always over the moon

青梅雨(あおつゆ) :俳句



  したためむ青梅雨の引く罫線に  流星
   (したためむ あおつゆのひく けいせんに)




f0053297_1735389.jpg

 季語: 青梅雨(あおつゆ) 【夏】 (若葉の頃に降り続く雨)
 古語: 認む(したたむ) ◎例句 (日の本へ遺書したためむ明治節 加藤郁句)
   
元句 
青梅雨がひく罫線に文(ふみ)を書く  流星(2008年06月18日)

この句は俳句を始めてちょうど一ヶ月め頃に詠んだ句です。
当時住んでいたチェンマイ(タイ)では毎日雨が降り続いていて、その実感は今も記憶に鮮明です。
雨の罫線に書き綴っていたのは、過去の人への文だったような・・・。

2008年6月18日、ブログにアップした日、俳句の先輩、人生の先輩、
ドロシーさま、 Nuts on さま、あかねさま、 めだかさま、 風のぶ子さま、 
道州さま、 鴎さま、 詩楽麿さまから、あたたかなコメントを頂きました。
本当にありがたいなぁ~と今さらながらしみじみ思います。
今回、散文調だった元句を、俳句らしく推敲してみました。
これからも時々、以前の句を推敲してみたいと思っています。


 ♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

  ありがとうございます! (敬称略)

 
 窓つたう したたる雨に 思ひこめ
      今日も濡れるは 乙女の頬は   yamaoji

 青梅雨や 蛙鳴きたる柳下       詩楽麿

 たちまちに 空を包みし 雨雲の
       流るる先も 青梅雨か   詩楽麿

 したためむ 白き画面に 梅雨の唄   kingminoru

 格子戸をひたすら叩く夏の雨      よし



 
[PR]
by mariko789 | 2011-05-25 07:31 | Nikon D80 | Trackback(1) | Comments(40)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/16024465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from cordon・・ノムリエ.. at 2011-05-26 12:54
タイトル : 【青春は関数よりも幾何が好き】
* NHK-BS 『カシャッと一句! フォト575(春編)』 で 放送 (お題:自由テーマ)   ≫番組HPの作品ギャラリー(5月25日)にも掲載中です♪ プレゼンは、書道家の 武田双雲 さん。 メルシ~♪ ... more
Commented by isao1977k at 2011-05-25 09:08
おはようございます(^-^)
こちらは午前9時になったところですよ。
今日は今週唯一の晴れ間とのこと、洗濯しまくりです。

地震も大分おさまりましたが、福島県、宮城県ではまだ
震度3の余震があります。
どうぞ「青梅雨」の間に少しでもおさまりますように…!
ポチッ!
Commented by keymyall at 2011-05-25 09:29
前の"句"を新しくする、、、、
衣替えみたいですね ^^)
だって、雰囲気や、受ける感じが違って見えるもの。
チョッとした事で、ずいぶん違うんですねーーー
Commented by イヴォンヌ at 2011-05-25 09:53 x
ステキな句と写真♪
雨って憂うつにもなりますが、自分の内面を見つめなおすいい機会にもなりますよね~

ところで、キムカフェさん主催の横浜「安楽園」って中華店が閉店になるらしく、29日の日曜日に最後の晩餐をするそうです。

ホントはペガサスさんも出席できればいいんだけど、それはムリ!なのでちょっと宣伝してくれますか?少しでもにぎやかになればいいかなと思うので。
すみませんが、よろしくお願いします。
Commented by メロン at 2011-05-25 10:13 x
Marikoさん、おはようございます^^

今日のお写真も個性的で素敵♪

皆さんからのコメント
嬉しいですね♪♪♪

今日はパスタですよ~

応援ポチッ☆
Commented by 桜姫 at 2011-05-25 10:28 x
 < したためむ青梅雨の引く罫線に

又もやエキゾティックなお船ですね♪
左側のは、江戸時代男女が、シンネコを楽しんだ
「屋根船」の様で、色気が有ります♪(爆)
因みに「屋形船」は今でもありますが、
何十人も乗れる大型船です!
地中海の豪華客船に、乗って見たいと憧れてますが
このお船にも憧れます♪ 恋文の君と共に♪(爆)
Commented by 鎌ちゃん at 2011-05-25 13:41 x
こんにちは。
「したためむ青梅雨の引く罫線に  流星」
昔の句を、こうして推敲しなおしてみるのも良いですね。
確かに、元句より、格調高くなっていると思います。
「青梅雨の引く罫線」・・・・
井上陽水の「心もよう」をイメージしました。
  ♪さみしさのつれづれに
   手紙をしたためています あなたに
   黒い インクが きれいでしょう
   青いびんせんが 悲しいでしょう
   あなたの笑い顔を
   不思議な ことに 今日は覚えていました
   十九になった お祝いに
   作った歌も忘れたのに
   ・・・・・・♪
お粗末でした(笑)
Commented by 楽子 at 2011-05-25 16:59 x
marikoちゃん、こんちゃ~

青梅雨・・・これも良い季語ですね♪

お写真も、特に左奥の船がかっこいい(笑)
私も、先日海の方まで行って来ましたよ~
生憎船はちょっと遠かったけど、
また、後日別館にアップしますね~

旧作を推敲すなり若葉雨  楽子

まんまなので、揚上しないでね~(爆)
Commented by tobo at 2011-05-25 17:32 x
こんにちは!
写真、なぜこうなるの???
編集ソフト使ってるの???
不思議でございまする???

