always over the moon

都鳥  :俳句

都鳥ノスタルジアの蒼に浮け   流星
(みやこどり/のすたるじあの/あおにうけ)

      季語:都鳥(みやこどり)  【冬】 動物
      ノスタルジア(nostalgia)  =郷愁


f0053297_12463950.jpg


**************************************************

ありがとうございます!(敬称略)

   
  雪深し猫のうんこの早きこと     よし

  白鳥は 悲しからずや
    空の青 海の青にも
      染まずただよう.      若山牧水(鎌ちゃんさまより)


  遊子さまより。。『アンダルシアに憧れて 真島昌利』 
http://www.youtube.com/watch?v=HLU6DC_YjsY&feature=related

 



~~~~~~皆さまから頂いたコメントです~~~~~~~~~

投稿者:鎌ちゃん (-o-) 投稿日時:2010年01月11日
お早うございます。
「都鳥ノスタルジアの蒼に浮け   流星」
この青空の向こうに故郷がある・・・・
<名にしおはば故郷如何に都鳥>といったところでしょうか。
  白鳥は 悲しからずや
  空の青 海の青にも
  染まずただよう.
         若山牧水
を想起しました。
流星さん、故郷が懐かしいでしょうね。
是非機会を見て、帰国してくださいよ。
盛大に歓迎しますよ。




投稿者:遊子 投稿日時:2010年01月11日
宇宙と海の蒼さが、特に宇宙の、素晴らしい写真。
これこそ、現地の風景を取りこんだ良い写真俳句、巧い!
影の入った文字が凝っているね。
夕べから何度見ても何もかも、衝撃的!

都鳥ノスタルジアの蒼に浮け   流星

結句の「蒼に浮け』がとっても好き!
きっぱりしていて、やや甘くなりがちな、上五と中七をぐっと引き締めている!
初め見た時から、ノスタルジアに何か引っかかる物があって、
ずっと考えていたら、やっと今朝分かった。『アンダルシアに憧れて 真島昌利』
アンダルシア(ノスタルジア)の蒼い宇宙、グラナダのうたが聞こえる・・・の雰囲気がいっぱいなんだよ。
これ、http://www.youtube.com/watch?v=KlzJLAvdBP4&feature=related ライブは情熱的でいいけれど、ちょっとバックが大きすぎるのが難
http://www.youtube.com/watch?v=HLU6DC_YjsY&feature=related はオリジナル版、歌詞がよく味わえる。
『誰か彼女に伝えてくれよ、ホームの端で待ってるはずさ、必ず行くから』・・・・ああ〜!
ああ、久しぶりの異国情緒・・・ってわたしゃ異国住まいだったんだ・・・



投稿者:ぼたん 投稿日時:2010年01月11日
おはようございます。
これは、なんとかカイト・・とか、言うものですか? 空を飛べるのでしょう??
流星さん・・・これが都鳥なら~いいえ、都鳥が流星さんのご覧になっている
空を飛んでいます。



投稿者:ムッシュの写真俳句 投稿日時:2010年01月11日
昨日私も近くの海岸の凧揚げ大会に参加して、このノスタルジック
な蒼いい空に目一杯凧を揚げてきました。それはそれは天気も良く爽快
な気分!ふと自分もこの凧になりたいなんて思っちゃいました。
「都鳥ノスタルジアの蒼に浮け」とてもシャープなカッコいい句ですね。



投稿者:yoshiyoshi 投稿日時:2010年01月11日
雪深し猫のうんこの早きこと     よし



投稿者:楽子 投稿日時:2010年01月11日
流星さん、こんにちは~

カイトボーディングですね~
私も一昨年、琵琶湖で見ました。

その時、はずかしながら本当に鳥かと思ったのですよ~
随分大きな鳥・・・と間違えて同行の方々に笑われました。
が、その後皆で写真撮りに行ったのですよ(大笑い)



投稿者:とし坊 (-o-) 投稿日時:2010年01月11日
流星さん、こんにちは!

縦位置の今日の写真は、昨日の”うなぎ”より10倍素晴らしい。気持ちがいいですね。
これ噂に高い「カイトサーフィン」でしょう。日本でもはまだ見ていませんが、
一種の海上スポーツですね。
こんな海を見ると小学生の頃、芦屋浜の水練学校へ通っていたことを思い
出します。
