always over the moon

山笑ふ   :俳句

山笑ふ 開けつぱなしの青空に    流星
 (やまわらう あけっぱなしの あおぞらに)

   季語: 山笑ふ   【春】



f0053297_11114217.jpg



  **********************************

       ありがとうございます! (敬称略)


   愛(いつく)しみ 山ふところに 抱擁(つつま)れる    yamaoji

   花見茣蓙一族郎党誰も無し             よし

帰路飛行 背に愛隠し 去る女【ひと】よ   詩楽麿

   幾千里 空離れしも 辿り着き 種の如くに 開花待つらむ   詩楽麿

 



~~~~~~~~~皆さまから頂いたコメントです~~~~~~~~~


投稿者:臥竜 投稿日時:2010年03月28日
本当に山が笑ってる。 長い白いローブを着て坂を下ってる姿はまさしく滑稽ですね。
岩屋は公民館の役目をするって聞いてたけどここはどこ?興味深いところです。



投稿者:漫歩 投稿日時:2010年03月28日
和の山は里に向かってはにかみ笑い、
アラブの山は青空に向かって豪快に笑ってますね。
豪快に笑い過ぎて大きなクシャミで岩が割れなければいいなと心配しています。

降りてゆく人たちは礼拝の帰り?



投稿者:楽子 投稿日時:2010年03月28日
流星さん、こんばんは~

開けっ放しの・・・が大らかで良いですね(^_-)-☆

UAEの方々は山の斜面を、
ロングの服を着たままでも
楽々上り下りできるのですね~

↓ウエアでなくて、書くならウアエでしたね(爆)



投稿者:yamaoji (-o-) 投稿日時:2010年03月28日
愛(いつく)しみ 山ふところに 抱擁(つつま)れる、by yamaoji
山の恩恵で、生かされていることを日々感じて暮らしています、ので 流星さんの句に、大きい愛 をみました。



投稿者:チー 投稿日時:2010年03月29日
>山笑ふ 開けつぱなしの青空に    流星

いいですね。
異国の空を拝見できて嬉しいです。



投稿者:流星 投稿日時:2010年03月29日
**臥竜さま

あのローブでは歩きにくいと思いますが、意外とひょいひょと・・。
岩屋が公民館に・・・なってたら愉快ですねぇ(すっごくフォトジェニックかも!
ザンネンながら、こちらはどんどん開発され、もう西洋と変わらなくなっています
ここは緑化パークで、山あり小川あり、プールありという、庶民のくつろぎの場所なんですよ~

**漫歩さま

そうなんです、あまりにあっけらかんとした荒削りな風景で、、
なかなか、俳句にはなりがたし。。
ここは、山々を利用したテーマパークです、
モスクも併設されていますが、山場ではなく、平地に。。
遊びに来てもお祈りを欠かさないって凄いなぁと思います

**楽子さま

>開けっ放しの・・・が大らかで良いですね(^_-)-☆

ありがとうございます。 
「雲ひとつない」、を、自分の言葉で・・・と散々悩みました~
UAE=ウアエ・・・よしさんもそう仰ってましたっけ♪

**yamaojiさま

>愛(いつく)しみ 山ふところに 抱擁(つつま)れる、by yamaoji

山の恩恵。
わかります!!
ドイプイは、特に優しく恵みの多い山ですね
こちらの山も、セメント材料なども掘り出せますし、恵みの多い山です
素晴らしい一句をありがとうございます。 

**チーさま

ありがとうございます。 
またチーさん(とお母様)の、素晴らしい作品を楽しみにしております。。



投稿者:yoshiyoshi 投稿日時:2010年03月29日
花見茣蓙一族郎党誰も無し      よし

だうも~、なんやかやとせわしくていけない
寒くて花の下でビールなんぞ飲むような気色になれません
それにしても花見でのあの焼肉だけは止して貰いたいなぁ。



投稿者:流星 投稿日時:2010年03月29日
**yoshiyoshiさま

だうも~(笑)
忙しいのは、ええこっちゃないですか~
で、健康診断の結果は・・・まだですね?
東京は花冷えですか
花見で焼肉でっか? ゴザ敷いて? 煙もうもうで?

>花見茣蓙一族郎党誰も無し      よし

一族誰もいなくても、他人同士で小皿叩いてチャンチキおけさ~♪という手もありまんがな



投稿者:詩楽麿 (-o-) 投稿日時:2010年05月27日
流星 様
かつてドイツの哲学者 ベルグソンが『笑いの哲学』と言う著作物を遺しました。『笑い』が激減している我が国では、無理矢理笑わせるお笑い系タレントが持て囃されています。それも一つの社会現象ですね。
流星様の『山笑らふ』は、『高級な比喩』とされるもの。日々精進される俳句力。ああ!末恐ろしや!

帰路飛行 背に愛隠し 去る女【ひと】よ

幾千里 空離れしも 辿り着き 種の如くに 開花待つらむ



投稿者:流星 投稿日時:2010年05月27日
**詩楽麿さま

ベルグソン・・さすが博識の詩楽麿さま、ぱっと出てきますね~~(スバラシー!
日々精進・・・かどうか、、けれどなんだか命を削っている気もします(おおげさですが・・

>帰路飛行 背に愛隠し 去る女【ひと】よ   詩楽麿

テレサ・テンを彷彿! 歌になりそうですよ~~♫

>幾千里 空離れしも 辿り着き 種の如くに 開花待つらむ   詩楽麿

「種の如くに」、、お勉強になりました☆

 
[PR]
by mariko789 | 2010-03-28 11:10 | Nikon D80 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/13675609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]