな中で育まれてきたのでしょう。
初恋が小学校低学年だったのですか。
こうした経験から、流星さんの、あの艶っぽいお句が生まれてくるのですね。

>近くに友達なんて一人もいない。
でも、いまや、流星さんは、ブログ界のアイドルじゃないですか。
>私なりに一生懸命撮った写真や俳句を、せめて誰かに見てほしいから。
 そんなことでもしていないと・・・
 時々自分が生きてるのか死んでるのか、わからなくなっちゃう。
私も同じくです。
Commented by 麗門 at 2012-02-11 08:58 x
「ブログ界のアイドル」©鎌ちゃんさん  ブロドルですね。

友は皆遠くへ行きし春の空   麗門

Commented by メロン at 2012-02-11 09:25 x
Marikoさん、おはようございます^^

私も両親の都合で、引っ越し・転校メチャ多かったですよ(汗
都合というか、父親の勝手だったのですが。。
学校では友達が出来たと思ったらスグ転校(汗汗
おかげで、友達作りが滅茶下手です。

シンクロを表現したお写真ナイス~♪♪♪

こちらは余震は相変わらずです(汗
お天気は、晴れ続きですが乾燥注意報も相変わらず(汗
Commented by yuta at 2012-02-11 12:50 x
こんにちは
生きていると色々なことがあります
いいことばかりではありません
いいことなんてほんの少しあるでしょうか

marikoさんの心境と写真がぴったりです
俳句も楽しみにしてますよ^^
Commented by mariko789 at 2012-02-11 13:50
★ozouni3さま

ナーンさん、優しい言葉をありがとう!
他人のことも自分のことも思いやれるように。。そうですよね!
ブログやってて良かったです!
Commented by mariko789 at 2012-02-11 13:50
★kemyallさま

ごめんね、悲しい気持にさせちゃって!
keyさんもツライ時期が長かったものね。しかも多感な少女時代に。。
私は元気、大丈夫よん!
ただ・・・最近仲良しのブロガーさんが何人か休止状態になっていて、私もブログ止めようかと、、少し思っていたの。それだけだから、、ね!
Commented by mariko789 at 2012-02-11 13:50
★yoshiyoshiさま

>その人はむかし藍塵草の花に似て     よし

なんか綺麗な句ですね~♪
舟木一夫さん?懐メロに出てくる人だったかな~
いつもプレゼント句をありがとうございます!
Commented by mariko789 at 2012-02-11 13:51
★hotate13さま

ありがとうございます!
いつもhotateさんに見守られて果報者です♪
Commented by mariko789 at 2012-02-11 13:52
★toboさま

お義母さまのこと、、心が痛みます。どうかお大事にね。。

>地球上で我独りかと思うときは周囲に嫌と言うほど人
が居る時に感じるものなんですね。

それは正解と思います。詳細は省くけれど、真実をついていると思います。

>今日のキャプションと写真の配合は絶妙です。

本当は写真だけアップするつもりだったのに、付録になにげなく書き出したらこんなふうになってしまいました!(汗
Commented by mariko789 at 2012-02-11 13:52
★たんとさま

例のツブヤキは、ツイッタ仲間のAさんのツブヤキに対するリアクションだったのです。Aさんのツブヤキを読んでないと、唐突だったですよね!(汗)
磨き、かかるでしょうか~、疑問です~(大汗
Commented by mariko789 at 2012-02-11 13:52
★イヴォンヌさま

落ち込んでいるというより、親しいブログ仲間の何人かが休止状態になっていて、淋しかったの。
アクセスも滅茶落ちてるし、ブログを続ける意味ってあるのかな?って。
毎日何時間もかけてるし。。
でももう少し続けるね。ありがとう!
Commented by mariko789 at 2012-02-11 14:10
★詩楽麿さま

今まで詩楽麿さんから数多のコメントを頂いて来たけれど、今日のコメントは永久保存したいくらいです。
中学一年生の初デート、初々しい思い出ですね!