最終日の4キロの遠泳で潮水をたらふく飲んで、浜辺に着いたとたんにバッタンキューでした。

>都鳥ノスタルジアの蒼に浮け

この句のメインは「ノスタルジア」で「都鳥」も「蒼に浮け」もメインを引き立てるサブですね。
とし坊の見解としては「俳句はメインを隠せ」なんです。
俳句は即物性が非常に高いですからサブの揺さぶりで読者にメインを感じ取ってもらうことが大切。
これは最短詩の宿命といえますね。
「ノスタルジア」を伏せてノスタルジーを表現できれば最高です!

でも、写俳の世界ではこの句はいいと思います。
「ノスタルジアの蒼に浮け」という作者の心の叫びがじ~んと伝わってきます。



投稿者:青萄 投稿日時:2010年01月11日
流星さまこんにちは。

>都鳥ノスタルジアの蒼に浮け

’都鳥’と’ノスタルジア’、ここで誰もがジーンときてしまいますね。



投稿者:流星 投稿日時:2010年01月11日
**鎌ちゃんさま

決して、幢舟さまの影響ではありませんよ~~
この句は、あの写俳を拝見する前にできていましたので。
特に冬は日本に帰って雪景色を撮りたくなります。
あと、お友達と、あったかい鍋とか頂きたいです☆
いつの日か・・・歓迎してくださいね!

**遊子さま

遊子さん、画像を褒めてくださり、ありがとうございます!
久々に撮ったの。デジイチ買った当初は毎日100枚撮ってたのにね・・・いかん、いかん。
『アンダルシアに憧れて 真島昌利』、さっそく聴いてみました♫
あのメロディは脳内ミュージックになりやすい、今日一日
~『誰か彼女に伝えてくれよ、ホームの端で待ってるはずさ、必ず行くから』~~
句は、私的には好きなんですけど・・・とし坊さんに問題を指摘されました、
俳句は難しいです。でも・・・だからハマるのね、
心のこもったコメント、嬉しかったです☆
※、あ、「しりとり」でも、私の失敗作に繋げて下さり、ありがとうございます。 
誰も繋げてくれなかったら、どうしようと思ってました(w

**ぼたんさま

これは、人を空に飛ばすのではなくて、ただ凧みたく揚げるだけか、
もしくは水上スキーみたくするのです。
ちょっと都鳥に見えるでしょ?

**ムッシュさま

海岸の凧揚げ、いいですねえ!! 気持良かったでしょう♪
私も凧になって大空を飛びたいです
・・・あ! 高所恐怖症だった!(ww

**yoshiyoshiさま

>雪深し猫のうんこの早きこと     よし

わー! きっと今日は凄く寒い日なのでしょうね
お仕事がお忙しいのに・・・猫の足跡を本当にありがとうございます☆

**楽子さま

琵琶湖でもやっているのですね☆
これ、遠目からは本当に鳥に見えますよ~~
きっと素敵な写真が撮れたのでしょうね♪

**とし坊さま

今日の写真はOKですか~?(V
これでカイトサーフィンもできますね、ただ揚げてるだけの人も多いですが。
水練学校・・・なんかお洒落。。
4キロ遠泳ですか~~。凄いですね~~。私、プールでなら4キロでもOKですが、海はだめだめ。

>「ノスタルジア」を伏せてノスタルジーを表現できれば最高です!
それは難しい・・・・。。三年くらい考えさせて~~(涙

>でも、写俳の世界ではこの句はいいと思います。
私は、写俳をする気は全くないのです。興味があるのは、俳句。(そして写真。)
もっともっと勉強します。貴重なご意見、本当に有難うございます。(^人^)感謝っっ♪

**青萄さま

私が詠みたいのは、写俳より、独立した俳句。
写真は飾りなんです。

ビシっと一発逆転が欲しいのは、とし坊さんが仰るように、"ノスタルジア"の代わりでしょう。
青さまが、なにか物足りないものを感じたのは、そこなんですよ、きっと。
う~~ん、闘志がわいてきました(w



投稿者:句童 投稿日時:2010年01月12日
都鳥ノスタルジアの蒼に浮け   流星

青い海と空、、タイトル通り郷愁を誘いますね!
流星さんの故郷はどちらですか?



投稿者:流星 投稿日時:2010年01月12日
**句童さま

共感をありがとうございます。 
私の故郷は・・・・東京です!(笑)
[PR]
by mariko789 | 2010-01-11 12:44 | Nikon D80 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/13666593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。