always over the moon

夏蝶(1) :俳句

 夏の蝶けむりのごとく縺れあい    流星
(なつのちょう けむりのごとく もつれあい)

  季語: 夏の蝶       【夏】  動物






f0053297_10375031.jpg


 
                                

 *********************************************************

           ありがとうございます☆(敬称略)

                                   

    舞台立ち 羽衣乱れる 夜のてふ         yamaoji

    一瞬(ひととき)を 惜しむが如き 夏の蝶      yamaoji

    夏蝶の葉陰花陰潜みをり              ルフレ

    野に戯む 蚊柱ならず 蝶柱               詩楽麿

    蝶に乗せ 遥か彼方の 恋人に 心捧げし       詩楽麿

    ままごとのミヨコは優し灸花(やいとばな)      よし

 

~~~~~~~~皆さまから頂いたコメントです~~~~~~~~~


投稿者:市堀玉宗 (-o-) 投稿日時:2010年05月20日
煙りの如く、とは言い得て妙ですね。素晴らしいです。合掌

» 返信
投稿者:yamaoji (-o-) 投稿日時:2010年05月20日
舞台立ち 羽衣乱れる 夜のてふ、by yamaoji
一瞬(ひととき)を 惜しむが如き 夏の蝶、by yamaoji
蝶って以外に派手に見られがちですが、ほんとは質素で限りある命を削って、子を残すんです。 

» 返信
投稿者:ぼたん 投稿日時:2010年05月20日
こんにちわ
この蝶歯とても綺麗な色ですね。
やはり所が変わると色々な色の蝶がいるのですね。
流星さんが、少し照れていらしゃるのがとても初々しいですね・・・

» 返信
投稿者:漫歩 投稿日時:2010年05月20日
> 夏の蝶けむりのごとく縺れあい <

司馬遼太郎が文壇に出てきた頃の忍者小説で、
忍者同士の濡れ場の表現がこんな具合でしたね。
忍者でなくてもかくありたい。(笑)   

» 返信
投稿者:ルフレママ 投稿日時:2010年05月20日
こんにちは。
蝶の恋の営み、、パパラッチしちゃいましたね♪
色鮮やかな蝶に私も縺れてみたいです。
「あれ~! 蝶が~!」 「あそこにも蝶が~~!」
危ない人じゃないですよ。

夏蝶の葉陰花陰潜みをり   ルフレ

» 返信
投稿者:鎌ちゃん (-o-) 投稿日時:2010年05月20日
こんにちは。
「夏の蝶けむりのごとく縺れあい    流星」
拙句のご紹介有難うございます。
私も、何かの宴会で、好きな彼女と示し合わせて
煙の如くドロンした経験がありますが、
もつれ合いはなかったな~~(笑)
飛びながら縺れあい、愛し合うのですから、蝶は器用です。
それにしても、すごい写真ですね。
合成?CG?・・・・実写だったらすご過ぎる!!

↓「青空へ梯子をかけるなら五月     流星」
最近、季語を入れるのに苦労する場合が多いんですが、
これなんかすっきりですね。
その通り!!という一句です。
私の、「ロボットの舌はもつれず汗もせず」は、
無理やり入れた感が強いでしょう?

» 返信
投稿者:流星 投稿日時:2010年05月20日
**市堀玉宗さま

お忙しいところ、ご訪問いただき、恐縮です!
この「煙」は、お察しのとおり、お線香とか煙草のゆらゆら~~とした煙です、
イメージが分かって頂けて、とっても嬉しいです♪


**yamaojiさま

蝶々は派手に見えても、命を削って子孫を残す・・・本当にそうなのですね、
さすがyamaojiさん、お優しいお言葉です

>舞台立ち 羽衣乱れる 夜のてふ、by yamaoji
>一瞬(ひととき)を 惜しむが如き 夏の蝶、by yamaoji

あのぉ・・・私の句が見劣りしちゃうんですけどぉぉ(汗


**ぼたんさま

この蝶は、去年シンガポールの蝶園で撮りました~
揚羽の一種だと思うのですが・・・
仲良しさんを、隠し撮りさせて頂きました(テレ!


**漫歩さま

司馬遼太郎さんの忍者小説は、読んだことありません、ぜひ読んでみたいです♪
とくに忍者同士の濡れ場・・・読みたいx100


**ルフレママさま

蝶々のパパラッチ、訴えられなくて良かったです~♪
撮ったのは蝶園で、もういっぱいいました、それこそ、あっちにもこっちにも!

>夏蝶の葉陰花陰潜みをり   ルフレ

わーお・・・潜みをり、、まさにまさに♪ さすがさすがの句を頂き、うれしいです☆


**鎌ちゃんさま

>好きな彼女と示し合わせて煙の如くドロンした経験がありますが

わ、今だから言える・・の衝撃の告白ですね☆
もつれあわなくてザンネン・・もとい、良かったですね~
この画像は、合成でもCGでもないですよ~~
そんな高級なソフトは、貧乏な私には買えませんもの
実写ですが、色を濃くして、ブルームをかけています~♪

「青空へ」の句は、今月が終る前に、「五月」を入れた句をと思いまして。
鎌ちゃんの、「ロボットの舌はもつれず汗もせず」、汗が夏の季語で、
うまく詠み込まれていると感心しておりました、無理矢理なんて感じませんよ~(きっぱり

» 返信
投稿者:詩楽麿 (-o-) 投稿日時:2010年05月20日
流星 様
いつもいつも奇想天外な視点からの俳句の題材、見事としか言えません。まして、蝶の群れを煙として比喩するセンスには、天性の才能を感じます。

野に戯む 蚊柱ならず 蝶柱

蝶に乗せ 遥か彼方の 恋人に 心捧げし

» 返信