*したためむ青梅雨の引く罫線に

元句より数段レベルが上がりましたね。
ある意味、韻律重視は重要作業です。
元句を音読しました。
推敲句も音読しました。
推敲句には弾むような跳ねっ返りがあります。
これが、とある感動を呼び起こします!
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:25
☆isao1977kさん

くーちゃん、お洗濯いっぱいできましたか~?
余震もまだまだ続いているみたいね。はやく収まってほしいよね!
青梅雨も見て下さり応援もありがとう~♪
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:27
☆keymyallさん

そうそう、俳句の衣替えです~
助詞一つでもずいぶん違ってしまうので、ひねっているうちに、なにがなんだか分からなくなってきます(笑
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:29
☆イヴォンヌさん

>雨って憂うつにもなりますが、自分の内面を見つめなおすいい機会にもなりますよね~

ピンポイントのコメント、有難うございます!
キムカフェさんの件、さっそく記事にしました♪
参加できず本当に残念です!(/_;)
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:31
☆メロンさん

お褒め頂き、応援も有難うございます!
コンソメ♪ ヾ(^▽^)ノ
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:34
☆桜姫さん

これタイの海ですよ~♪

>左側のは、江戸時代男女が、シンネコを楽しんだ「屋根船」の様で、色気が有ります♪(爆)

あ!本に出てきます!
しんねこ ほしい☆
猫じゃないって。。
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:38
☆鎌ちゃん

詠み初めし頃のものには、フレッシュな感覚のものがあるので、注目ですよ~。
「心もよう」大好きな歌です。CD持ってるし♪
鎌ちゃん、ぜひ舞台で歌ってください~~♪
歌詞を書いて下さり、嬉しいです!
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:41
☆楽子さん

こんちゃ~
お忙しいところ有難う~♪
左奥のしんねこ舟に一票、ありがとうございます!
楽子ちゃんの海の画像、愉しみにしています!

>旧作を推敲すなり若葉雨  楽子

わ! すんなり胸におさまるいい句で好きですが!♪
Commented by mariko789 at 2011-05-25 18:47
☆toboさん

写真ね、もともと青色っぽく撮れちゃってたの。どうしてかな~~?
その上、フォトスケープで色を弄っていたらこんな風に。もう一度やれと言われても二度とできない! (/_;)

>推敲句には弾むような跳ねっ返りがあります。

ああ! 良かった!!
実は3つくらい違う推敲バージョンを作ってあって(写真も)、皆様から不評だったら入れ替えようと思っていました。
それではこのままにします♪
Commented by yamaoji at 2011-05-25 20:17 x
したためむ・・・・これで女性っぽく・艶っぽい・句に感じさせるんですね。

窓つたう したたる雨に 思ひこめ
      今日も濡れるは 乙女の頬は、by yamaoji.
Commented by kimcafe at 2011-05-25 22:05
安楽園紹介記事ありがとうございます(^o^)丿

下の氷川丸の写真を見ていて思い出しました
この間、MXTV(東京のローカルTV)で横浜の紹介を延々と
やっていてそれが面白かったです
氷川丸には絹専用の荷物室があったとか、今のシルクセンター
のところにはジャーデン・マジソン商会があり英一番館と呼ばれ
ていたとか、なにせ横浜の貿易額の大半は絹だったそうです
横浜いいですよね(^^ゞ
Commented by 詩楽麿 at 2011-05-25 22:18 x
Mariko 様
うーん、過去の作品の推敲!見事なおとり組姿勢、頭が下がります。正に「温故知新」を地で行ってますね!
それに青梅雨は、単なる梅雨との課題に比べて、とても題材としての扱いが難しいものです。それを取り上げて、かつ過去の作品を推敲することは、大変大切な事ですよね。さらなる上に登られる近道 ですね。私もやってみよう!

青梅雨や 蛙鳴きたる柳下

たちまちに 空を包みし 雨雲の
流るる先も 青梅雨か
Commented by al17 at 2011-05-25 22:29
> したためむ青梅雨の引く罫線に

ブルーな大海原に浮かぶ ノスタルジックな帆船が
何とも情緒たっぷりでお句と絶妙にマッチングして
いますね~格調高くて素晴らしいです。

青梅雨・・・一人無になって物思うに 最適な季節かも?
こちらももうすぐ梅雨入りかな?良く長雨が来ますが
そろそろ 田んぼの蛙がうるさくなりそうですが 
梅雨空に しっとりと咲き誇る紫陽花が大好きです。
いちぼちぃ~ヾ(^▽^)ノ
Commented by kingminoru at 2011-05-26 04:01
今日の一句は。わたしのためにあるような……。

