always over the moon

シャワー  :俳句


シャワー浴ぶ吾は羊水を受く胎児   久遠 (旧:流星)
(しゃわーあぶ あはようすいを うくたいじ)


 季語: シャワー  【夏  ・生活】


    不可思議な(温)水の再生力
    それは胎児のころの記憶を呼び覚ますのかもしれない
      リフレッシュ  身も心も・・・・

                                      
 ☆ 画像は とし坊さま より未公開のものをお借りしました♪


f0053297_947455.jpg
                                      
                                       

     ******************************************

        ありがとうございます☆(敬称略)

                                       
   人として 偉大なる母親(はは) 子を宿す    yamaoji

   ガス代が払えず水のシャワーかな      よし 

   一滴の 雫が群れる 大河かな  くーぱー

   砂漠行く 旅人守る つゆ一滴   詩楽麿

   望めども 得られぬ星を 見詰めつつ 夜露手に乗せ 映りしままよ  詩楽麿


   シャワー浴ぶ吾は羊水を受く胎児 (流星)
            夢か現か ゆらりゆらゆら    漫歩



~~~~~~~~~~皆さまから頂いたコメントです~~~~~~~~




投稿者:漫歩 投稿日時:2010年06月06日
> しゃわーあぶ あはようすいを うくたいじ <  流星
< ゆめかうつつか ゆらりゆらゆら >       漫歩

余程の心地よい感覚が残っていて、
その胎内体験がシャワーの度に蘇る。
お母さまの深い愛情のしるしとして刻まれているからでしょうね。



投稿者:流星 投稿日時:2010年06月06日
**漫歩さま

たいへんコメントしづらい投稿に、一番コメントをありがとうございます!(^人^)感謝っっ♪
理屈ではなく、なんとな~く感覚で分かっていただけると嬉しいわ~、みたいな句です
(画像をお借りした、とし坊さまには申し訳ないのですが!)

>> しゃわーあぶ あはようすいを うくたいじ <  流星
<< ゆめかうつつか ゆらりゆらゆら >       漫歩

なんと、素敵な脇句まで付けていただき、、うるうる・・・
私、お風呂やシャワー、プールが異常に好きなのです、

>お母さまの深い愛情のしるしとして刻まれているからでしょうね。

そうだったんだ~~(すっごく納得です☆ ありがとうございます!



投稿者:yamaoji (-o-) 投稿日時:2010年06月06日
ほんと、お母さんのお腹の中にいるときは、羊水の中、で、生まれると・・・いくら聞いても画像を見させれもらっても理解しがたい。
今、犬印の妊婦帯 しないんですってね、子供のころ、近くの神社に行って、近所で産み月の妊婦さんの為に、安産祈願のお守りを買いに行ったこと、覚えてますよ。
人として 偉大なる母親(はは) 子を宿す、by yamaoji
女性は、基本的に男より優れています、いくつになっても、女性に感謝を持って生きていたいです。
自分で言うのもしゃくですが、いつまでも幼児性が残るのは、男です、申し訳ありません。



投稿者:楽子 投稿日時:2010年06月06日
流星さん、こんにちは~

おぉ~
とし坊親分との、コラボですね~

露を羊水とは、流石です!

流星ワールド炸裂ですね(^_-)-☆

海にぷかぷか浮いていると、
とても心地よいですね~
10年ほど泳いでませんが(爆)



投稿者:とし坊 (-o-) 投稿日時:2010年06月06日
こんにちは!

「写真俳句」の世界では
・写真を説明する句
・句を説明する写真
という正反対の二極現象にどっぷり浸かっていますね。

写真家の岡井耀毅さんが代表を務める写俳雑誌「一滴(しずく)」で
「今後の『写俳』は俳句と写真を付かず離れずの二物とすべし」と論
じておられました。

岡井さんの趣旨からいくと、今日の写俳は「付かず離れず」で申し分
ないのではないでしょうか!?

>シャワー浴ぶ吾は羊水を受く胎児
「羊水」は「井上陽水」とは関係ナシ!?????
女性独特の第六感でしょうか。奇妙であると同時に本能の存在を意識
しますね。



投稿者:yoshiyoshi 投稿日時:2010年06月06日
ガス代が払えず水のシャワーかな      よし

なぁに冬が来るまでに払えばいいさ、(笑)



投稿者:句童 投稿日時:2010年06月06日
シャワー浴ぶ吾は羊水を受く胎児    流星

流星さんは個性的で斬新な句を詠まれますね!
私には詠めないけど、感じは分ります。
いいですね。
流星さんの写真拝見いたしましたよ(ご自身ですよね)
理知的な才媛とお見受けしました。



投稿者:流星 投稿日時:2010年06月06日
**yamaojiさま

私も胎児から赤ちゃんへ~というの頭では理解できても、やっぱり不思議だな~と思います!

>人として 偉大なる母親(はは) 子を宿す、by yamaoji

母性は偉大ですよねぇ。。
yamaojiさんって、すご~いフェミニスト♪ 奥様はお幸せですねぇ(夢見る瞳~

.
**楽子さま

は~い、またまた絵をお借りしました~♪
私、露ものは巧く撮れた記憶がないです。
海にぷかぷかは最高です! 10年泳いでないですか~? ではこんどご一緒にプールに行きましょう♪

.
**とし坊さま

>写俳雑誌「一滴(しずく)」

こんど日本へ帰りましたら、ぜひ一冊買ってきます☆
とし坊せんせから、「申し分ない」と、お墨つきを頂き、ほっとしました!
