always over the moon

春コート :俳句

春コート脱ぐ身ほとりに匂ふ雨   久遠 (旧:流星)
(はるこーと ぬぐみほとりに におうあめ)

季語:  春コート  【春】  生活




画像: とし坊さま より。  未公開画像を拝借しました。



☆アラブにも春雨が降るのかな? なんて野暮な突っ込みはしないでね~♪








f0053297_1527143.jpg








**********************************************************

       ありがとうございます☆(敬称略)

 

    春追うてゆく少年の半ズボン      よし
 
    春雨に 裾をたくせし 乙女らよ              詩楽麿

    春爛漫 装い競う 子連れ母 雨に小走り 入学式よ   詩楽麿





~~~~~~~~~~皆さまから頂いたコメントです~~~~~~~~~~


投稿者:sakurahime 投稿日時:2010年04月25日
 < 春コート脱ぐ身ほとりに匂ふ雨

言葉では何にも仰ってないんですが
色気のあるお句ですね♪
「逢瀬」の場面の佳人が想像されます♪
とし坊のお写真のせいも有りますが・・・♪
ひと月に一回会食するボーイフレンドがいますが
二人とも晴れ男・晴れ女で、ちっとも「相合傘」
が出来ません!(爆)
このお句の佳人には相合傘が似合いますね♪



投稿者:ムッシュの写真俳句 投稿日時:2010年04月25日
「春コート脱ぐ身ほとりに匂う雨」
よくは理解できないのですが色んなことが想像される
匂いぷんぷんの味わい深い句です。これが俳句の醍醐味
でしょうか?さすがですね!



投稿者:鎌ちゃん (-o-) 投稿日時:2010年04月25日
こんにちは。
「春コート脱ぐ身ほとりに匂ふ雨   流星」
色っぽい雨でよろしいですね。
先日、大阪の北新地で、それはそれは美しい、ママさん(?)と、
エスカレーターの中で一緒になりましたが、その色っぽさを思い出しました。
連れがいなかったら、付いていったかも知れません。
最近は、そんな色っぽさとは縁遠くなりました。

私なんかがコートを脱ぐと、加齢臭が漂うんじゃないかな?



投稿者:ぼたん 投稿日時:2010年04月25日
こんにちわ
私の想像が、大きく 大きく脹らんできます(あはは) 
雨に濡れて・・それでも逢いたい一心で飛んできた可愛い人よ~~
それから先は、野暮ですわ~~(うふふ)



投稿者:とし坊 (-o-) 投稿日時:2010年04月25日
流星さん、こんばんは!

>春コート脱ぐ身ほとりに匂ふ雨

・恋が匂いますね。
・熟女が匂いますね(笑
・柔肌が匂いますね。
・うなじもついでに匂ってみよう・・と!



投稿者:楽子 投稿日時:2010年04月25日
流星さん、こんばんは~

まぁ~
艶っぽい写俳だわ~~

春雨じゃ~濡れていこうと、
彼の方が仰ったかどうかは、
この花のみぞ知る・・・ですかね?
おほほ・・・



投稿者:漫歩 投稿日時:2010年04月25日
こんな春コートの女人を待つ果報者になりたい。
遠目で見つけたときの晴れがましい気分を想像しています。

花びらの重なりをじっと見ていたら焙り絵のように絵が浮き上がってきた。
春帽子を被ったマリちゃんに見えたけれど、いや違う、今のマリ子さんだ。



投稿者:流星 投稿日時:2010年04月26日
**sakurahimeさま

>「逢瀬」の場面の佳人が想像されます♪
 <わーお、、嬉しい限りです! とし坊さんの絵のお陰ですよ~~

月一のBFとのご会食、羨ましいでーす!
記録はいつか破られる・・この梅雨には相合傘に!
ところで、よしさん宅のコメントで拝したのですが、ご出身は高知ですか~?
私の母方も高知です~・・なんかhimeさまとは共通するものがあるような??

