always over the moon

小寒 :俳句



          小寒のホットケーキに蜜たらし  久遠 (旧:流星)
            (しょうかんの ほっとけーきに みつたらし)





  
f0053297_1220772.jpg



季語: 小寒(しょうかん) 【冬】 時候
(二十四節気の一つで一月五日ごろ。その日をさすと同時に、この日から十五日間をいう)角川季寄せ。


新春IT句会、『寒』の部の参加句です。開催して下さった事務局の皆さま、お世話様でした。
 ↓ 選んで下さった方々、ありがとうございました。とっても励みになりました。

特選:shanamama様
並選:きらり様、まろう様、雪うさぎ様、幻椏様

        

        狩の宿雪を背負いて犬帰る   よし

        下町は夜警に子供混じりをり  よし

        角巻の女の目尻濡れたまま    よし




実は、小寒から少しずれますが一月二十五日は「ホットケーキの日」です。
ちなみに一月六日は「ケーキの日」。
ホットケーキの日。寒い朝にはあったかいホットケーキでほっとしたい、判りますよね~
私が頂いたお店は、残念ながら撮影禁止なので、イメージ写真でアップです。
ホットケーキ、こちらではパンケーキというのですが、大好きです!♪
バターをぬって蜜(メープル・シロップ)をとろ~りとかけて!
あの蜜のとろ~り感を字面で表現したいと、そこにポイントを絞って詠んでみました♪

句会の三句連続アップで、皆さま食傷気味ですよね!(汗)
次回は、また趣の違う写真で、更新しますね~~♪

◎コメント欄、閉じてます。
 お話のある方、または「小寒」の句をプレゼントして下さる方は、下のコメント欄にお願い致します☆
[PR]
by mariko789 | 2012-01-20 12:36 | Nikon D80 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/17096197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]