always over the moon

枯葉(かれは) :俳句




f0053297_2018883.jpg


  枯葉散る滅びるもののいとおしき    流星



◎ 季語: 枯葉 【冬】

(我家の庭にて11月3日撮。Nikon D-80)



                 ありがとうございます。(敬称略)

           落葉には 新たな魂 産む力         のんかい

           枯葉とて 地に埋れても 再芽待つ       詩楽麿

           悠久の 彼方見詰めつ 地に散りし
                    枯葉となりて 風雨に晒す     詩楽麿 


[PR]
by mariko789 | 2009-11-03 20:20 | Nikon D80 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/12248193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Nong-Khai at 2009-11-04 08:10 x
落葉には 新たな魂 産む力

落葉が無ければ次に芽吹く物は有りません。
終わりは次への第一歩です!!
Commented by 流星 at 2009-11-04 08:13 x
★のんかいさん♪

いつも貴方らしい力強いコメントをありがとうございます!

終わりは次への第一歩ですね?

この落葉たちが産み出す新たな魂に、大いに期待しましょう!!
Commented by hotate13 at 2009-11-04 09:43
長~いお休みでしたね。
魂の叫びのような怒涛のUP、流星さんの句は深い!
Commented by glass-jaw-hopper at 2009-11-04 23:12
社宅の庭にたくさんの割り箸刺して花壇の仕切りを作りました。
最初奇麗だった木の箸がどんどん雨風に晒され腐って行き滅んでいきました・・・・・
きっとそこらじゅうにあった昔の家ってこんな風に滅んで自然に戻っていったのかなぁ~なんて思いましたとさ・・・・・
Commented by mariko789 at 2009-11-05 06:10
★hotateさん♪

久々のUPでしたのに、気づいてくださり、嬉しいデス♪

こちらも急に涼しくなり、いっきに秋の句ができました。
また暑くなるまで、少し更新できそうです♪
”深い”なんて言って下さり、照れちゃうな!
Commented by mariko789 at 2009-11-05 06:12
★glass-jaw-hopper さん♪

木の家は、滅んで自然に戻れるのかも。

割り箸の仕切り、グッドアイディア!!(^_-)-☆
Commented by glass-jaw-hopper at 2009-11-05 08:47
それだけ寂しいホカ弁生活が続いたんですよ・・・
Commented by mariko789 at 2009-11-06 09:56
★glass-jaw-hopper さん♪

う、う、う・・・・
かわいそうだったのね、単身赴任生活は。。
そういえば、わが亭主も、ただ今単身赴任中。
一ヶ月で113キロから、95キロに減ったって。
痩せすぎかしら・・・?(バカイッチャッテ
Commented by glass-jaw-hopper at 2009-11-06 19:33
113キロ???格闘家か何かですか?
Commented by mariko789 at 2009-11-07 07:43
★glass-jaw-hopper さん♪

ええ、元プロレスラーで


(なわけないっしょ 笑)
Commented by glass-jaw-hopper at 2009-11-07 21:09
ええtっ!現役プロレスラーっ!















・・・・・・・・・長州?
Commented by mariko789 at 2009-11-08 08:41
★glass-jaw-hopperさん♪

いんや、英国人ですよ~~

悪役ジョー




んなわけないっちゅうに(ww
Commented by glass-jaw-hopper at 2009-11-08 11:18
あぁダイナマイトキッドですね~いいなぁ~
Commented by mariko789 at 2009-11-09 07:33
★glass-jaw-hopper さん♪

おたくのご子息もダイナマイトですか?
いや、ダイアモンドかな❤♡
Commented by 詩楽麿 at 2013-08-17 15:32 x
Mariko 様
以前の貴女の作品がふと目に止まり、そこはかとなき無常観を滲ませた作品。
思わず山頭火か一茶の作品かなと見間違う
ほどでした。この作品は、流浪の旅人ならではの作品の気骨を感じられます。

枯葉とて 地に埋れても 再芽待つ 詩楽麿

悠久の 彼方見詰めつ 地に散りし
枯葉となりて 風雨に晒す 詩楽麿
Commented by mariko789 at 2013-08-17 23:06
★ 詩楽麿さま

こんな過去記事にコメントを頂き、あまつさえ添え句まで頂き、ありがとうございます。
でも褒め殺しはNG(笑)

こちらは夏とはいえ庭は枯葉だらけでお掃除が大変です。

暑いさなか、何度もご訪問頂き、光栄です☆