**ムッシュの写真俳句さま

>色んなことが想像される匂いぷんぷんの味わい深い句です
ぷんぷんしてましたか~?(笑
すっごく楽しいコメントを頂き、光栄です☆

**鎌ちゃんさま

>連れがいなかったら、付いていったかも知れません。
こらこら!(笑

>私なんかがコートを脱ぐと、加齢臭が漂うんじゃないかな?
またぁ、冗談ばっかり! 私、笑い上戸なんですよ~~(笑い止らず

**ぼたんさま

>それから先は、野暮ですわ~~(うふふ)
では、ご一緒に、それから先の話を(って  笑

**とし坊さま

ほんまにいつもお世話になって、おおきに~~~
恋、熟女、柔肌、うなじ・・・めちゃくちゃあっちこっち匂ってるようですね~~(笑
このさい、ミヤコホテルの向こうをはってみますか~~(笑

**楽子さま

とし坊親分のお陰で、またUPできました~~(笑
句はできていたものの、あう画像がなかったんですよ~~

**漫歩さま

>こんな春コートの女人を待つ果報者になりたい。
私は、こんな女人になりたいっす(涙

>花びらの重なりをじっと見ていたら焙り絵のように絵が浮き上がってきた。
>春帽子を被ったマリちゃんに見えたけれど、いや違う、今のマリ子さんだ。

殺し文句ですよ、これ!
私なんかに殺し文句下さって、どうするの?(昔の中野良子風に・・・



投稿者:臥竜 投稿日時:2010年04月26日
春コート脱ぐイメージは新鮮で心地よいですね。
花びらにめぐらす思いはひとしおです



投稿者:yoshiyoshi 投稿日時:2010年04月26日
一月の「旅の荷」が確か身ほとりやったですねぇ
きっとこの言葉が好きなんですね
少年、空、雨、風、海、・・・私にもそんな言葉たちがあります
どうも演歌臭くてイケマセンがねぇ

春追うてゆく少年の半ズボン      よし

あ、またや ! (笑)



投稿者:流星 投稿日時:2010年04月26日
**臥竜さま

>春コート脱ぐイメージは新鮮で心地よいですね。

ああ、そんなふうに仰って頂くと、嬉しいです♪
心はいつも青少年の臥竜さんですね!

**yoshiyoshiさま

>一月の「旅の荷」が確か身ほとりやったですねぇ

えーーー・・・すっごい記憶力ですねぇ(心からびっくり!
「ほとり」という言葉、大好きです☆
幻、壊れる、儚い、夢、なんて言葉も好きです・・あんがい乙女チック・・・?

>少年、空、雨、風、海、・・・私にもそんな言葉たちがあります

そこに、流星を加えてください(笑)

>春追うてゆく少年の半ズボン      よし 

純情よしさんの一句、半ズボンが好きです☆



投稿者:詩楽麿 (-o-) 投稿日時:2010年05月19日
流星 様
桜の写真は、綺麗ですね。また、春コートそして雨の匂いを織り込むとは、実感ある俳句ですね。 相変わらずの日進月歩羨ましきものなり。

春雨に 裾をたくせし 乙女らよ

春爛漫 装い競う 子連れ母 雨に小走り 入学式よ



投稿者:流星 投稿日時:2010年05月19日
**詩楽麿さま

>相変わらずの日進月歩羨ましきものなり。

それは贔屓目というものですよ~~(笑
一応努力はしていますが、進歩しているのやらどうやら・・・?

>春雨に 裾をたくせし 乙女らよ     詩楽麿

>春爛漫 装い競う 子連れ母 雨に小走り 入学式よ   詩楽麿

ああ・・・やっぱり。
詩楽麿さんは、このような写生句により個性がでるように思います
どちらも、写実的でいいですよ~~~(生意気いってすみません~
いつも投句を、ありがとうございます☆
[PR]
by mariko789 | 2010-04-25 15:24 | collaboration | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/13677427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]