井上陽水、大好きです~(関係ない?

>女性独特の第六感でしょうか。奇妙であると同時に本能の存在を意識しますね

すっごく嬉しいお言葉です!(ズバリ、句意です!)
「シャワー浴ぶ」では、櫂未知子さんの素晴らしい句が2つ(私が知っているだけでも)あり、
まったく違う視点というと、、こんなふうになったのです。

.
**yoshiyoshiさま

>ガス代が払えず水のシャワーかな      よし

え?(笑)
うちはガスがなくて全部電気なんですけど、越してきてから一度も電気代を払ってないんです
「請求書を送ってほしい」と、なんど家主に請求してもナシのつぶて。請求書ほしいー!!

.
**句童さま

個性的で斬新と仰って頂き、とっても嬉しいです♪
例の写真ですが・・・「あまりに変装している」と、友人から抗議のメルが入りました~
理知的な才媛というより・・菜園が似合うおばさんです、はい。



投稿者:鎌ちゃん (-o-) 投稿日時:2010年06月06日
今晩は。
「シャワー浴ぶ吾は羊水を受く胎児    流星」
シャワー浴びる心地よさ、きっと母の羊水に抱かれた心地になられたのでしょうね。
それにしても、この写真から、「羊水」が浮かんでくるなんて、さすが女性というべきかな。
いやいや、女性でも、なかなかこの境地には至らないでしょう。
とどまる所を知らない、流星さんの感性の広がり、柔軟さ、敬服するばかりです。



投稿者:ぼたん 投稿日時:2010年06月06日
こんばんわ
神秘的な題材ですね・・ 私・・仮死でした・・1時間半くらい、振り回されたり・・
たたかれたり・・ で、この世へ帰って来たそうです。
生き返ってよかったぁ~~と、何十年も思っています(はい)



投稿者:kupoa_kupa_5i7i (-o-) 投稿日時:2010年06月06日
こんにちは。
奥が深い俳句ですね^^
一粒の雫から世界を広げる・・まさにこれ、醍醐味っすね

一滴の 雫が群れる 大河かな

なぁっちゃって・・・
雪のひとひらという本がありまして、それが
空から降ってくる雪が、大地について、雪だるまになったり
春に溶けて水になり、あ、ここで結婚だったかな・・子供が
生まれ、海へ出て、水蒸気となってまた空に帰ってゆく・・
たしか、そんな物語だった・・ような^^ 
そんなことが、廻っての、一句でした。
群れる:は、もっと良い語句がありそうな・・・
またも、OJISANのつぶつぶでありました。

オアシスも一滴の水の集まり・・大切な水、一滴の柔軟な結束っすね♪



投稿者:al17 (-o-) 投稿日時:2010年06月06日
>「シャワー浴ぶ吾は羊水を受く胎児    流星」

お写真も句も 大変素晴らしく神秘的で感動です。

» 返信
投稿者:sakurahime 投稿日時:2010年06月07日
昨日は出掛けていて、遅参しました!

 < シャワー浴ぶ吾は羊水を受く胎児

とし坊のお写真も素敵ですが♪
流星さまの感性に脱帽!♪ 素晴らしい♪

とし坊の仰る様に「俳画」では許されない事が
「写俳」では、当たり前・・・
今日の「さ」もどっぷり、写真の説明です!(汗・爆)



投稿者:流星 投稿日時:2010年06月07日
**鎌ちゃんさま

あの~~~
せっかくお褒め頂いて・・告白するのはなんなのですが~~
この句は、先にできていたのです
で、とし坊さまの絵をお借りしました(ゴメンナサイ!
私の感性は未完成です、もう少しなんとかしたいです(汗

**ぼたんさま

ぼたんさんも!
私はひどい未熟児で、生まれたとき10日ともつまいと言われたそうですが・・
今でも生息しています~
ぼたんさん、生き返って良かったです、こうしてお友達になれたし、私も嬉しい♪

**kupoa_kupa_5i7iさま

お忙しいところ、コメントまで頂き恐縮です!

>一滴の 雫が群れる 大河かな  くーぱー

「群れる」が個性的で素晴らしいと思います!!
雪の生涯の物語・・・なんかこう・・・深い示唆を感じます
生き物はみなそのように流転していずれ昇天す。。

**al17さま

>お写真も句も 大変素晴らしく神秘的で感動です。

端的で素敵なお褒めのお言葉、励みになります☆
(ご多忙なのに・・・コメントまでも、ありがとうございます!)

**sakurahimeさま

お出かけ、いいな~~♪
未完成の感性を褒めて頂き、嬉恥ずかしいで~す(汗
俳画と写俳は違うのですね~
でも、日記としての写俳は、写真説明で正解と思います♪



投稿者:詩楽麿 (-o-) 投稿日時:2010年06月07日
流星 様
益々磨かれる感性の豊さが作品を完成するたびに見えない人々から歓声があがりますよ。一粒の水滴から羊水さらに胎児へと思考展開がそれこそ、管制された頭脳に脱帽。閑静な住宅街での一時を感じます。

砂漠行く 旅人守る つゆ一滴

望めども 得られぬ星を 見詰めつつ 夜露手に乗せ 映りしままよ



投稿者:流星 投稿日時:2010年06月08日
**詩楽麿さま

感性、完成、歓声、管制、閑静・・・
そのダジャレいっぱいのお褒めの言葉が、陥穽になりそうな~~(てなこと言われて、その気になって~♪

>砂漠行く 旅人守る つゆ一滴   詩楽麿

オアシスですね~~。もしかして(もしかしなくても)あちらの投稿も見て下さってるのですね?

>望めども 得られぬ星を 見詰めつつ 夜露手に乗せ 映りしままよ  詩楽麿

ロマンティックな短歌ですね~~。素敵な一句一首をありがとうございます★
[PR]
by mariko789 | 2010-06-06 09:43 | collaboration | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/13973763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。