always over the moon

五月  :俳句

青空へ梯子をかけるなら五月     流星
 (あおぞらへ はしごをかける ならごがつ)


                                   
   季語: 五月    【夏】 時候



f0053297_1161850.jpg


                                   

   ********************************************

      ありがとうございます☆(敬称略)

                                   

澄みきった 青空仰げば 五月(さつき)晴れ     yamaoji

鳥舞いて 蒼に溶け込む 五月晴れ           詩楽麿

手を伸ばし 青空掴み 戯る子ら             詩楽麿

タンポポの 蕾抱きつ 風に揺れ 野に咲く時ぞ 来夏を語る    詩楽麿

蕺草や闇に潜めば美しく    よし


     青空へ梯子をかけるなら五月   (流星)
            地獄道行そりゃ梅雨の傘    よし





★ 青空に梯子をかけて  を待つ  流星




~~~~~~~皆さまから頂いたコメントです~~~~~~~~~

投稿者:漫歩 投稿日時:2010年05月20日
明快な説得力あるご宣託、同感です。
今日の流星さんはすこぶるご機嫌なのでしょう。

↓ ドバイの大浴場で贅沢な湯浴みをしている気分でした。
 日本で言えば、三保の松原に富士のお山の定番を眺めて一番風呂。



投稿者:とし坊 (-o-) 投稿日時:2010年05月20日
こんにちは!

とし坊は断然この「青空へ」ですね。

>青空へ梯子をかけるなら五月

「青空へ梯子をかける」という発想はあるにはありますが
「かけるなら五月」という断定が心地いいのです。

この句に写真は不要~~~というよりあっても無くてもいい。
(句の邪魔をしない写真がいい)

陰鬱より爽快
陰気より快活
がポエジーの昂揚を呼び込みます。
また、難しい思わせぶりな”ことば”を使用していないところに
注目・・・といったところでしょうか。

たかが17音の俳句で、人生を詠いあげるのは難しいですね。
でも、この一句には作者の存在感があります。



投稿者:流星 投稿日時:2010年05月20日
**漫歩さま

共感して頂き、嬉しいです☆
今日の私は、じつは・・・少し風邪気味なのですが~~(クシュン!
ドバイの大浴場より、静岡の温泉に入りたい!!
二つもいっぺんにコメントを頂き、ありがとうございます♪

**とし坊さま

こちらに一票、ありがとうございます☆
私は変化球が多いので、たまに直球を投げたくなりました~
写真ですが・・・私はできれば本格的に俳句をしたいので、絵がなくても分かる句を目指しています~

>陰鬱より爽快
>陰気より快活

私には、難しいです!  ガンバリマス☆

>また、難しい思わせぶりな”ことば”を使用しない 

以前お世話になった俳句教室の先生も、そう仰っていましたが、
なまじ純文学を少々齧ってしまった私には、難しい注文です
この句は、実は私も気に入っていますので、評価いただき、嬉しいです♪



投稿者:yamaoji (-o-) 投稿日時:2010年05月20日
あえて、五月(ごがつ)・・・さつきは女性っぽく使いやすいのに、粋ですね!
澄みきった 青空仰げば 五月(さつき)晴れ、 by yamaoji
五月(ごがつ)、ボキャブラリーの少ないyamaojiには、まだ使いづらく・難しいです。



投稿者:詩楽麿 (-o-) 投稿日時:2010年05月20日
流星 様
見事に五月晴れを俳句で表現されましたね。突き抜ける様な青空が瞼に浮かびます。ちなみに東京は梅雨空。

鳥舞いて 蒼に溶け込む 五月晴れ 【写生句】

手を伸ばし 青空掴み 戯る子ら

タンポポの 蕾抱きつ 風に揺れ 野に咲く時ぞ 来夏を語る



投稿者:楽子 投稿日時:2010年05月20日
流星さん、こんばんは~

私は、断然こちらが好きです!!(笑)

フォントもぴったり!
しかも、斜めになってるところが、
また、ニクイ(爆)

ここ最近、高所恐怖症気味ですが、
青空に梯子をかけて登って行きたい!
そんな気分になりますよ~

*もちろん上の写俳も幻想的で、
ステキです♪



投稿者:流星 投稿日時:2010年05月20日
**yamaojiさま

PC大丈夫ですか~~、今日は沢山コメントを頂き、申し訳ないような・・・

>澄みきった 青空仰げば 五月(さつき)晴れ、 by yamaoji

そうか~~、普通はサツキというのですね、私にはゴガツのほうが耳慣れていて(恥!
yamaojiさんは私よりずっと海外が長いのに、日本語をちゃんと維持されていて
こんなに澄み切った俳句も詠まれて凄いです!


**詩楽麿さま

東京は梅雨空ですか?
では、梅雨を詠んだ句をアップしましょう(メモメモ

>鳥舞いて 蒼に溶け込む 五月晴れ 【写生句】   詩楽麿
>手を伸ばし 青空掴み 戯る子ら        詩楽麿
>タンポポの 蕾抱きつ 風に揺れ 野に咲く時ぞ 来夏を語る   詩楽麿

どうして、こんなにどんどん句が湧いてきちゃうんですか~?(ビックリ!
私なんか一句ひねるのに、何日もかかりますが・・・
どれも甲乙つけがたく、素晴らしいです☆


**楽子さま

やっぱり!(ニヤリ
楽子さんは、こちらと思っていました♪
ナナメは楽子さんの影響です~~
私も青空に登ってゆきたい、、暑くなければ(笑
コメントをありがとうございま~す☆



投稿者:克ちゃん(シャンパンマン) (-o-) 投稿日時:2010年05月21日
流星さん、こんにちは~

【空へ】のお陰で
3箇月振りに作品が出来ました。
有難うございます♪ 感謝感謝~~



投稿者:yoshiyoshi 投稿日時:2010年05月21日
青空へ梯子をかけるなら五月

            地獄道行そりゃ梅雨の傘

蕺草や闇に潜めば美しく    よし

どくだみと云えば、昔しどこかで水で晒した根を一味できんぴらにしたのを喰ったが
とても美味かった記憶がある



投稿者:流星 投稿日時:2010年05月22日
**克ちゃんさま

すみませ~~ん、お返事遅くなりました!(汗
金・土はこちらの週末なので、なかなかpcの前に座れません~
三ヶ月ぶりの新作、拝見しましたよん♪
<南風に乗って国境越えてゆく  克ちゃん>
絵といい、お句といい、すっきり爽やかな克ちゃんならでは!
これを突破口に、どんどん新作を! 期待していま~~す☆


**yoshiyoshiさま

>青空へ梯子をかけるなら五月   (流星)
            地獄道行そりゃ梅雨の傘  (よし)

素晴らしい☆
まるっきり正反対の脇句を頂き、場面ががらりと変わる俳諧に。
あたかも洒脱な江戸俳諧をみるよう・・・さすがよしさんと唸っています!!

>蕺草や闇に潜めば美しく    よし

蕺草=どくだみなのですね~
愛すれど淫せず・・・よしさんのコメントがふと浮上・・・
どくだみのきんぴらなんて、体にも良さそう☆ 食べてみたいっす
[PR]
by mariko789 | 2010-05-20 11:03 | Nikon D80 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/13782183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。