投稿者:sakurahime 投稿日時:2010年05月20日
 < 夏の蝶けむりのごとく縺れあい 

恋する女としては、やはり此方を頂きます(爆)
なんて綺麗な色の蝶でしょう♪
数年前シンガポールの植物園で綺麗な蝶を見ました♪
確か、ヨン様の名前が付いた「蘭」もありました!
因みに私はヨン様好みで無く、イ・ビョンホン
の方が好きです♪(爆)

» 返信
投稿者:遊子 投稿日時:2010年05月20日
この「梯子を掛ける」、最近気の効いたコメントとして記憶にありました。
お写真がエキゾティックで明るくて少し傾いた感じがユニークで、忘れられない一枚になりそう。
この色使いはすっかり流星風として定着しましたね。

青空へ梯子をかけるなら五月     流星

句またがりが不思議な律動で、すっきりと説得力があり
幸せ感、期待感がふくらみ、ジャックになったように上に上に登って行きたいね。

夏の蝶けむりのごとく縺れあい    流星

二頭の夏の蝶、煙のようにゆらゆらと縺れる様、
不思議なまるで高名な画家のような絵と相まって、魅惑的です。
今日は、勿体ない程良い作品を二個も、大好調ですね!このままこのまま・・・

» 返信
投稿者:流星 投稿日時:2010年05月20日
**詩楽麿さま

過分なお褒めの言葉、恐縮です!
お線香とか、煙草の煙、紫煙ですが、あのゆらゆらと螺旋形を巻きながら上がる様子は、蝶とそっくりです、
つまり、写生句ですよ~~

>野に戯む 蚊柱ならず 蝶柱    詩楽麿
>蝶に乗せ 遥か彼方の 恋人に 心捧げし    詩楽麿

蚊柱ならず蝶柱・・・想像すると、幻想的なような怖いような?
恋愛歌はもう熟練ですね~~♪ 私も練習しなくちゃ(汗


**sakurahimeさま

やっぱり、姫様はこちらですね~☆
あのー、私がこの写真を撮ったのもシンガポールの植物園の中の蝶園ですよ~
同じところですよ~~!!
そうそう、蘭もありましたね、イ・ビョンホンさま??(あとで検索してみます♪


**遊子さま

>この「梯子を掛ける」、最近気の効いたコメントとして記憶にありました。

え~~~!?(びっくり
私は2週間ほど前、近くの博物館でこの梯子の写真を撮ったのですが、撮りながら思わず、
「青空へ梯子をかけてるんだー」と独り言を。。それを句にしたのです(イイカゲン!
絶対に、コメントの方の真似ではないですよ~、信じてくださいね、
オリジナリティで勝負している私です~~♪
でも気になっちゃいます、遊子さんのところのコメントですか? あとで探しに行きますね~

お忙しいところ2句とも、丁寧に見てくださり、ありがとうございます☆

» 返信
投稿者:幢舟 投稿日時:2010年05月20日
流星さん、こんばんは。

リンクしていただいたこちらへコメントさせていただきます。

夏の蝶けむりのごとく縺れあい 流星

恋人の縺れ合う姿は、まさに煙のごとし! 

縺れ合いつつ奈落に落ちて行かぬ事を、切に願います♪

» 返信
投稿者:遊子 投稿日時:2010年05月21日
>>この「梯子を掛ける」、最近気の効いたコメントとして記憶にありました。
<あっ、ごめん!遊子の勘違いだったかもしれない。
無責任なこと言ってしまったね、失礼しました。

>撮りながら思わず、
「青空へ梯子をかけてるんだー」と独り言を。。それを句にしたのです
<あっ、そうそう、そんなこと良くあるね。
そういう風にして出来た句は、推敲する必要も無かったりしてさらっと気持ちが出ているよね。
授かるっていう句、遊子も時々、ほんの時々あるよ。
そんなことばっかりだと俳句も楽しいんだけどね。

» 返信
投稿者:流星 投稿日時:2010年05月21日
**幢舟さま

いつもお世話になっております~♪

>縺れ合いつつ奈落に落ちて行かぬ事を、切に願います♪

私は、奈落に落ちてもいいなぁ~~(え?


**遊子さま

再びありがとうございます☆
あ~~、よかった、すっきりしました~♪
そうそう、レスとレスの間に「.」を入れる方法、真似させて頂きました☆

>授かるっていう句、遊子も時々、ほんの時々あるよ。

そうそう、私もほんの時々・・です
推敲に推敲を重ねるのは、句より苦に(涙
あ、家人が起きてきました、では、また☆

» 返信
投稿者:yoshiyoshi 投稿日時:2010年05月21日
ままごとのミヨコは優し灸花(やいとばな)      よし

屁糞葛とも云う強烈に臭い花
私は子供の頃からきっと病人くさかったんやねぇ、(笑)
↓下の認証の為の番号が、4c4c(よしよし)だってさぁ。

» 返信
投稿者:流星 投稿日時:2010年05月22日
**yoshiyoshiさま

>ままごとのミヨコは優し灸花(やいとばな)      よし

>屁糞葛とも云う強烈に臭い花
他の方の写俳で、見たことがあります、可愛いお花なのに、ひどいネーミングされちゃって!
ままごとのミヨコちゃん、きっと誰にでも分け隔てなく優しかったのですね、ではなく、裏の意味がありそう・・・
子供の頃、病気臭かったのは私ですよ~~、もしかしてよしさんも虚弱でした?
認証番号が4c4c、ありえなーい!(笑
[PR]
by mariko789 | 2010-05-21 10:34 | Nikon D80 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/13800520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ノムリエphoto575 at 2010-05-25 17:18
タイトル : 【運命に逆らって】
[ ふかおいは きんもつだった なつのちょう ]  ・・小細工あり(笑) ... more