>そうしたプロセスが人間の魂に磨きをかけてくれてきたのだと思い感謝しています。

そして今、正義の味方になったのですね。

>魂の 叫びに咲きし 春の花

>いにしえの 友より便り 来たりなば 春のうたた寝 夢と知りぬる 

春の花の絶唱と、柔らかな春の夢の一首、ありがとうございます!
Commented by mariko789 at 2012-02-11 14:10
★鍵(02-11 08:12)さま

鍵さんのことですから、周りが放っておかないと思います。
大丈夫。
心の裡を明かして下さったコメント、とても嬉しかったです。
Commented by mariko789 at 2012-02-11 14:11
★鎌ちゃん

ジプシーそのものですよ~。生まれてから今に至るまで。
豊かな感性、、だといいのですが(汗
ブログ界のアイドルですって?誤解もいいところです!(大汗
鎌ちゃんも淋しがりんですよね、そうだと思っていましたよ~
Commented by mariko789 at 2012-02-11 14:11
★麗門さま

ブロドル、じゃないない、

>友は皆遠くへ行きし春の空   麗門

私の気持にぴったり!
写真をつけたくなっちゃいます!
Commented by mariko789 at 2012-02-11 14:11
★メロンさま

メロンちゃんも!(びっくり!
そうなのよね、やっとお友達になれた、、と思ったら転校の繰り返し。。
勉強も教科書が次々変わって難しかったでしょ。
私も友達つくるの苦手です、また共通点!
Commented by mariko789 at 2012-02-11 14:11
★yutaさま

>いいことなんてほんの少しあるでしょうか

同感です。悪いことのなかから、小さないいことを探さなくては。。
写真も見て下さり、ありがとうございます。
Commented by yotarouu at 2012-02-11 15:19
シンクロの写真上手いなぁ~(拍手)

紙のカップの 検査になれて
  注いだビールの 濃さを見る

縁が切れても そろそろいいわ 
   箪笥の中味も ふえたゆえ

写真とも、文章とも全然関係有りませんが・・・
Commented by イヴォンヌ at 2012-02-11 19:42 x
こんばんはぁ~

ブログ結構やめちゃう人もいますよ。でも最近、6年以上やってる方がたくさんいることを発見です。私も長いですが、最近しりあった人の中でも長く続けている人と最近になって知り合うんだから。

私の所に来てる人とかにも訪問してみて~新しい仲間作りもしようよ♪
Commented at 2012-02-11 20:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 詩楽麿 at 2012-02-11 21:05 x
Mariko 様

 お褒めのお言葉、痛み入ります。なんか嬉しくなってきて、再度投稿する事に。

 何故、そんな昔の話が脳裏に浮上したのか。それは、Mariko様の

叙事詩と言える二羽のアヒルちゃんの写真に添えられたあの文章なの

です。「全く何処まで文才が広がるのだろう!」と感じさせられ、心奪われ

て感涙に一晩眠れず布団が涙の中に浮かぶほどでしたからね。

 こうした試みは、写真俳句の世界から皆様を「写真叙事詩の世界」に

いざなうもの。素晴らしいです。今後とも磨きをかけて夜空の月さえも

泣きじゃくる様にしてください。楽しみに致しております。詩楽麿
Commented by ラーダ・ドゥーナ at 2012-02-12 00:06 x
インフルエンザから復活しました~


marikoさんの文章をしみじみと読みました。

私も転校が多かったです。小学校は2回、高校で1回。
marikoさんからしたら少ない方ですね~


今でも続いている友人なんて、数えるほどですよ~

大人になってからも手痛い別れをしたことがあります。
大人になってからの方がツライかな・・・
子どもの頃とかだったら、落ち込んでもまた誰かと仲良くなれたけど、大人になるとそもそも出会いも少ないしなぁ~


でも、その時は許せなかったし、その時に決断しなくてもいつか絶対縁は切れていたと思います。

それでも・・・と思って復活する縁もあるかもしれないけど・・・。


だけど、marikoさんのブロ友さんたちはとても素晴らしいコメントを寄せてくださっていますね。
皆さんの温かいコメントを読ませていただきました。

marikoさ~ん!こんなにもいいお仲間がいるじゃありませんか!

一人じゃないですよ~

どこにいたって作れる絆はあるんですね!
Commented by kingminoru at 2012-02-12 05:06
marikoさん>何もできませんが、励みになればよいです。でも、ぼくも仕事ばかりしていて、ときどき孤独を味わっています。
ブログつづけましょうね。
Commented by メロン at 2012-02-12 09:37 x
Marikoさん、おはようございます^^

そぉですよ~
私も数えきれないくらい引っ越しさせられました!!
子供の頃は住む場所がちょくちょく変わって、
何が何だか解りませんでしたが、
ものごころついた頃に引っ越しは父の勝手だという事が解りました。。
「父は引っ越しマニアだった」な~んて今だから笑い話になりますが、
もぉトラウマもいいところです。。
転校本当にイヤでした。。
状況は全然違うでしょうが、Marikoさんも私と同じ思いをしたのですね!
Commented by mariko789 at 2012-02-12 12:50
★yotarouuさま

写真にご注目、ありがとうね~♪

>紙のカップの 検査になれて
  注いだビールの 濃さを見る   与太郎

都々逸、きたー!
なんか妙に実感がこもってるぅぅ!

