always over the moon

高浜虚子の破調の句

わたくし、俳句もどきを詠み始めて丸3年経ちました。
最初の頃は季語も知らず、575と指を折って詠んでいました。
それから、いろいろ専門用語やルールも覚え始め、いつしか・・・・・
小さくまとまった句に偏ってきて、マンネリになってしまった気がします。

俳句の先人たちはマンネリにならなかったのでしょうか。
最近読んだ、「虚子百句」(小西昭夫 著  創風社出版)から、
高浜虚子の破調の句ばかり抜粋してみました。
そうか・・・規則に縛られていないで、もっと自由に詠んでいいのですよね、俳句って。
(これらの句は、私が好きな句というわけではありませんが・・・。)


 <高浜虚子の破調の句>

しぐれんとして日晴れ庭に鵙来鳴く  虚子
(しぐれんとしてひはれにわにもずきなく) 18文字

怒涛岩を噛む我を神かと朧の夜  虚子
(どとういわをかむ われをかみかとおぼろのよ) 25文字

と言ひて鼻かむ僧の夜寒かな  虚子
(といいてはなかむそうのよさむかな)  16文字

凡そ天下に去来程の小さき墓に参りけり  虚子
(およそてんかにきょらいほどのちいさきはかにまいりけり) 25文字

蛇逃げて我を見し眼の草に残る  虚子
(へびにげてわれをみしめのくさにのこる) 18文字

天の川のもとに天智天皇と虚子と  虚子
(あまのかわのもとにてんじてんのうときょしと) 20文字

鴨の中の一つの鴨を見てゐたり  虚子
(かものなかのひとつのかもをみていたり)   18文字

地球一万余回転冬日にこにこ  虚子
(ちきゅういちまんよかいてん ふゆびにこにこ) 19文字

元日の門を出づれば七人の敵  虚子
(がんじつのもんをいづればななにんのてき) 19文字

  
◎コメント欄は閉じております。お話のある方は下の記事のコメント欄へお願いします。
[PR]
by mariko789 | 2011-05-10 13:12 | no-photo | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/15947602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]