したためむ
白き画面に
梅雨の唄

marikoさん、あの舟の上で作ったのね。
Commented by yoshiyoshi at 2011-05-26 06:58 x
格子戸をひたすら叩く夏の雨     よし
Commented by 麗門 at 2011-05-26 07:50 x
たしかに元の句よりも格段によくなっていますね。
元句は単なる説明のよう。

万感の思いを込めて、文をしたためていたのでしょう。
思いの伝わる句です。

変わった形の舟が目を引きます。
Commented by タミリン at 2011-05-26 10:05 x
時間が止まってしまうような感じの色ですね~
異空間だわ~
Commented by メロンってどんな人? at 2011-05-26 10:37 x
Marikoさん、おはようございます^^

う~ん
何だかレベルのお高いブログですね~

私のような単細胞でもそう思います(汗

コンソメも少し入れるとパスタも美味しくなりますよ♪
入れすぎ注意(汗

ポチッ☆っと
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:31
☆yamaojiさん

>窓つたう したたる雨に 思ひこめ
      今日も濡れるは 乙女の頬は、by yamaoji.

清純な一首をたまわり、嬉しい~~♪
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:33
☆kimcafeさん

どういたしまして~♪
最後の大宴会、また様子を伝えて下さいね~
氷川丸、行くたびに撮ってしまいます!
横浜は絹の街だったのですね。興味深いコメント、たいへん嬉しいどす~♪
大宴会のお帰りには、中華街から港へ!
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:36
☆詩楽麿さん

詩楽麿さんも、数限りなく句や歌を詠んでいらっしゃいますね。ぜひ過去のものも推敲なさってみて下さいませ~♪

>青梅雨や 蛙鳴きたる柳下

銀座らしい一句を有難うございます!

>たちまちに 空を包みし 雨雲の
流るる先も 青梅雨か

最後の余韻がいいですね。今年は台風の当たり年にならないといいのですが・・・。
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:39
☆al17さん

句と画像に、嬉しいコメントを有難うございます!♪

>青梅雨・・・一人無になって物思うに 最適な季節かも?

そんな心の余裕が大切ですね!
梅雨空にアジサイ・・・ぜひ画像をアップなさって下さいね! 応援も嬉しいです♪
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:41
☆kingminoruさん

>したためむ
白き画面に
梅雨の唄

したためまくって下さいませ~! 沢山のファンのためにも!!!

>marikoさん、あの舟の上で作ったのね。

あはは♪ 小説家は想像力が逞しい~♪
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:43
☆yoshiyoshiさん

>格子戸をひたすら叩く夏の雨     よし

雨も格子戸の中の美女に会いたいのかも・・・?
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:45
☆麗門さん

進歩しましたか~、そう仰って頂くと励みになります。
タイの海辺、変わった小舟がありますよ~
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:46
☆タミリンさん

お久しぶりです!
詩的なコメント、嬉しいですヾ(^▽^)ノ
Commented by mariko789 at 2011-05-26 12:48
☆メロンってどんな人?さん

レベル、低いです~~(笑)
自慢じゃないですが、私のほうがメロンさんより単細胞です~
コンソメ、入れすぎ注意、了解! 応援もありがとうございます♪
Commented by 克佳 at 2011-05-26 13:02 x
marikoさん こんにちわ~

この写真の雰囲気、そして一句・・いいですね~好き♪

ワタクシ自身の(最近の)お気に入りフォト575作品と
心情的にリンクする部分があるような気がしたので
TBさせていただいました♪
Commented by mariko789 at 2011-05-26 14:35
☆克佳さん

>好き♪

そんなぁ~~~(テレ

>この写真の雰囲気、そして一句・・いいですね

そういうことでしたね(笑)

素敵な青春のフォト575にTBありがとうございます~~♪
るんるん~~♪ 
Commented by ひよどり at 2011-05-26 18:46 x
 青梅雨が引く罫線に文を書く  文雀

私はこの句がとても好きです。
思いを降る雨に寄せて、何を思っているのでしょうか。
とても素直な表白にが好きです。
Commented by mariko789 at 2011-05-26 23:43
☆ひよどりさん

オリジナルの旧句に一票を有難うございます。
『俳句は、子どもにも詠めて易しく、大人にも詠めて難しい』
と言われていますね~。ときに子どものように素直な表現がストレートに句意を伝えると思います。

で・・・私の俳号は「流星」で、「文雀」さんではありません。過去も未来も、文雀という俳号は、ありえないですよ~~
Commented by ひよどり at 2011-05-27 07:40 x
これなまた、大変なご無礼を仕りました。
爺としたことが、女人の名前を違えるなど、もってのほか。
血迷ったうえの妄想と思し召し、ご寛容下さりませ。
Commented by mariko789 at 2011-05-27 09:42
☆ひよどりさん

ご丁寧に有難うございます!
大丈夫ですよ~、怒ってませんよ~
ただなぜ「文雀」?と不思議で~♪