>縁が切れても そろそろいいわ 
   箪笥の中味も ふえたゆえ   与太郎

ドライな愛人さんのお言葉ですね♪旦那はぎゃふん!
粋な都々逸ふたつ、かたじけなくそうろう~♪
Commented by mariko789 at 2012-02-12 12:50
★イヴォンヌさま

平均ブログ寿命は半年って言うものね~
新しい仲間ね~・・・今の仲間の巡回だけでも手一杯だけど、、
考えてみますね~、ありがとう!♪
Commented by mariko789 at 2012-02-12 12:50
★鍵(02-11 20:09)さま

どもどもです♪(画像、削除しましたよん♪)
Commented by mariko789 at 2012-02-12 12:52
★詩楽麿さま

再びありがとうございます。
またまたの褒め殺しに、、バタッ}(;o){=<。この顔文字、私のオリジナルですが、いかが?(笑)
叙事詩なんて滅相もありませんが、また駄文を書きますね、
読んで下さり、ありがとうございます。
Commented by mariko789 at 2012-02-12 12:52
★ラーダ・ドゥーナさま

インフルエンザ治ったのですね、良かった!
ラーダさんも転校経験ありだったのですね。
同性のお友達って、もしかしたら老後になって凄く貴重かもと思う今日この頃。
でもほんと、心を許せるリアルのお友達って、なかなか作れるものではないですね。
私、ブログ仲間には本当に恵まれていると思います。
ありがたいことです!ラーダさんもありがとう!
Commented by mariko789 at 2012-02-12 12:54
★kingminoruさま

先生も以前、もう止めようかと書いてらして、
「止めないで」と私がコメントしたのですよね~
これでおあいこ!?✿
Commented by mariko789 at 2012-02-12 12:55
★メロンさま

お父様、引越マニアだったのですね!
私も、今、夫が転職&引越マニアですよ~
私はまだまだジプシーしてますが、
メロンちゃんは落ち着いているの?だといいな~
Commented at 2012-02-12 14:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimcafe at 2012-02-12 14:38
寒い駅 昔別れた 娘を想う 銀河王子
Commented by japair at 2012-02-12 18:40 x
こんにちは!
この年になるとなかなか・・・気の合う友人はできないですね~
私も20年も友人でいたのに付き合えなくなった人がいました。
私にとっては、とても影響力のある人だったけど・・・・ある言葉から・・・付き合えなくなってしまいました。

こちらでは女性の友達できるかな・・・・・・・?
文化や育ち方が違うのでなかなか無理かなと思う今日この頃です。
やはり時々、孤独を感じますよ~涙

好きなことがあるって大事ですね、俳句や写真、ブログを通してこんなに沢山の素敵なお仲間がいるのですから!
これからもブログを楽しみにしています~♪
Commented by イヴォンヌ at 2012-02-12 18:52 x
こんばんはぁ~
何だか花粉症にどっぷりな今日この頃です。浅草が日曜なのに、今日はすいてた。
観光客も寒いし、円高だし、少ないようでさえない日本になってます~!
Commented by 麗門 at 2012-02-12 19:02 x
三つの中では、「春ショール」の句が好きですね。
今日のこちらは強風で、春ショールどころか冬のマフラーが必需品。
ゲートブリッジへ行ってきたのですが、橋の上は風がすごかったです。
Commented by メロン at 2012-02-12 21:14 x
Marikoさん、こんばんは^^

私はすっかり落ち着いちゃってますよ!
引っ越しマニアのところは似なかったみたいです(汗
良かったですよ~(汗汗

中学2年位の時だったかな?
転校がもう嫌で嫌で、親類に相談したのです。
そうしたら親類宅で住まわせて貰えることになって、
高校・大学と無事に・・大学は色々あって中退しちゃいましたが(汗
社会にでてからは、ずっと一人暮らしで滅多に引っ越しはしないですね(汗

さすがに父ももうかなりの歳なので、
引っ越すパワーは無いみたいで落ち着いています(汗
Commented by chie365 at 2012-02-12 23:11
Marikoさん、こんばんは☆

