always over the moon

花燈籠 :俳句

f0053297_7494812.jpg


 荒波のさらふ月夜の花燈籠    流星

  季語: 月夜、 花燈籠  【秋】


11月2日。
2009年ホアヒンのロイクラトン(燈籠流し)は、強風に祟られ、
ろくな写真も撮れず、残念でした。
けれど、満月が雲間に見え隠れする、誰もいないビーチを
一人歩いた、あの静謐の時は、忘れられません。
これは、その時にぽっと浮かんだ句です。二重季語ですみません~
[PR]
by mariko789 | 2009-11-04 07:57 | retouch/anima/paint | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/12251309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ホアヒン写真日記 (Hu.. at 2009-11-05 08:47
タイトル : 2009年 ホアヒン(タイ)のロイクラトン
(※ ロイクラトン=タイの燈籠流しの祭。罪業を燈籠にのせて流すというもの) 10月末になっても、ホアヒンの街にはいっこうにロイクラトンのお祭ムードはなく、 31日も、マーケット・ヴィレッジは「ハギ..... more