Marikoさんの言葉に、ドキッ。
親友?今の私にそう呼べる人がいるかしら…
寂しいけど、大人になると、いろんなことが変わってしまうから、包み隠さず全てを話す人って、いないかもしれないなぁ。
でも、心友はいるから、それでいいと思っています。

親友の言葉の定義考える
まだ春浅い風の吹く午後     ちえ
Commented by ユッキー at 2012-02-13 07:25 x
ま。みんな、そんなものですよ。
大差は、ないです。
わたしも、同じ。
いまは、ひとり身。
(みたいな、もんです。)

なので。こうやって、まりこちゃんに、コメント、書けるのが、うれしいです♪

写真と、解説が、ぴったし、合ってる。ね。

また、いろいろ、写真、見せてくださいね。
楽しみに、してますんで。

今日から(13日)から1週間、チェンマイ、行きます。
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:18
★鍵(02-12 14:35)さま

あっはっは♪
アナタって本当に愉快な人ですねぇ!
お陰さまで明るい気分になれました!♪
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:18
★kimcafeさま

>寒い駅 昔別れた 娘を想う  銀河王子

青春18きっぷ、やっぱり青春を思い出させるのね。。
どんな娘サンと恋をしていたのやら、、思い出はみな美しい♡
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:19
★japairさま

>私にとっては、とても影響力のある人だったけど・・・・ある言葉から・・・付き合えなくなってしまいました。

そうなんですよね。決定的な言葉、致命傷になる言葉ってあると思う。
海外、とくに閉鎖的な中東に暮らしていて、孤独でない日本女性はあまりいないかも。。
趣味は大切ですよね。
japairさんの趣味のお話も聞かせて下さいね!♪
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:19
★イヴォンヌさま

もう花粉症?!お大事にね~!
すいてる浅草なんて淋しいよねぇ~
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:19
★麗門さま

春ショールの句に一票をありがとうございます!
まだまだ寒そうですね!
ゲートブリッジの麗門さんのお写真、見せていただくのが楽しみ♪
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:20
★メロンさま

優しい親類の方がいらしてラッキーでしたね!
そうか、、今もメロンちゃんは一人暮らしなのね。
ご両親には、美味しいものを頂いたりゴージャスなレストランでご馳走になったり、
いい関係になれて良かったです♪
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:27
★chie365さま

私も包み隠さず全てを話せる人って、一人もいませんよ~・・・
ちえさんには心の友、、
私にはブログの仲良しさんが何人かいるけれど、、
やっぱりメールとかコメントでは舌足らずになってしまう気がします。
オトナってそんなものかも知れないですね。
薄味の関係のほうが長続きする、大人になるとみんなそれに気づいてしまう。

>親友の言葉の定義考える
まだ春浅い風の吹く午後 ちえ

ちえさんからの一首、格別に嬉しいです!
Commented by mariko789 at 2012-02-13 13:28
★ユッキーさま

>(みたいな、もんです。)

さっぱりしててユッキーさんらしいなあ~♪
チェンマイで沢山楽しい経験をして綺麗な写真も山盛り撮ってきてね~♪
Commented by AL17 at 2012-02-14 19:23
mariko789ちゃ~ん あひるちゃんが余りにも
可愛くて こちらにおコメを入れさせて頂きました♪
何か目的を決めて そのレールに乗った人生を
歩んでみたいと 私も今後の自分の生き方を
見つめている所ですよ~

娘達にも 「母親としての生き様を軌跡として辿って
貰える様な><!」
漠然と歳を重ねて来ましたが ブログのみが今
私の唯一の足跡なのですね~(笑)

Commented by mariko789 at 2012-02-15 11:58
★AL17さま

あひるちゃんにご注目、ありがとうございます!

>何か目的を決めて そのレールに乗った人生を
歩んでみたいと 私も今後の自分の生き方を
見つめている所ですよ~

まさに。。
あきちゃんは、そのあふれる才能があるのですから!
テレビ出演、思い切ってなさってみては。
あるいは決定版のご本を出版なさるとか。
ブログも確かにいいですが、サーバが止めてしまったら、それでお仕舞ですし。
私はずっとあきちゃんのファンですよ♪
Commented at 2012-02-17 11:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2012-02-29 14:10
★鍵(02-17 11:35)さま

ごめんなさい!見逃していました!!

>でもうわべだけのコメントは書きたくなかったので

鍵さんらしい・・・誠実な鍵さん(感動)。。。

鍵さんにも同じような経験があるのですね。
人間、生きていれば・・・お墓の中までそっと持ってゆくことの
一つや二つはありますよねぇ・・・